4234 Movies

ロッキー5 Rocky V (1990)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロッキー」シリーズの第5作。
引退を決意し財産も失ってしまったロッキーが、有能な若手ボクサーを育てようと新たな人生を模索する姿を描く、監督がジョン・G・アヴィルドセンに戻り、脚本、主演シルヴェスター・スタローンタリア・シャイアバート・ヤングトミー・モリソンバージェス・メレディス共演のドラマ。


ドラマ(スポーツ)

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・G・アヴィルドセン
製作総指揮:マイケル・S・グリック
製作
アーウィン・ウィンクラー

ロバート・チャートフ
脚本:シルヴェスター・スタローン
撮影:スティーヴン・ポスター
編集
ジョン・G・アヴィルドセン

マイケル・N・ヌー
音楽:ビル・コンティ

出演
ロッキー・バルボア:シルヴェスター・スタローン

エイドリアン・バルボア:タリア・シャイア
ポーリー・ペニノ:バート・ヤング
トミー”ザ・マシン”ガン:トミー・モリソン
ジョージ・W・ドューク:リチャード・ギャント
ミッキー・ゴールドミル:バージェス・メレディス
トニー”デューク”エヴァース:トニー・バートン
ロッキー・バルボアJr.:セイジ・スタローン
リング・アナウンサー:リロイ・ニーマン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ/UIP
1990年製作 104分
公開
北米:1990年11月16日
日本:1990年12月8日
製作費 $42,000,000
北米興行収入 $40,946,360
世界 $119,946,360


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ドラゴとの対戦を終えたロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)は、体調不良を訴えて、妻のエイドリアン(タリア・シャイア)らと共に帰国する。

息子ロッキーJr.(セイジ・スタローン)や、多くの人々に出迎えられ帰国したロッキーは、引退を決意する。

しかし、プロモーターのジョージ・W・デューク(リチャード・ギャント)は、ロッキーにまだビジネス的な魅力を感じて、自分が抱えるチャンピオンとの対戦を、プロモートすることを画策する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ロッキー」(1976)
・「ロッキー2」(1979)
・「ロッキー3」(1982)
・「ロッキー4」(1985)
・「ロッキー5」(1990)
・「ロッキー6」(2006)
・「クリード」(2015)
・「クリード 炎の宿敵」(2018)

*(簡略ストー リー)
ドラゴとの戦いを終えたロッキー・バルボアは、体調の異変に気づき、妻エイドリアンらと共に帰国して引退を決意する。
しかし、ロッキーにまだビジネスチャンスがあると見た大物プロモーターのデュークは、彼を復帰させようとする。
その後ロッキーは、脳に障害があることが分かり、引退を決めて後続の指導者となる。
そんな時、若手ボクサーのトミー・ガンの才能に気づいたロッキーは、彼に自分の人生を賭けて、一流のボクサーに育てようとする。
ロッキーは、息子ジュニアに目を向けなくなり、親子の関係が崩れかける。
同じ頃、ロッキーを利用することを諦めていないデュークは、トミーを巻き込んだ謀略を画策するのだが・・・。
__________

監督が第1作のジョン・G・アヴィルドセンに戻ったものの、ドラマのテーマの原点とも言える家族や父子愛に重点を置いたストーリー展開に新鮮味はなく、全世界で1億ドルは突破したとはいえ、興行収入は前作の約1/3にダウンし、批評家の評価も良くなかった作品。
北米興行収入 $40,946,360
世界 $119,946,360

人間味溢れる原点のロッキーに近づく描写など、期待しながら観れるのだが、今一歩といった内容が残念だ。

主人公ロッキーと家族が破産してしまい、かつてのフィラデルフィアの貧しい生活に戻り、ロッキーも脳の障害を抱えるどん底生活に戻り、愛すべき不器用なキャラクターが甦るところまでは、なかなかいいのだが・・・。

プロモーターのドン・キングそのままの、鬱陶しい登場人物リチャード・ギャントや、前作ドラゴよりややマシ程度の、トミー・ガンの”デクノボウ”ぶり、さらには第1作の年に誕生した思い入れからか、スタローンの実の息子セイジ・スタローンの出演なども頂けない。

主演のシルヴェスター・スタローンは、1、2作を思わせる、帽子や革ジャンを見につけて郷愁を誘う。

タリア・シャイアバート・ヤングも、野暮ったさが復活し、その方が似合うということにも気づいてしまう。

ロッキー3」(1982)で死亡し、シリーズから去った、80歳を超えているバージェス・メレディスの面影のシーンは、思わずホロリとさせてくれる。

トミー・ガンに扮するトミー・モリソンは、本作後、実際にWBO世界ヘビー級タイトル獲得している。
彼は、ジョン・ウェインの甥の息子でもある。

ジョン・ウェインの本名マリオン・マイケル/ロバート・モリソン


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020