4237 Movies

デュプリシティ Duplicity (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

英米の第一線のスパイとして知り合った男女が、5年の関係の間に互いの特技を生かし一攫千金を目論むものの、彼らを利用する巨大組織の仕組まれた罠にはまってしまうという、監督、脚本トニー・ギルロイ、主演クライヴ・オーウェンジュリア・ロバーツトム・ウィルキンソンポール・ジアマッティ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:トニー・ギルロイ
製作
ローラ・ビックフォード

ジェニファー・フォックス
ケリー・オレント
脚本:トニー・ギルロイ

撮影:ロバート・エルスウィット
編集:ジョン・ギルロイ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
レイ・コヴァル:クライヴ・オーウェン

クレア・ステインウィック:ジュリア・ロバーツ
ハワード・タリー:トム・ウィルキンソン
ディック・ガーシック:ポール・ジアマッティ
デューク・モナハン:デニス・オヘア
ジェフ・バウアー:トム・マッカーシー
パム・フレイルス:キャスリーン・チャルファント
ネッド・ガストン:ウェイン・ドュヴァル
バーバラ・バフォード:キャリー・プレストン
ロニー・パーティズ:クリストファー・デナム

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2009年製作 125分
公開
北米:2009年3月20日
日本:2009年5月1日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $40,559,900
世界 $78,146,650


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2003年7月4日、ドバイ
アメリカ領事館主催の独立記念日パーティーで、MI6の諜報員レイ・コヴァル(クライヴ・オーウェン)は、CIAの情報員クレア・ステインウィック(ジュリア・ロバーツ)を口説きベッドインする。

5年後、ニューヨーク
トイレタリー・メーカーの老舗B&R(バーケット&ランドル)社と新興企業エクイクロムは、業界の熾烈なトップを争いを続けていた。

MI6を辞め、B&Rの情報調査チームに参加していたレイは、街で偶然クレアを見かけ後を追う。

クレアに話しかけたレイだったが、彼女は5年前のことを知らぬ不利をして、レイを追い払おうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
トイレタリー業界の老舗B&R社と、新興企業エクイクロム社は、業界の熾烈なトップを争いを続けていた。
そんな中、B&RのCEOハワード・タリーが画期的な新製品を発売しようとしていた。
B&Rに送り込まれていた、エクイクロム側のスパイで、元CIA情報員クレアが、その情報を掴む。
クレアは街で、5年前に一夜を共にした、元MI6諜報員レイに出くわす。
それについて白を切るクレアだったが、レイがエクイクロムの連絡員だと知り、彼女は情報を渡す。
エクイクロムのCEOガーシックは、手に入れた情報を基に先手を打ち、新製品を発表を企み、徹底調査を開始させるのだが・・・。
__________

フィクサー」(2007)での初監督他、「ボーン・アイデンティティー」(2002)シリーズなどでも知られる、骨太な脚本で定評のあるトニー・ギルロイが、緻密な駆け引きで展開する企業戦争をテーマに、コミカルなタッチで描いた注目作。

実力派を揃えた、魅力的な出演者が話題にはなったが、6000万ドルの製作費に対し、全世界で8000万ドル弱の興行成績に終わってしまったのは寂しい。

綿密に練られた詐欺計画なのだが、プロのスパイの仕事の割には、脇が甘いところなどが気になる。
終盤の騙し合いの連続や、主人公二人の計画を、過去を振り返りながら段階を追い理解させるストーリーなどは、目が離せない展開にはなっている。

007”のジェームズ・ボンド候補にも名前があがるクライヴ・オーウェンは、なかなかのはまり役で、逞しさや男臭さよりも、意外にも初心な面を度々見せて、人間味もあるキャラクターがいい。

スパイにしては目立ち過ぎが気になるジュリア・ロバーツなのだが、そこは華のある女優として貫禄十分な演技を見せてくれる。

小柄ながら力感溢れ、嫌味な言動も度を超している、凄まじく攻撃的な企業家を熱演するポール・ジアマッティ、同じT・ギルロイ作品の「フィクサー」(2007)で好演した物語の勝利者となるトム・ウィルキンソン、対敵監視チームのリーダー役のデニス・オヘア、同僚キャスリーン・チャルファント、対する敵側のトム・マッカーシーウェイン・ドュヴァル、旅行社社員役のキャリー・プレストン、新製品開発者となるクリストファー・デナムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020