4240 Movies

消されたヘッドライン State of Play (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2003年に、イギリスBBCで放映されたテレビ・ドラマ、「ステート・オブ・プレイ?陰謀の構図?」の映画化。
下院議員の、愛人でもある助手の死の裏に潜む、巨大な軍事利権が絡んだ陰謀に巻き込まれる新聞記者が、執念で事件の真相を暴こうとする姿を描く、監督ケヴィン・マクドナルド、主演ラッセル・クロウベン・アフレックレイチェル・マクアダムスヘレン・ミレンロビン・ライトジェフ・ダニエルズジェイソン・ベイトマン共演によるサスペンス・ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ケヴィン・マクドナルド
製作総指揮
ポール・アボット

ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
E・ベネット・ウォルシュ
製作
アンドリュー・ハウプトマン

ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
脚本
マシュー・マイケル・カーナハン

トニー・ギルロイ
ビリー・レイ
ポール・アボット(TVシリーズ)
撮影:ロドリゴ・プリエト

編集:ジャスティン・ライト
音楽:アレックス・ヘッフェス

出演
ラッセル・クロウ:キャル・マカフリー
ベン・アフレック:スティーヴン・コリンズ
レイチェル・マクアダムス:デラ・フライ
ヘレン・ミレン:キャメロン・リン
ロビン・ライト:アン・コリンズ
ジェフ・ダニエルズ:ジョージ・ファーガス
ジェイソン・ベイトマン:ドミニク・フォイ
マイケル・ベレッセ:ロバート・ビンガム
ハリー・J・レニックス:ドナルド・ベル刑事
デヴィッド・ハーバー:情報源
サラ・ロード:マンディ・ブロコウ
マリア・セイヤー:ソニア・ベーカー

アメリカ/イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2009年製作 127分
公開
北米:2009年4月17日
イギリス:2009年4月30日
日本:2009年5月22日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $37,017,960
世界 $87,812,370


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントンD.C.
追われている男が、殺し屋ロバート・ビンガム(マイケル・ベレッセ)に射殺され、それを目撃したピザの配達人も撃たれて昏睡状態になる。

翌朝。
地元紙”ワシントン・グローブ”の記者キャル・マカフリー(ラッセル・クロウ)は、現場に駆けつけてネタを探る。

軍事利権に絡む企業”ポイント・コープ”の、癒着に関する公聴会の、議長を務める下院議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)は、調査員兼助手であるソニア・ベーカー(マリア・セイヤー)の突然の死を知りショックを受ける。

地下鉄で、自殺したかのように思われたソニアの死に、コリンズは公聴会の席上で涙を流し、それがきっかけで二人の深い関係がマスコミで取りざたされる。

マカフリーは、大学時代の友人コリンズが、マスコミの餌食になることを心配する。

新人記者デラ・フライ(レイチェル・マクアダムス)は、ウェブサイト担当記者として厚遇されていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
ある男が路上で殺し屋に射殺される事件が起き、地元紙”ワシントン・グローブ”の記者キャル・マカフリーは、早速、現場に駆けつけてネタを探る。
企業”ポイント・コープ”の軍事利権に絡む、癒着問題の公聴会の議長を務める、下院議員コリンズは、調査員兼助手のソニアの、突然の死を知りショックを受ける。
コリンズが、公聴会の席上、ソニアの死に動揺した様子で、マスコミが二人の深い関係を取り上げる。
マカフリーは、学友のコリンズが、マスコミの餌食になるのを心配するが、ウェブ・サイト担当の新人記者フライは、この事件を取材しようとする。
マカフリーは、フライを相手にしなかったが、同じ頃、コリンズは、ソニアと愛人関係だったことを、院内総務ファーガスに告白する。
”ワシントン・グローブ”の編集局長リンは、旧友コリンズのことを、ネタにしたがらないマカフリーに気を揉む。
その後マカフリーは、ソニアが他殺である可能性をコリンズから聞かされる。
さらにマカフリーは、路上殺人の被害者の携帯電話の履歴に、ソニアの番号があることを知るのだが・・・。
__________

ラストキング・オブ・スコットランド」(2006)の監督でもあるケヴィン・マクドナルドは、ドキュメンタリー出身らしく、殺人事件の追跡をする記者の苦悩や新聞社内の緊迫感などを、リアルな描写で見事に描いている。

旧友でもある若手下院議員、肉体関係を持ってしまったその妻、事件を深く追求せずに記事にしようとする新人記者、そして意見が対立する編集局長などとの関係に苦労しながら、ベテラン記者らしい、勘に頼る主人公(ラッセル・クロウ)は、だらしない生活や体系がアウトロー的でもあり、それが記者としての逞しさを強調させている。

非の打ち所がないハンサムなエリート議員ベン・アフレックを圧倒する、対照的な、無骨で古風なラッセル・クロウの、人間味のある、重厚さも漂う演技は見ものだ。

経験不足を若さでカバーする新人記者で、次第に主人公のベテラン記者に感化されていくレイチェル・マクアダムス、その二人を見守りながら、編集局長として貫禄の演技を見せているヘレン・ミレン、不仲の夫との微妙な生活、その友人でもある主人公と関係を持つロビン・ライト、事件の真相を知るジェイソン・ベイトマン、黒幕的存在の院内総務ジェフ・ダニエルズ、暗殺者マイケル・ベレッセ等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020