4234 Movies

ロッキー3 Rocky Ⅲ (1982)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット「ロッキー」シリーズの第3作。
世界チャンピオンの地位を維持していたロッキーは、クラバー・ラングの挑戦を受けて敗れながら再び戦う姿を描く、監督、脚本、主演シルヴェスター・スタローンタリア・シャイアバート・ヤングバージェス・メレディスカール・ウェザースミスター・T共演のドラマ。


ドラマ(スポーツ)

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:シルヴェスター・スタローン
製作
アーウィン・ウィンクラー

ロバート・チャートフ
脚本:シルヴェスター・スタローン
撮影:ビル・バトラー
編集
ドン・ジンマーマン

マーク・ワーナー
音楽:ビル・コンティ
主題曲:サヴァイヴァーEye of the Tiger

出演
ロッキー・バルボア: シルヴェスター・スタローン
エイドリアン・バルボア: タリア・シャイア
アポロ・クリード: カール・ウェザース
ポーリー・ペニノ: バート・ヤング
ミッキー・ゴールドミル: バージェス・メレディス
クラバー・ラング:ミスター・T
サンダー・リップス:ハルク・ホーガン
トニー”デューク”エヴァース:トニー・バートン
リング・アナウンサー:リロイ・ニーマン

アメリカ 映画
配給 MGM

1982年製作 99分
公開
北米:1982年5月28日
日本:1982年7月31日
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $125,049,130


アカデミー賞 ■
第55回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞:“Eye of the Tiger


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アポロ・クリード(カール・ウェザース)を倒し、チャンピオンとなったロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)は、その後、防衛を重ねる。

そしてロッキーは、無敵の王者としてボクシング界を背負い、大衆の心を捉えて、マスコミもこぞって彼を取り上げていた。

義兄ポーリー・ペニノ(バート・ヤング)は、そんなロッキーに嫉妬して騒ぎを起こすが、 ロッキーはポーリーを優しく迎え入れる。

あれから3年、ロッキーは妻エイドリアン(タリア・シャイア)、ロッキーJr.、トレーナーのミッキー・ ゴールドミル(バージェス・メレディス)らと、大豪邸で暮らすほどになっていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ロッキー」(1976)
・「ロッキー2」(1979)
・「ロッキー3」(1982)
・「ロッキー4」(1985)
・「ロッキー5」(1990)
・「ロッキー6」(2006)
・「クリード」(2015)
・「クリード 炎の宿敵」(2018)

*(簡略ストー リー)
アポロに勝利し、新チャンピオンとなったロッキー・バルボアは、その後も防衛を続け、富と名声、そして、愛するエイドリアンとの満ち足りた生活を手に入れる。
全てをやり遂げて引退を決意したロッキーだったが、ランキン11位のクラバー・ラングに挑発され、再びリングに上がろうとする。
危機感のために、去ろうとするミッキーを説得したロッキーは、クラバー・ラングとの戦いに挑むが、試合前にミッキーが発作で倒れてしまう。
惨敗したロッキーはミッキーも失い、失意の日々を送るが、彼に手を差し伸べたのは、かつての宿敵アポロだった。
ロッキーは初心に戻り、アポロの献身的な援助でトレーニングを始めるのだが・・・。
__________

前作同様、シルヴェスター・スタローンが、監督、脚本、主演する意欲作。

最終作の予定で作られたはずの本作は、北米で「ロッキー2」(1979)を遥かに上回るヒットとなり、結果この後もシリーズは継続することになる。

第55回アカデミー賞では、主題歌の“Eye of the Tiger”が歌曲賞にノミネートされた。

新たなる敵クラバー・ラングや、当時人気上昇中のプロレスラー、ハルク・ホーガンなどの登場人物に加え、サヴァイヴァーの主題曲“Eye of the Tiger”も、ビルボードで6週連続No.1となり、話題の多い作品でもあった。

しかし、ロッキーが奮起するきっかけになるシーンやラストは、前2作に比べかなり盛り上がりに欠けている。

富や名声を掴んだからとはいえ、洗練され過ぎてしまったロッキーのキャラクターは、別人のようで好感が持てない。

マンネリ化しつつあるシリーズの、新たな試みだろうが、不器用なロッキーを愛するファンにとっては、今一ピンとこない思いだ。

時代の流れと、同年公開の「ランボー」(1982)ののための体作りが、ビフテキのような前作のイメージには合わなくなっていたので、仕方ないこと
かもしれない。

別人のようなスタローンは、ドラマの中で言われるように、まるでミドル級のような締まった体で登場する。

ミッキーの死に直面し、壁を突き破ろうと、もがき苦しむ姿を好演はしているが、やはり”ロッキー”らしくない彼は、物足りなさを感じる。

今回でシリーズを去るバージェス・メレディスは、75歳の高齢にも拘らず、最後まで熱演している。

ロッキー5」(1990)にも面影として登場はする。

タリア・シャイアは、ロッキーに渇を入れる、逞しい”ボクサーの妻”を好演して貫禄さえ感じる。

お馴染みの共演者カール・ウェザースが、前作に続き奮闘するものの、バート・ヤングは脇役に徹しているのみというところだ。

クラバー・ラング役のミスター・Tは、迫力はあるが、野獣のように吠えているだけという印象だ。

全作で登場するトレーナーのトニー・バートン、そして芸術家リロイ・ニーマンは、リング・アナウンサーとしてチャリティー・マッチで出演し、彼の描いた絵が随所で登場する。

また、戦いを前に、トレーニングしているスタローンにキスしようとする女性は、最初の妻のサーシャ・チャックだ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020