4236 Movies

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ Little Shop of Horrors (1986)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ロジャー・コーマンによる1960年の同名映画が、その後1982年にオフ・ブロードウェイミュージカル化され、本作はその映画化。
監督フランク・オズリック・モラニスエレン・グリーンヴィンセント・ガーディニアスティーヴ・マーティンビル・マーレイ共演のミュージカル。


ミュージカル

スティーヴ・マーティン / Steve Martin / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランク・オズ

製作:デヴィッド・ゲフィン
脚本:ハワード・アッシュマン
撮影:ロバート・ペインター
編集:ジョン・ジンプソン
音楽
マイルズ・グッドマン

アラン・メンケン
ハワード・アッシュマン

出演
シーモア・クレルボーン:リック・モラニス

オードリーフルクアード:エレン・グリーン
グラヴィス・ムシュニク:ヴィンセント・ガーディニア
オリン・スクリヴェロ:スティーヴ・マーティン
オードリーⅡ:レヴィ・スタッブス
アーサー・デントン:ビル・マーレイ
パトリック・マーティン:ジェームズ・ベルーシ
ウィンク・ウィルキンソン:ジョン・キャンディ
最初の客:クリストファー・ゲスト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1986年製作 93分
公開
北米:1986年12月19日
日本:1987年4月25日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $34,656,700


アカデミー賞 ■
第59回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
スキッド・ロウの花屋。
冴えない店員シーモア・クレルボーン(リック・モラニス)は、子供の頃、花屋の主人のグラヴィス・ムシュニク(ヴィンセント・ガーディニア)に拾われ、それ以来、扱使われていた。

シーモアが心を寄せる、同僚オードリー(エレン・グリーン)は、恋人の歯科医オリン・スクリヴェロ(スティーヴ・マーティン)の暴力にひたすら耐えていた。

いつまで待っても客が来ない店を、ムシュニックは見限り廃業しようとする。

しかし、シーモアが地下から持ってきた、不思議な鉢植え”オードリーⅡ”を人目につくところに出すと、いきなり最初の客(クリストファー・ゲスト)が現れる。

”オードリーⅡ”は、シーモアが、皆既日食の日に見つけた植物だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ロジャー・コーマンによる1960年の同名映画が、その後1982年にオフ・ブロードウェイミュージカル化され、本作はその映画化。

1960年版には、23歳のジャック・ニコルソンも出演している。

*(簡略ストー リー)
スキッド・ロウの花屋の、冴えない店員シーモア・クレルボーンは、子供の頃、主人のムシュニクに拾われ、それ以来、扱使われていた。
シーモアが心を寄せる、同僚のオードリーは、恋人の歯科医スクリヴェロの暴力に、ひたすら耐えていた。
ムシュニックは、全く客が来ない店を見限り廃業しようとするが、シーモアが、皆既日食の日に見つけた不思議な鉢植え”オードリーⅡ”を店頭に出すと、いきなり客が現れる。
その後も、”オードリーⅡ”を見かけた客が次々と現れ、店は大繁盛するものの、鉢植えのつぼみがしぼんでしまう。
ムシュニックは、シーモアに鉢植えの世話をするよう命ずる。
困ったシーモアは、”オードリーⅡ”が人の血を飲んで成長をすることを知る。
そのため、シーモアは自分の血を与えるのだが、成長を続ける”オードリーⅡ”の食欲は、次第にエスカレートしていく・・・。
__________

スター・ウォーズ」(1977)シリーズのヨーダの声やパペット操作、または俳優としても数々の映画出演もこなす、フランク・オズの監督作品。

第59回アカデミー賞では、歌曲、視覚効果賞にノミネートされた。

ミュージカルとしての楽しさに加え、アカデミー視覚効果賞にノミネートされた、”オードリーⅡ”他の出来も見事で、製作費3000万ドルをかけてあるだけあり、半端な作りでなく見応えもある。

ちなみに、1960年度版は製作費わずか3万ドル。

本作をきっかけに、ディズニー長編アニメの音楽担当に抜擢された、アラン・メンケンハワード・アッシュマンの楽曲も素晴らしい。
この後二人は、「リトル・マーメイド」(1989)から始まる、ヒット作を次々と手がけることになる。

主演のリック・モラニスエレン・グリーンの、掃き溜めのようなスキッド・ロウから逃れようと健気に願い夢見る、少々”ナンセンス”な二人が実にいい。

特に、オフ・ブロードウェイのオリジナルキャストのエレン・グリーンが、ごく普通の生活を夢見て、こんな家庭を作りたいと想い描く、アメリカの豊かさを象徴するようなシーンは素晴らしい。

意地の悪い店主、大ベテランのヴィンセント・ガーディニア、暴力歯科医の怪演が光るスティーヴ・マーティン、その患者ビル・マーレイ、”世界植物興業”を名乗る意味不明な男ジェームズ・ベルーシ、DJのジョン・キャンディ、最初の客のクリストファー・ゲストなど、豪華な共演者達も注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020