4314 Movies

クリード 炎の宿敵 Creed II (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ロッキー」シリーズの第8作。
伝説のボクサーであるロッキー・バルボアと共に世界チャンピオンとなったアドニス・クリードと因縁の相手ドラゴ親子との戦いを描く、製作総指揮、主演マイケル・B・ジョーダンシルヴェスター・スタローン(製作、脚本兼)、テッサ・トンプソンウッド・ハリスラッセル・ホーンズビードルフ・ラングレン他共演、監督スティーヴン・ケイプルJr.によるスポーツ・ドラマ。


ドラマ(スポーツ)

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・ケイプルJr.
製作総指揮
ライアン・クーグラー
マイケル・B・ジョーダン
ガイ・リーデル
製作
シルヴェスター・スタローン
ケヴィン・キング=テンプルトン
チャールズ・ウィンクラー
ウィリアム・チャートフ
デヴィッド・ウィンクラー
アーウィン・ウィンクラー
原案(キャラクター):シルヴェスター・スタローン
原作
チェオ・ホダリ・コーカー
サシャ・ペン
脚本
ジュエル・テイラー
シルヴェスター・スタローン
撮影:クレイマー・モーゲンソー
編集
デイナ・E・グローバーマン
ポール・ハーブ
音楽:ルドウィグ・ゴランソン

出演
アドニス・クリード:マイケル・B・ジョーダン
ロッキー・バルボア:シルヴェスター・スタローン
ビアンカ・テイラー:テッサ・トンプソン
トニー“リトル・デューク”エヴァース:ウッド・ハリス
バディ・マーセル:ラッセル・ホーンズビー
メアリー・アン・クリード:フィリシア・ラシャド
イワン・ドラゴ:ドルフ・ラングレン
ヴィクター・ドラゴ:フロリアン”ビッグ・ナスティ”ムンテアヌ
ダニー“スタントマン”ウィーラー:アンドレ・ウォード
ロバート・バルボア:マイロ・ヴィンティミリア
ローガン・バルボア:ロビー・ジョンズ
ルドミラ・ドラゴ:ブリジット・ニールセン
本人:マイケル・バッファー
スティッチ:ジェイコブ“スティッチ”デュラン

アメリカ 映画
配給
Mirror Releasing(北米)
ワーナー・ブラザーズ(世界)
2018年製作 130分
公開
北米:2018年11月21日
日本:2019年1月11日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $115,715,890
世界 $214,115,890


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ウクライナキエフ
かつてロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)と戦った、ソ連当時のボクサー、イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)は、敗れたことで妻ルドミラ(ブリジット・ニールセン)に捨てられ、地位と名誉を失った。

名誉回復を考えるイワンは、息子ヴィクター(フロリアン”ビッグ・ナスティ”ムンテアヌ)を無敵のボクサーに育てようとしていた。

アメリカ人プロモーターのバディ・マーセル(ラッセル・ホーンズビー)は、下積みを続けるヴィクターに目をつける。

ラスベガス
WBC世界ヘビー級タイトルマッチに挑むアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)の恋人ビアンカ・テイラー(テッサ・トンプソン)は、補聴器をつけて会場の熱気を感じる。

3年前に“プリティ”リッキー・コンランに敗れたアドニスは、その後6連勝して、ダニー“スタントマン”ウィーラー(アンドレ・ウォード)とのタイトルをかけた日を迎えていた。

ビアンカに激励されたアドニスは、トレーナーのロッキーと話し、ガン治療のために頭髪を失いカツラをつけている彼にジョークを言う。

試合に集中知ろと言われたアドニスは、ロッキーと共にリングに向かう。

マーセルも見守る中で試合は始まり、攻めるアドニスはノックアウト勝ちして世界チャンピオンとなる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ロッキー」(1976)
・「ロッキー2」(1979)
・「ロッキー3」(1982)
・「ロッキー4」(1985)
・「ロッキー5」(1990)
・「ロッキー6」(2006)
・「クリード」(2015)
・「クリード 炎の宿敵」(2018)

*(簡略ストー リー)
ロッキー・バルボアと共に世界チャンピオンとなったアドニス・クリードは、恋人ビアンカにプロポーズし、幸せな日々を送っていた。
ロサンゼルスに戻りビアンカの妊娠も知ったアドニスは、父親になる責任を感じる。
そんな時アドニスは、父アポロが亡くなった試合の相手である、ロシア人ボクサーのイワン・ドラゴの息子ヴィクターから挑戦状を突きつけられる。
逃げるわけにはいかないアドニスは、悩んだ末に戦うことを決意するものの、ロッキーに協力を拒まれてしまう・・・。
__________

チャンピオンとなった主人公が、父が亡くなった試合の対戦者との因縁の対決に挑む姿を描く、「ロッキー」シリーズの第8作。

前作で脚本を兼ねて監督した期待の若手ライアン・クーグラーは製作総指揮に回り、同じ若手のスティーヴン・ケイプルJr.が監督を担当し、シルヴェスター・スタローンは製作、脚本も兼ねている。

相変わらず見事なボクシング・シーンに加え、主人公の苦悩やもう一人の主役ロッキーの人間性の描写など、30代前半で人生経験が浅いにも拘らず繊細に描くスティーヴン・ケイプルJr.の演出手腕などが見どころの作品。

北米興行収入は約1億1600万ドル、全世界では約2億1400万ドルを記録し、前作を上回るヒットとなった。

かつての対戦相手である、ソ連時代のボクシング・ヒーロー”イワン・ドラゴ”を再登場させてドラマを盛り上げる設定もファンには嬉しい。

当時は容姿だけの”木偶の坊”的なキャラクターがイマイチだったドルフ・ラングレンが、恩師と言ってもいい盟友シルヴェスター・スタローンと共に、渋さを感じさせる深い演技を見せてくれるところも注目だ。

精神、人間的に更に成長する主人公を熱演するマイケル・B・ジョーダン、彼を支えるロッキー・バルボアを好演するシルヴェスター・スタローン、主人公の妻テッサ・トンプソン、主人公と共に戦うジムのオーナーでトレーナーのウッド・ハリス、主人公とドラゴ親子を対戦させるプロモーターのラッセル・ホーンズビー、主人公の母親フィリシア・ラシャド、かつてロッキーに敗れてすべてを失ったロシア人ボクサー、イワン・ドラゴのドルフ・ラングレン、その息子である強豪ボクサーのフロリアン”ビッグ・ナスティ”ムンテアヌ、主人公のライバルである世界ランカーのアンドレ・ウォード、ロッキーの息子マイロ・ヴィンティミリア、その息子ロビー・ジョンズ、イワンの元妻ルドミラのブリジット・ニールセン、本人役でお馴染みのマイケル・バッファー、主人公のカットマンのジェイコブ“スティッチ”デュランなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020