4237 Movies

ザ・ロック The Rock (1996)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

戦死した兵士に敬意を払わない政府、軍に対する准将とその部下の反乱に対抗する、FBIと彼らに協力を求められれた元諜報部員の活躍を描く、ハリウッドのヒットメイカー、ジェリー・ブラッカイマーマイケル・ベイによる、ショーン・コネリーニコラス・ケイジエド・ハリス共演のアクション超大作。


アクション/アドベンチャー

ショーン・コネリー / Sean Connery 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・ベイ

製作総指揮
ウィリアム・スチュアート

ショーン・コネリー
ルイス・A・ストローラー
製作
ドン・シンプソン

ジェリー・ブラッカイマー
脚本
デヴィッド・ウェイスバーグ

ダグラス・S・クック
マーク・ロスナー
クエンティン・タランティーノ
撮影:ジョン・シュワルツマン
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽
ニック・グレニー=スミス

ハンス・ジマー
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ジョン・パトリック・メイスン:ショーン・コネリー

スタンリー・グッドスピード:ニコラス・ケイジ
フランシス・X・ハメル准将:エド・ハリス
ジェームズ・ウォマックFBI長官:ジョン・スペンサー
アーネスト・パクストンFBI局長:ウィリアム・フォーサイス
トム・バクスター少佐:デヴィッド・モース
アンダーソン中佐:マイケル・ビーン
カーラ・パスタロツィ:ヴァネッサ・マーシル
ヘンドリックス大尉:ジョン・C・マギンリー
フライ大尉:グレゴリー・スポールダー
ダロウ大尉:トニー・トッド
F-18パイロット:ジェームズ・カヴィーゼル
連邦最高裁長官:フィリップ・ベイカー・ホール
ジェイド・アンジェルー:クレア・フォーラニ
ロナー:ザンダー・バークレー

アメリカ 映画
配給 ハリウッド・ピクチャーズ

1996年製作 136分
公開
北米:1996年6月7日
日本:1996年9月14日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $134,006,720
世界 $325,000,000


アカデミー賞 ■
第69回アカデミー賞

・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アメリカ海兵隊フォース・リーコン(武装偵察部隊)の伝説的英雄フランシス・X・ハメル准将(エド・ハリス)は、非合法作戦遂行時に見殺しにされた、兵士達への、政府の不当な扱いに対して反乱を起こす。

そしてハメルは、部下達と共に軍兵器庫からVXガスミサイル弾を奪う。

ワシントンD.C.
FBIの化学兵器研究所の研究員スタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)は、同棲中のカーラ・パスタロツィ(ヴァネッサ・マーシル)から妊娠したことを知らされる。

化学兵器を、宅配便で送ってくるような世の中に、生まれてくる子供は不幸だと言ってしまったグッドスピードは動揺してしまう。

その頃、ハメルは、部下のトム・バクスター少佐(デヴィッド・モース)らを率い、観光客81人を人質に、”ザ・ロック”と呼ばれる、かつての刑務所アルカトラズ島を占拠する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アメリカ海兵隊の英雄ハメル准将は、見殺しにされた兵士達への、政府の不当な扱いに対し反乱を起こす。
ハメルは、同志の部下を率いVXガスミサイル弾を奪い、観光客81人を人質にして、”ザ・ロック”(アルカトラズ島)を占拠する。
それを知らされた政府及びFBIは、かつてアルカトラズから脱獄したことのある、イギリスの元MI6諜報員ジョン・パトリック・メイスンと、FBIの化学兵器のスペシャリスト、スタンリー・グッドスピードを、特殊部隊SEALsと共にアルカトラズ向わせようとするのだが・・・。
__________

地位のある者や軍人が、私利私欲で脅しをかけるという、ありがちなストーリーではなく、戦死した兵士や遺族のために、国家に対し反乱を起こす、戦いの英雄である、一指揮官の権力との闘いを描いた内容は実に興味深い。

さらに、舞台をアルカトラズに設定し、謎の男である元イギリス諜報員や先端兵器のスペシャリストなどが絡み、ラストではケネディ大統領暗殺の秘密にまで迫るというストーリーの面白さと、マイケル・ベイの、派手さだけでない、切れのいい軽快な演出も見応え十分。

北米興行収入は約1億3400万ドル、全世界では約3億2500万ドルの大ヒットとなった。

第69回アカデミー賞では、録音賞にノミネートされた。

ハメル(E・ハリス)の信念を思わせるような、力強いハンス・ジマーらのテーマ曲も素晴しい。

かつては、”007”シリーズのイメージを嫌った主演のショーン・コネリーだが、本作では、年齢や時代設定が、その”007”で活躍した時期とだぶり、元諜報部員という設定が見事に作品キャラクターにマッチし、正に彼のための作品と言える快作に仕上がっている。

切れ者だが、どこか飄々としてユーモラスなところと、渋さも増した彼の存在感は圧倒的だ。

この年の「リービング・ラスベガス」(1996)で、遂にアカデミー主演賞を受賞することになり、続く「コン・エアー」(1997)、「フェイス・オフ」(1997)と大ヒットを連発し、一気にハリウッドのトップスターになったニコラス・ケイジも、冒頭はやや頼りないFBIの研究員だが、人間味や正義感も兼ね備えた役柄を熱演し、ベテランのショーン・コネリーとの息もぴったり合っている。

もう一人の主役と言っていい、エド・ハリスが実にいい。

海兵隊の伝説的英雄で、妻に先立たれたこと以外、私生活は部屋の様子さえはっきりと映し出さないなど、一軍人としての描写に徹しているところも注目だ。

主人公メイソンとは”因縁の対決”となる、FBI長官ジョン・スペンサー、悪役ではない役もなかなかいいウィリアム・フォーサイス、ハメル(E・ハリス)の忠実な部下で、その長身が画面で栄えるデヴィッド・モースSEALsを指揮するが、意外に呆気なく命を落とすのが残念なマイケル・ビーン、連邦最高裁長官フィリップ・ベイカー・ホール、グッドスピード(N・ケイジ)の恋人ヴァネッサ・マーシル、ハメルの部下役ジョン・C・マギンリーグレゴリー・スポールダートニー・トッド、メイソン(S・コネリー)の娘クレア・フォーラニF-18パイロットでジェームズ・カヴィーゼルFBI研究員ザンダー・バークレーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020