4501 Movies

おみおくりの作法 Still Life (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

孤独死した人の葬儀を執り行う準備と共に親族を捜す公務員の日常を描く、製作、監督、脚本ウベルト・パゾリーニ、主演エディ・マーサンジョアンヌ・フロガット他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ウベルト・パゾリーニ

製作
ウベルト・パゾリーニ
フェリックス・ヴォッセン
クリストファー・サイモン
製作総指揮:バーナビー・サウスクーム
脚本:ウベルト・パゾリーニ
撮影:ステファーノ・ファリヴェーネ
編集
トレイシー・グレインジャー
ギャヴィン・バックリー
音楽:レイチェル・ポートマン

出演
ジョン・メイ:エディ・マーサン
ケリー・ストーク:ジョアンヌ・フロガット
プラチェット:アンドリュー・バカン
ジャンボ:キアラン・マッキンタイア
シャクティ:ニール・ディスーザ
メアリー:カレン・ドルーリー
ホームレス:ポール・アンダーソン
ホームレス:ティム・ポッター

イギリス/イタリア 映画
配給
Redwave Films
Embargo Films
2013年製作 92分
公開
イギリス:2015年2月6日
北米:2015年1月16日
日本:2015年1月24日
北米興行収入 $9,480


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
ケニントン地区の職員である民生係ジョン・メイ(エディ・マーサン)は、孤独死した人の葬儀を執り行う仕事をしていた。

亡くなった人物の親族を捜すジョンは、見つかった場合は葬儀費用の請求はせず、葬儀の参列の義務もないことを伝える仕事を淡々とこなした。

几帳面なジョンは、調査が終了した人の写真を持ち帰り、アルバムに保管していた。

親族を捜すものの、ほとんどの場合は自分一人で公営合同墓地で埋葬まで済ますジョンは虚しさを感じる。

自分が埋葬される場所を決めていたジョンは、眺めのいいそこに向かい、仰向けになってみる。

次の仕事の連絡が入り、住所が自分のアパートの向かいの建物だと知ったジョンは、死後数週間経って発見された男性の部屋に向かう。

管理人と共に部屋を調べたジョンは、アル中だったと思われる亡くなった”ウィリアム”ビリー”ストーク”と言う男性の調査を始める。

上司のプラチェット(アンドリュー・バカン)に呼ばれたジョンは、部署の合併先ダリッチ地区のピルジャーを紹介され、業務はそちらに移ることを知らされる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン
ケニントン地区の民生係ジョン・メイは、孤独死した人の葬儀を執り行う仕事をしていた。
ある日、自分のアパートの向かいの建物の部屋に住むストークという男性が死亡していたことが分かり、ジョンは彼の調査を始めて親族を捜す。
経費削減のため、上司のプラチェットから解雇を言い渡されたジョンは、落胆しながらもストークの調査を続けるのだが・・・。
__________

投資銀行家の経歴を持つ、「ミッション」(1986)で助監督、「フル・モンティ」(1997)では製作に参加したイタリアの映画製作者ウベルト・パゾリーニが、製作、脚本を兼ねて監督した作品。

孤独死した人の葬儀を執り行う準備と共に親族を捜す公務員の日常を描くドラマ。

主人公が最後の仕事として調査する”ビリー・ストーク”の映像はほとんど登場しないが、その人物像が、調査の過程で観る者に鮮明に伝わってくる演出と脚本が素晴らしい。

第70回ヴェネチア国際映画祭では、オリゾンティ部門監督賞他4部門で受賞した作品。

穏やかに進行する物語の中で流れる、レイチェル・ポートマンの音楽が非常に印象に残る。

多くの話題作で名バイプレイヤーとして活躍する主演のエディ・マーサンは、几帳面に淡々と仕事をする公務員を好演している。
一本調子な役柄なのだが、セリフのない場面の表情だけで感情を表現する彼の演技は素晴らしく、地味な役者ではあるが、自分を含め彼のファンは多いはずだ。

孤独死したストークの娘で、親身になってくれる主人公と心通わせる女性を演ずるジョアンヌ・フロガット、ストークの戦友であるキアラン・マッキンタイア、主人公を解雇する上司アンドリュー・バカン、パイ工場で働くストークの元同僚ニール・ディスーザ、フィッシュ・アンド・チップス店を経営するストークの元恋人カレン・ドルーリー、ホームレスのポール・アンダーソンティム・ポッターなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021