5168 Movies

クリード 過去の逆襲 Creed III (2023)

ロッキー」シリーズ第9作、「クリード」シリーズ第3作。
親友を見捨てた過去に罪悪感を感じるアドニス・クリードの苦悩を描く、製作、監督、主演マイケル・B・ジョーダンテッサ・トンプソンジョナサン・メジャーズウッド・ハリスフロリアン・ムンテアヌフィリシア・ラシャッド他共演のスポーツ・ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(スポーツ)

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:マイケル・B・ジョーダン
製作
アーウィン・ウィンクラー
チャールズ・ウィンクラー
ウィリアム・チャートフ
デヴィッド・ウィンクラー
ライアン・クーグラー
マイケル・B・ジョーダン
エリザベス・ラポーソ
ジョナサン・グリックマン
シルヴェスター・スタローン
製作総指揮
セヴ・オハニアン
ジンジ・クーグラー
ニコラス・スターン
アダム・ローゼンバーグ
原案
ライアン・クーグラー
キーナン・クーグラー
ザック・ベイリン
脚本
キーナン・クーグラー
ザック・ベイリン
撮影:クレイマー・モーゲンソー
編集
タイラー・ネルソン
ジェシカ・バクレス
音楽:ジョセフ・シャーリー

出演
アドニス”ドニー”クリード(旧姓ジョンソン):マイケル・B・ジョーダン
アドニス”ドニー”ジョンソン(15歳):サデウス・J・ミクソン
ビアンカ・テイラー=クリード:テッサ・トンプソン
ダミアン”ダイアモンド・デイム”アンダーソン:ジョナサン・メジャーズ
デイミアン”デイム”アンダーソン(18歳):スペンス・ムーア二世
トニー”リトル・デューク”エヴァーズ:ウッド・ハリス
アマラ・クリード:ミラ・デイヴィス=ケント
ヴィクトル・ドラゴ:フロリアン・ムンテアヌ
メアリー・アン・クリード:フィリシア・ラシャッド
フェリックス・チャベス:ホセ・ベナビデスJr.
ローラ・チャベス:セレニス・レイヴァ
”プリティ”リッキー・コンラン:アンソニー・ベリュー
”アンダーソン対チャベス”戦のプロモーションのナレーション:バリー・ペッパー
スポーツ番組のパーソナリティ:スティーブン・A・スミス
ニュースアンカー:ジェシカ・ホームズ
ボクサー:カネロ・アルバレス
ボクサーの妻:フェルナンダ・ゴメス
本人:ケラーニ
ボクシング・レフェリー:ケニー・ベイレス
ボクシング・レフェリー:ラッセル・モーラ
ボクシング・レフェリー:トニー・ウィークス
リングアナウンサー:ジミー・レノンJr.
リングアナウンサー:デヴィッド・ディアマンテ
テレビ局員:トッド・グリシャム
テレビ局員:ジェシカ・マッカスキル
テレビ局員:アル・バーンスタイン
テレビ局員:マウロ・ラナーロ
テレビ局員:クリストファー・マニックス
ゴールデングローブのレフェリー:マイケル・A・ジョーダン
スパーリング・パートナー:テレンス・クロフォード

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(世界)
MGM(北米)
2023年製作 116分
公開
北米:2023年3月3日
日本:2023年5月26日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $156,248,620
世界 $275,248,620


ストーリー
2002年、ロサンゼルス
ある夜、15歳のアドニス”ドニー”ジョンソン(サデウス・J・ミクソン)は家を抜け出し、親友の”ゴールデングローブ”チャンピオンで、18歳のダミアン”ダイアモンド・デイム”アンダーソン(スペンス・ムーア二世)と共に、地下ボクシングでの彼の試合を観に行く。
デイムは勝利し、プロに転向して世界チャンピオンになりたいという夢をドニーに語る。
酒屋に立ち寄ったドニーは、レオンに出くわして襲いかかる。
15年後、南アフリカ
チャンピオンのドニー(マイケル・B・ジョーダン)は、かつて破れた”プリティ”リッキー・コンラン(アンソニー・ベリュー)を倒して引退する。
現在、ロサンゼルス
ドニーは、愛する妻ビアンカ(テッサ・トンプソン)と聴覚障害の娘アマラ(ミラ・デイヴィス=ケント)と共に幸せに暮らしていた。
デルフィ・ボクシング・アカデミーを運営しているドニーはジムに向かい、ヴィクトル・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)との対戦を控える世界チャンピオン、フェリックス・チャベス(ホセ・ベナビデスJr.)とトレーナーのトニー”リトル・デューク”エヴァーズ(ウッド・ハリス)らの様子を見に行く。
帰ろうとしたドニーは車に向かい、その場にいたデイム(ジョナサン・メジャーズ)と再会し食事に誘う。
出所したデイムを気遣うドニーは、彼が未だにチャンピオンになる夢を諦めていないために、デュークに紹介することを約束する。
デイムと別れた後ドニーは、少年時代にレオンを殴った後で逃走し、デイムが逮捕されてしまったことを思い出しながら心を痛める。
帰宅したドニーは、訪ねて来ていた義母メアリー・アン(フィリシア・ラシャッド)の体調を心配しながら、デイムに会っていたことを話す。
翌日ドニーは、デュークを説得して、デイムをファリックスのスパーリングパートナーにする。
デイムを家に招待したドニーは、ビアンカとタマラを紹介する。
食事後にドニーと話したデイムは、フェリックスとタイトルマッチを行いたいことを伝える。
それを断られたデイムは、刑務所での辛い日々のことを話し、かつて”アポロ・クリード”は、負け犬にチャンスを与えたとドニーに伝える。
翌日のスパーリングで、デイムはフェリックスと揉めてしまい、デュークは、ドニーに彼のことを警戒させる。
ビアンカの所属するレコード会社のパーティーで、ドラゴが何者かに襲われ、試合できない状況になり、ドニーはデイムをドラゴの対戦相手にすることを考えデュークを説得する。
荒れた試合は騒然となり、デイムはチャベスを圧倒して勝利し、初戦で世界チャンピオンになる。
デイムの戦法に憤慨したデュークは、ドニーを非難してジムには来るなと伝える。
メアリーの元に向かったドニーは、自分に悪影響を及ぼすと考えた彼女が、服役中のデイムからの手紙を隠していたことを知る。
それを非難するドニーは、ドラゴ襲った男がデイムの刑務所仲間だったことも知りショックを受ける。
ドニーは、心配するビアンカに、デイムに対する罪悪感を打ち明けることができない。
デイムに会ったドニーは、全てを奪うと言う彼が、自分を恨んでいたことを知り殴られ愕然とする。
メアリーアンが再び脳卒中で倒れて亡くなり、ドニーは、悲しみの中で悩見続ける。
葬儀後ドニーは、デイムが逮捕されたにも拘らず自分は逃げたことと、養子になる前、グループホームの介護士だったレオンから虐待を受けていたことをビアンカに話す。
デイムが逮捕された後、ドニーは罪悪感から彼に連絡を取ることはなかったのだった。
ビアンカに励まされたドニーは、問題を解決するには復帰しかないと考え、デイムとの対戦に備えてトレーニングを始めるのだが・・・。


解説 評価 感想

参考:
・「ロッキー」(1976)
・「ロッキー2」(1979)
・「ロッキー3」(1982)
・「ロッキー4」(1985)
・「ロッキー5」(1990)
・「ロッキー6」(2006)
・「クリード」(2015)
・「クリード 炎の宿敵」(2018)
・「クリード 過去の逆襲」(2023)

本作に出演しないシルヴェスター・スタローンは製作に専念し、前2作に主演したマイケル・B・ジョーダンが製作と主演を兼ねて初監督した作品で、テッサ・トンプソンジョナサン・メジャーズウッド・ハリスフロリアン・ムンテアヌフィリシア・ラシャッドなどが共演した作品。

親友を見捨てた過去に罪悪感を感じるアドニス・クリードの苦悩を描くスポーツドラマ。

シルヴェスター・スタローンが出演しないのはファンにとっては残念だが、”ロッキー”から独立したシリーズとしての地位を確立した作品と言える。
いつもながらの迫力あるファイティング・シーンに加え、主人公が過去に苦しむ人間ドラマに重点を置かれた内容と、マイケル・B・ジョーダンのシャープな演出は見応え十分だ。

北米興行収入は約1億5600万ドル、全世界では約2億7500万ドルを記録し、前2作を上回るヒットとなった。

親友を見捨てた後に自分が成功したことに罪悪感を感じて苦しむ主人公を熱演するマイケル・B・ジョーダン、その少年期サデウス・J・ミクソン、主人公を支える妻テッサ・トンプソン、主人公を恨み復讐しようとするジョナサン・メジャーズ、その少年期スペンス・ムーア二世、主人公の親友であるトレーナーのウッド・ハリス、聴覚障害のある主人公の娘ミラ・デイヴィス=ケント、ドラゴの息子フロリアン・ムンテアヌ、主人公の義母フィリシア・ラシャッド、主人公が育てた世界チャンピオンのホセ・ベナビデスJr.、その母親セレニス・レイヴァ、主人公の最後の対戦相手アンソニー・ベリュー、”アンダーソン対チャベス”戦のプロモーションのナレーション、バリー・ペッパー、スポーツ番組のパーソナリティ、スティーブン・A・スミス、ニュースアンカーのジェシカ・ホームズ、ボクサーのカネロ・アルバレス、その妻フェルナンダ・ゴメス、本人役でケラーニ、レフェリーのケニー・ベイレス、ラッセル・モーラ、トニー・ウィークス、リングアナウンサーのジミー・レノンJr.デヴィッド・ディアマンテ、テレビ局員のトッド・グリシャムジェシカ・マッカスキルアル・バーンスタインマウロ・ラナーロ、クリストファー・マニックス、ゴールデングローブのレフェリー、マイケル・A・ジョーダン(マイケル・B・ジョーダンの父)、スパーリング・パートナーのテレンス・クロフォードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022