4505 Movies

シルヴィ -恋のメロディ- Sylvie’s Love (2020)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ニューヨークで出会った男女の恋の行方を描く、製作、監督、脚本ユージン・アッシュ、主演テッサ・トンプソンンナムディ・アサマアアヤ・ナオミ・キングライアン・ミシェル・ベイズ他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ユージン・アッシュ
製作
ユージン・アッシュ
ンナムディ・アサマア
ジョナサン・T・ベイカー
ガブリエル・グロレ
マシュー・サーム
製作総指揮
エメット・デニス
マット・ラチャムキン
脚本:ユージン・アッシュ
撮影:デクラン・クイン
編集:デイナ・コンドン
音楽:ファブリス・ルコント

出演
シルヴィ・パーカー:テッサ・トンプソン
ロバート・ハロウェイ:ンナムディ・アサマア
モナ:アヤ・ナオミ・キング
ケイト・スペンサー:ライアン・ミシェル・ベイズ
チコ・スウィートニー:レゲ=ジャン・ペイジ
カルメン:エヴァ・ロンゴリア
シド・ショアー:ジョン・マガロ
チェイス・ニッカーソン:エド・ウィークス
ハーバート”ミスター・ジェイ”ジョンソン:ランス・レディック
ジュヌヴィエーヴ”ジーニー:ジェマイマ・カーク
ミッキー:MC・ライト
レイシー・パーカー:アラーノ・ミラー
ユーニス・ジョンソン:エリカ・ギンペル
ディッキー・ブリュースター:トーン・ベル
ルーシー・ウォルパー:ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ
タンク:ロン・ファンチズ
コニー:ラクエル・ホースフォード

アメリカ 映画
配給 アマゾン・スタジオ
2020年製作 114分
公開
北米:2020年12月23日
日本:2020年12月23日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1962年、ニューヨークタウンホール
ナンシー・ウィルソン”のコンサートの開演を前に、シルヴィ・パーカー(テッサ・トンプソン)は、ロビーでいとこのモナ(アヤ・ナオミ・キング)を待っていた。

スタジオでのレコーディングを終えたロバート・ハロウェイ(ンナムディ・アサマア)は、歩道でシルヴィに再会する。

5年前。
ジャズバンド”カルテット”のメンバーであるロバートは、リーダーのディッキー・ブリュースター(トーン・ベル)やチコ・スウィートニー(レゲ=ジャン・ペイジ)らと共に、ディッキーの妻カルメン(エヴァ・ロンゴリア)が用意してくれた朝食をとる。

”ミスター・ジェイ”のレコード店。
シルヴィは、父ハーバート”ミスター・ジェイ”ジョンソン(ランス・レディック)と共に店番をする。

街に出たロバートはレコード店を見つけて、店内にいたシルヴィに惹かれてしまう。

従業員求むという看板を見たロバートは、テレビで”アイ・ラブ・ルーシー”を見ているシルヴィにその件を尋ねるが、募集していないと言われる。

婚約者のレイシー・パーカー(アラーノ・ミラー)がいると言うシルヴィは、マナー教室を経営している母ユーニス(エリカ・ギンペル)が、店のイメージアップのために従業員を募集していただけだとロバートに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1957年、ニューヨーク
父ハーバートが経営するレコード店を手伝うシルヴィ・ジョンソンは、ジャズ・バンドのメンバーでサックス奏者のロバートと出会う。
昼間はハーバートの店で働くことになったロバートは、婚約者がいるシルヴィに惹かれてしまう。
親交を深めたシルヴィとロバートは自然に愛し合うようになるが、身分違いを気にする彼女の母親ユーニスにそれを知られてしまう。
その後、シルヴィが妊娠したことを知らないまま、ロバートはバンドと共にパリに旅立つのだが・・・。
__________

ミュージシャンでもあるユージン・アッシュが、製作と脚本を兼ねた監督作品。

ニューヨークで出会った、テレビ局のプロデューサーを目指す女性とミュージシャンの青年の恋の行方を描く恋愛ドラマ。

1950年代末から1960年代のニューヨークを見事に再現したセットや衣裳の他、ハリウッド黄金期の古き良き恋愛映画を想い起させる演出なども注目であり、本作は批評家から絶賛された。

上記のように、ミュージシャンであるユージン・アッシュが各シーンを盛り上げるために挿入した、雰囲気ある音楽も素晴らしい。

主演のテッサ・トンプソンは、婚約者がいる身でありながら、夢を追う青年に恋する揺れ動く女心を見事に演じている。

主人公と惹かれ合い、苦労しながらミュージシャンとしての成功を夢見るンナムディ・アサマア、主人公のいとこアヤ・ナオミ・キング、主人公の上司である番組プロデューサーのライアン・ミシェル・ベイズ、ロバート(ンナムディ・アサマア)のバンドのメンバー役レゲ=ジャン・ペイジ、バンド・リーダーのトーン・ベル、その妻で歌手のエヴァ・ロンゴリア、音楽プロデューサーのジョン・マガロ、主人公の父親ランス・レディック、その妻エリカ・ギンペル、主人公の夫アラーノ・ミラー、ロバートのバンドのマネージャー役ジェマイマ・カーク、主人公の料理番組の出演者ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、ロバートの旧友ロン・ファンチズ、ロバートと付き合うラクエル・ホースフォード、他MC・ライトなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021