4236 Movies

リービング・ラスベガス Leaving Las Vegas (1995)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1990年に発表された、ジョン・オブライエンの自伝的小説”Leaving Las Vegas”を基に製作された作品。
アルコール依存症のため解雇された脚本家と彼との出会いで安らぎを感じる娼婦との関係を描く、監督、脚本、音楽マイク・フィギス、主演のニコラス・ケイジが見事にアカデミー主演賞を受賞した、エリザベス・シュージュリアン・サンズ他共演のロマンス。


ドラマ(ロマンス)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マイク・フィギス
製作
リラ・カゼス
アニー・スチュワート
製作総指揮
ペイジ・シンプソン
スチュアート・リージェン
原作:ジョン・オブライエンLeaving Las Vegas
脚本:マイク・フィギス

撮影:デクラン・クイン
編集:ジョン・スミス
音楽:マイク・フィギス

出演
ベン・サンダーソン:ニコラス・ケイジ

セーラ:エリザベス・シュー
ユーリ・バッツォ:ジュリアン・サンズ
ピーター:リチャード・ルイス
マーク・ナスバウム:スティーヴン・ウェバー
テリー:ヴァレリア・ゴリノ
デビー:エミリー・プロクター
バンホーテン:ローリー・メトカーフ
ミッキー:デヴィッド・ブリスビン
バーの娼婦:マリシュカ・ハージティ
銀行出納係:キャリー・ローウェル
バーの男性:R・リー・アーメイ
バーテンダー:ダニー・ヒューストン
バーテンダー:ジュリアン・レノン
モールの男性:ボブ・ラフェルソン
タクシー運転手:ザンダー・バークレー
タクシー運転手:ルー・ロウルズ
ギャング:エド・ローター

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1995年製作 112分
公開
北米:1995年10月27日
日本:1996年9月14日
製作費 $3,600,000
北米興行収入 $32,029,930


アカデミー賞 ■
第68回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(ニコラス・ケイジ)
・ノミネート
監督
主演女優(エリザベス・シュー)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ハリウッド
脚本家のベン・サンダーソン(ニコラス・ケイジ)は、アルコール依存症のために生活が乱れ、周囲から敬遠されていた。

映画関係者ピーター(リチャード・ルイス)の食事の席に現れたベンは、同席していたマーク・ナスバウム(スティーヴン・ウェバー)や女性達を紹介される。

ベンに金が必要であると言われたピーターは、手持ちの現金を渡して彼との関係を絶つ。

バーに向かったベンは、その場にいた女性テリー(ヴァレリア・ゴリノ)を誘うものの断られる。

酒をボトルでがぶ飲みしながら車を運転しストリップ・バーに向かったベンは、その後、娼婦に声を掛けられ、目覚めると家の床に倒れていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ハリウッドの脚本家であるベン・サンダーソンは、アルコール依存症のため解雇されラスベガスに向かう。
ロシア人のヒモであるユーリの指示で動く娼婦セーラと出会ったベンは、彼女のアパートで暮らし始める。
自分との生活に安らぎを感じるとセーラに言われたベンだったが、酒を断つことができない苦悩と不安の日々が続く・・・
__________

自らもアルコール依存症だったジョン・オブライエンは、原作の映画化決定後に拳銃自殺し、彼の死から5か月後に撮影が始まった。

世の中のから排除される苦しみの中で生きる男女の切ないラブ・ストーリーは、退廃的な雰囲気とスタイリッシュな映像を生かしたマイク・フィギスの演出で観る者の心に訴える。

その物語全体のイメージを見事に表現する、スティングの”Angel Eyes”が印象的だ。

第68回アカデミー賞では、主演男優賞(ニコラス・ケイジ)を受賞した。
・ノミネート
監督
主演女優(エリザベス・シュー)
脚色賞

超大物芸能一族として、その名に頼らず実力でスターとなっていたニコラス・ケイジは30歳で本作の撮影に臨み、キャリアはあったものの早くもオスカーを受賞し、その後の数年でハリウッドの頂点を極めることになる。

余りに哀れなニコラス・ケイジの役柄なのだが、このような役ができるのが本来の彼の実力であり、アクション派としても成功する魅力の原点はここにあるとも言える。

同じくオスカーにノミネートされたエリザベス・シューは、ニコラス・ケイジを上回るほどの好演を見せる。
純情派から変身などとオーバーに宣伝されたが、10年以上のキャリアがある彼女はニコラス・ケイジより年上であり、このくらいの役を難なくこなせる人材が集まるアメリカ映画界の厳しさを認識するべきだ。

ヒロインのヒモであるロシアジュリアン・サンズ、映画関係者リチャード・ルイススティーヴン・ウェバー、バーの客ヴァレリア・ゴリノ、ヒロインの客エミリー・プロクター、ヒロインのアパートの大家ローリー・メトカーフデヴィッド・ブリスビン、バーの娼婦マリシュカ・ハージティ、銀行出納係キャリー・ローウェル、バーの男性R・リー・アーメイ、バーテンダーのダニー・ヒューストンジュリアン・レノン、モールの男性ボブ・ラフェルソン、タクシー運転手ザンダー・バークレールー・ロウルズ、ギャングのエド・ローターなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020