4505 Movies

エジソンズ・ゲーム The Current War (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

天才発明家トーマス・エジソンと実業家ジョージ・ウェスティングハウスの”電流戦争”を描く、製作総指揮マーティン・スコセッシ、監督アルフォンソ・ゴメス=レホン、製作総指揮、主演ベネディクト・カンバーバッチマイケル・シャノンニコラス・ホルトキャサリン・ウォーターストントム・ホランド他共演の伝記ドラマ。


ドラマ

ベネディクト・カンバーバッチ / Benedict Cumberbatch 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン

製作
ティムール・ベクマンベトフ
ベイジル・イヴァニク
製作総指揮
マーティン・スコセッシ
スティーヴン・ザイリアン
ギャレット・バッシュ
マイケル・ミトニック
アン・ロアク
ミシェル・ウォルコフ
ベネディクト・カンバーバッチ
アダム・アクランド
アダム・シドマン
脚本:マイケル・ミトニック
撮影:チョン・ジョンフン
編集
デヴィッド・トラクテンバーグ
ジャスティン・クローン
音楽
フォルカー・ベルテルマン
ダスティン・オハローラン

出演
トーマス・エジソンベネディクト・カンバーバッチ
ジョージ・ウェスティングハウスマイケル・シャノン
ニコラ・テスラニコラス・ホルト
マーガリート・アースキン・ウェスティングハウス:キャサリン・ウォーターストン
サミュエル・インサルトム・ホランド
ルイス・ラティマーサイモン・マニョンダ
フランクリン・ポープスタンリー・タウンゼント
メアリー・スティルウェル・エジソン:タペンス・ミドルトン
J.P.モルガンマシュー・マクファディン
ウィリアム・ケムラーコナー・マクニール
バーク・コックランダミアン・モロニー
ルドルフ・ヤング:ジョン・シュワブ
トーマス・エジソンJr./ダッシュ:ルイ・アッシュボーン・サーキス
チェスター・A・アーサーコーリィ・ジョンソン

アメリカ 映画
配給
101 Studios(北米)
Lantern Entertainment(世界)
2017年製作 107分
公開
北米:2019年10月25日
日本:2020年6月19日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $5,979,500
世界 $12,217,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1880年、ニュージャージー州、メンロー・パーク
天才発明家のトーマス・エジソンベネディクト・カンバーバッチ)は、開発した”白熱電球”を公表する。

ペンシルベニア州、ピッツバーグ
空気ブレーキ”の発明で知られる実業家ジョージ・ウェスティングハウスマイケル・シャノン)は、エジソンの電球の開発は10年後だと考えていた。

エジソンに会う手配をしたウェスティングハウスは、妻マーガリート(キャサリン・ウォーターストン)に、エジソンが夜を葬るらしいと伝える。

ワシントンD.C.ホワイトハウス
妻メアリー(タペンス・ミドルトン)と子供たちと共に到着したエジソンは、その場で待つJ.P.モルガンマシュー・マクファディン)に挨拶する。

モルガンは、自分の援助を期待しているエジソンに付き添う青年が、秘書のサミュエル・インサルトム・ホランド)だということを知る。

チェスター・A・アーサー大統領(コーリィ・ジョンソン)に”蓄音機”を試してもらったエジソンは、その後、マンハッタンの1.6キロ四方を照らす電球の話をして、ガスより安く安全な”直流”の電流を使うことを伝える。

モルガンに50万ドルの出資を求めるエジソンは、15万ドルの提示に納得できず、その場を去る。

インサルから、武器弾薬を作れば500万ドルを受け取れると言われたエジソンは、人殺しに自分の名を使う気はないと彼に伝える。

エジソンを迎えに行くウェスティングハウスは、マーガリートと共に駅に向かい、ホームにいたエンジニアのフランクリン・ポープスタンリー・タウンゼント)に声をかける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
白熱電球”を開発した天才発明家のトーマス・エジソンは、”空気ブレーキ”を発明した実業家ウェスティングハウスと会うことを拒む。
ウェスティングハウスは競うことを目的とせずに、エジソンと手を組み、送電システム開発のために協力的な関係を築こうと考えていた。
会い方なく独自に開発しようとしたウェスティングハウスは、エジソンが進める”直流”に対し、設備費などコストを大幅に節約できる”交流”で対抗しようとするのだが・・・。
__________

天才発明家トーマス・エジソンと実業家ジョージ・ウェスティングハウスの”電流戦争”を描く伝記ドラマ。

カジノ」(1995)、「バベル」(2006)、「ジュリー&ジュリア」(2009)などの第二班監督、テレビ界、コマーシャルなどで活躍していたアルフォンソ・ゴメス=レホンの監督作品で、製作総指揮にはマーティン・スコセッシと主演のベネディクト・カンバーバッチも参加している。

有名な”電流戦争”をテーマにした、事実に基づいた伝記映画であり、豪華スター競演が注目の作品であり、刺激的な内容には仕上がっている。

製作者のハーヴェイ・ワインスタインが演出に口を出し、大幅な編集を加えた修正版は酷評された。
その後、ワインスタインはセクハラ告発事件によりクレジットから削除された。
それにより作品にタッチできなくなった監督のアルフォンソ・ゴメス=レホンは、恩師である製作総指揮のマーティン・スコセッシの協力でディレクターズ・カットを発表し、その評価も平凡ではあるものの、修正版よりは評価された。

各キャラクター自体は興味深く描かれているものの、個性派スターの演技に物語がついていけない雰囲気があり、一流の演技者が集結しても出来が悪い典型のような作品に終わったのは残念だ。

様々なトラブルも影響し、北米興行収入は約600万ドル、全世界では約1200万ドルという結果しか残せず、高額とも言えない製作費の3000万ドルも回収できなかった。

世界史に残る天才発明家である反面、癖のある人物だったトーマス・エジソンを熱演するベネディクト・カンバーバッチ、彼とはライバル関係になるが、競う相手とは考えずに協力関係を築こうとする実業家ジョージ・ウェスティングハウスマイケル・シャノンエジソンとの確執の末にウェスティングハウスと手を組むニコラ・テスラニコラス・ホルト、夫を支える意志の強いウェスティングハウスの妻マーガリート・アースキン・ウェスティングハウスのキャサリン・ウォーターストンエジソンの忠実な秘書サミュエル・インサルトム・ホランドエジソンに雇われる発明家ルイス・ラティマーサイモン・マニョンダ、親友ウェスティングハウスと共に開発を進めるフランクリン・ポープスタンリー・タウンゼントエジソンの妻メアリー・スティルウェル・エジソンのタペンス・ミドルトンエジソンの出資者J.P.モルガンマシュー・マクファディン、初めて電気椅子処刑される殺人犯ウィリアム・ケムラーコナー・マクニールウェスティングハウスに雇われる法律家バーク・コックランダミアン・モロニーエジソンの息子トーマス・エジソンJr./ダッシュのルイ・アッシュボーン・サーキスチェスター・A・アーサー大統領のコーリィ・ジョンソン、他ジョン・シュワブなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021