4505 Movies

アナベル 死霊博物館 Annabelle Comes Home (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2013年に公開された「死霊館」の冒頭のシーン以降を描いた、アナベル・シリーズの第3作。
呪いの人形“アナベル”と霊に襲われる少女たちが体験する恐怖を描く、製作、原案ジェームズ・ワン、監督、原案、脚本ゲイリー・ドーベルマン、主演マッケナ・グレイスマディソン・アイズマンケイティ・サリフパトリック・ウィルソンヴェラ・ファーミガ他共演のオカルト・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ゲイリー・ドーベルマン

製作
ピーター・サフラン
ジェームズ・ワン
原案
ゲイリー・ドーベルマン
ジェームズ・ワン
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
撮影:マイケル・バージェス
編集:カーク・M・モッリ
音楽:ジョセフ・ビシャラ

出演
ジュディ・ウォーレン:マッケナ・グレイス
メアリー・エレン:マディソン・アイズマン
ダニエラ・リオス:ケイティ・サリフ
エド・ウォーレンパトリック・ウィルソン
ロレイン・ウォーレンヴェラ・ファーミガ
ボブ・パルメリ:マイケル・チミノ
アナベル”ビー”マリンズ:サマラ・リー
ゴードン神父:スティーヴ・コールター
パルメリ:ポール・ディーン
アンソニー・リオス:ルカ・ルーハン
リオス:アンソニー・ウィームス
フェイリー夫人:アリソン・ホワイト
カミラ:サデ・カタリナ
デビー:ケンジ・キャプラン
マイケル・モリッセイ神父/神父の霊:ゲイリ-7
花嫁:ナタリア・サフラン
ブラック・シャック:ダグラス・テイト
アナベルの悪魔/ラム:アレクサンダー・ウォード

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2019年製作 106分
公開
北米:2019年6月26日
日本:2019年9月20日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $74,152,590
世界 $231,252,590


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
超常現象研究家のエド・ウォーレンパトリック・ウィルソン)と妻ロレインヴェラ・ファーミガ)は、不気味な人形”アナベル”が暴力的な行為を行うと言う、看護師のデビー(ケンジ・キャプラン)とカミラ(サデ・カタリナ)の話を聞き、自分たちが保管することを伝えて人形を自宅に持ち帰ろうとする。

エドロレインは、帰り道の街道で事故に遭遇し、警官から迂回するように指示される。

ロレインは、事故現場を見つめている少女が気になる。

その後エドロレインは道を間違えたことに気づき、車が故障して止まってしまう。

車を降りたエドはボンネットを開けて調べ、ロレインは付近の”メアリーヴィル墓地”の門が気になる。

霊の声が聴こえ、墓地の霊も見えたロレインは、修理を終えたと言うエドが襲われたために助けようとする。

霊に道に押し倒されたエドは、通過するトラックに轢かれそうになるものの、何とかそれを回避する。

トラックを止めた運転手は、急に車が制御できなくなったと言って、エドロレインに謝罪する。

ロレインは、人形が霊を呼び寄せているとエドに伝える。

エドロレインの娘ジュディ(マッケナ・グレイス)は、両親が帰ったことに気づく。

ゴードン神父(スティーヴ・コールター)に迎えられたエドロレインは、アナベルを保管室に運び、人形を清める儀式を行う。

それだけでは足りないと考えた3人は、教会から譲り受けたガラスケースにアナベルを入れて、邪悪なものを封印する。

1年後。
エドロレインは、ジュディの子守を頼んだメアリー・エレン(マディソン・アイズマン)に彼女のことを任せて、別の事件を調査するために、2日間、家を空けることになっていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「死霊館」(2013)
・「死霊館 エンフィールド事件」(2016)

・「アナベル 死霊館の人形」(2014)
・「アナベル 死霊人形の誕生」(2017)
・「アナベル 死霊博物館」(2019)

・「死霊館のシスター」(2018)

・「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」(2019)

*(簡略ストー リー)
超常現象研究家のエド・ウォーレンと妻ロレインは、呪われた不気味な人形”アナベル”を保管庫に封印する。
1年後、2日間、家を空けることになったウォーレン夫妻は、娘のジュディの子守をメアリー・エレンに任せる。
新聞に掲載されたウォーレン夫妻に興味を持っていたダニエラは、友人のメアリー・エレンとジュディが留守番する家に向かう。
自分軍転する車の事故で父を亡くしたダニエラは、ウォーレン家で父の霊を呼び寄せようと考えていた。
保管庫の鍵を見つけて忍び込んだダニエラは、封印されたアナベルが気になり、ガラスケースを開けてしまう・・・。
__________

2013年に公開された「死霊館」の冒頭のシーン以降を描いた、アナベル・シリーズの第3作。

ジェームズ・ワンが製作と原案を、前2作「アナベル 死霊館の人形」(2014)と「アナベル 死霊人形の誕生」(2017)の脚本、「死霊館のシスター」(2018)、「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」(2019)では製作総指揮と脚本を担当したゲイリー・ドーベルマンの初監督作品。

本作は、超常現象研究家のエド・ウォーレンと妻ロレインが冒頭とクライマックスだけ登場し、その間、留守番をする夫妻の娘ジュディと、彼女の子守を頼まれた少女と友人が、封印を解いてしまった人形アナベルの呪いと霊に襲われる恐怖体験が描かれている。

単なる遊び感覚で禁断の保管庫に忍び込んだと思われた少女が、実は事故で父親を亡くし、それを自分のせいだと思い込みながら、父の霊と接触しようとするという内容がなかなか興味深い。

少女たちに霊が襲いかかるということで、他の作品に比べるとやや恐怖度は抑え気味という感じはあるが、ファンには満足できる作品に仕上がっている。

北米興行収入は約7400万ドル、全世界では約2億3100万ドルのヒットとなった。

両親と同じく霊を感じられる少女であり、子守と共に健気に恐怖に立ち向かうマッケナ・グレイス、彼女の子守を任されるマディソン・アイズマン、その友人で、亡くなった父親の霊と接触しようとするケイティ・サリフ、呪いの人形”アナベル”を封印して家を留守にするウォーレン夫妻、パトリック・ウィルソンヴェラ・ファーミガ、メアリー・エレン(マディソン・アイズマン)に惹かれるクラスメイトのマイケル・チミノ、その父親ポール・ディーン、霊として現れる少女アナベル”ビー”のサマラ・リー、アナベルを清めて封印する神父のスティーヴ・コールター、ダニエラ(ケイティ・サリフ)の父親アンソニー・ウィームス、その息子ルカ・ルーハンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021