4505 Movies

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ The Little Shop of Horrors (1960)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

人喰い植物に翻弄される花屋の店員らが巻き起こす騒動を描く、製作、監督ロジャー・コーマン、主演ジョナサン・ヘイズジャッキー・ジョセフメル・ウェルズディック・ミラージャック・ニコルソン他共演のホラー・コメディ。


コメディ

ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson 作品一覧
ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロジャー・コーマン
製作:ロジャー・コーマン
脚本:チャールズ・B・グリフィス
撮影
アーチー・ダルゼル
ヴィリス・ラペニークス
編集:マーシャル・ネイランJr.
音楽
フレッド・カッツ
ロナルド・ステイン

出演
シーモア・クレルボーン:ジョナサン・ヘイズ
オードリー・フルクアード:ジャッキー・ジョセフ
グラヴィス・マシュニク:メル・ウェルズ
バーソン・ファウチ:ディック・ミラー
ウィニフレッド・クレルボーン:マートル・ヴェイル
シャーリー・プランプ:サンドラ・デ・ベア(タミー・ウィンザー)
バーバラ・フリッドル:トビー・マイケルズ
シディ・シヴァ:レオラ・ヴェンドルフ
ホーテンス・フォイクトワンガー:リン・ストーリ
ジョー・フィンク巡査部長/ナレーター:ウォーリー・カンポ
フランク・スツール巡査:ジャック・ウォーフォード
レオノーラ・クライド:メリ・ウェルス
フィーバス・ファーブ医師:ジョン・ハーマン・シェイナー
ウィルバー・フォース:ジャック・ニコルソン
ウェイトレス:ドディ・ドレイク
オードリーJr.の声/悲鳴を上げる患者/クロイ・ハドック:チャールズ・B・グリフィス
アゴニー・ラッシュ:ジャック・グリフィン
トランプ:ロバート・クーガン

アメリカ 映画
配給 アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ
1960年製作 72分
公開
北米:1960年8月5日
日本:未公開
製作費 $27,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルススキッド・ロウ
生花店を営むグラヴィス・マシュニク(メル・ウェルズ)は、優しく愛想のいいオードリー・フルクアード(ジャッキー・ジョセフ)と不器用で頼りないシーモア・クレルボーン(ジョナサン・ヘイズ)を雇っていた。

接客するマシュニクは、アーカンソーの甥が亡くなったと言う得意客のシディ・シヴァ(レオラ・ヴェンドルフ)の対応をしながら、間抜けなシーモアの歌声が気になる。

販売が落ちているマシュニクは、苛立ちながら歯科医フィーバス・ファーブ(ジョン・ハーマン・シェイナー)からの電話を受けて、注文の花を配達しようとする。

サディスティックはファーブは、治療を受ける患者の悲鳴を聞いて喜ぶ。

シーモアを呼んだマシュニクは、ファーブ医師から注文を受けた花を届けるよう指示する。

そこにバーソン・ファウチ(ディック・ミラー)という男性が現れ、マシュニクにカーネーション1ダースを注文する。

花を渡そうとしたマシュニクは、ファウチから、それを食べると言われたために驚く。

ファウチは、マシュニクから渡されたカーネーションの味に満足する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルススキッド・ロウ
生花店を経営するマシュニクは、優しく愛想のいいオードリーと不器用で頼りないシーモアを雇っていた。
失敗ばかりするシーモアはクビになってしまうが、珍種の植物で客を集められると考えてマシュニクを説得する。
マシュニクにチャンスを与えてもらったシーモアは、しおれている植物に”オードリーJr.”という名前を付けて、それを何とか元気にしようとする。
その後シーモアは、食べ物を求めるオードリーJr.が血を欲しがることを知り、エサを探すために町に向かうのだが・・・・
__________

低予算映画にこだわり続けていたロジャー・コーマンが、わずか27000ドルの製作費、たった2日の撮影で完成させて作品。

人喰い植物に翻弄される花屋の店員らが巻き起こす騒動を描くホラー・コメディ。

様々な役柄で登場する愛すべきキャラクターの描写や、ナンセンス・ギャグの連続は実に愉快で、”天才”ロジャー・コーマンによる、見事なユーモアのハーモニーは観客を画面にくぎ付けにする。

1982年にオフ・ブロードウェイミュージカル化され、1968年にその映画化「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(1986)が公開された。

見どころ満載の作品の中で、デビュー間もないジャック・ニコルソンの出演シーンが印象に残る。
出番は少ないものの、歯科医での”苦痛”を好むマゾ患者を演ずる、彼の”異常”な演技は注目だ。

気弱で不器用な花屋の店員を愉快に演ずるジョナサン・ヘイズ、そんな彼に優しく接て惹かれる店員のジャッキー・ジョセフ、2人を雇う店主で、トラブル続きで混乱するにメル・ウェルズロジャー・コーマン作品の常連で、花屋が気に入り毎日、来店するディック・ミラー、主人公の母親マートル・ヴェイル、花屋に来店する高校生サンドラ・デ・ベア(タミー・ウィンザー)とトビー・マイケルズ、葬儀の花ばかり買いに来る老婦人レオラ・ヴェンドルフ、主人公を表彰する花鑑賞会の代表リン・ストーリ、失踪事件を捜査する刑事とナレーターのウォーリーカンポ、その同僚ジャック・ウォーフォード、主人公に迫る娼婦メリ・ウェルス、サディスティックな歯科医師ジョン・ハーマン・シェイナー、レストランのウエイトレス役ドディ・ドレイク、オードリーJr.の声/悲鳴を上げる患者/強盗のチャールズ・B・グリフィス、酔っ払いの鉄道整備士ジャック・グリフィン、浮浪者のロバート・クーガンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021