4240 Movies

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド There Will Be Blood (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1927年に発表された、アプトン・シンクレアの小説”Oil!”(石油!)の映画化。
まとまった金を手にしてあらゆる人間から遠ざかるのが夢だという、はみ出し者の野心家の成功と挫折の半生を描いた、製作、監督、脚本は注目のポール・トーマス・アンダーソン、主演ダニエル・デイ=ルイスポール・ダノケヴィン・J・オコナーキアラン・ハインズ共演の大河ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ダニエル・デイ=ルイス / Daniel Day-Lewis / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
製作
ジョアン・セラー

ポール・トーマス・アンダーソン
ダニエル・ルピ
製作総指揮
スコット・ルーディン

エリック・シュローサー
原作:アプトン・シンクレア
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:ディラン・ティチェナー
美術・装置
ジャック・フィスク

ジム・エリクソン
音楽:ジョニー・グリーンウッド

出演
ダニエル・デイ=ルイス:ダニエル・プレインヴュー
ポール・ダノ:ポール/イーライ・サンデー
ケヴィン・J・オコナー:ヘンリー・ブランド
キアラン・ハインズ:フレッチャー・ハミルトン
ディロン・フリーシャー:H・W・プレインヴュー
ラッセル・ハーヴァード:H・W(成人)

アメリカ 映画
配給
Paramount Vantage
ミラマックス

2007年製作 158分
公開
北米:2007年12月26日
日本:2008年4月26日
制作費 $25,000,000
北米興行収入 $40,218,900
世界 $76,181,550


アカデミー賞 ■
第80回アカデミー賞
・受賞
主演男優(ダニエル・デイ=ルイス)
撮影賞
・ノミネート
作品・監督・脚色・編集・美術・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1898年、ニューメキシコ州
山師ダニエル・プレインヴュー(ダニエル・デイ=ルイス)は、単独で金を、そして1902年には石油を掘り当てる。

1911年。
石油採掘の交渉に向かうプレインヴューは、その場に必ず息子のH・W(ディロン・フリーシャー)を伴い、強引且つ迅速な作業を売り物に次々と採掘権を手に入れていく。

ある日、ポール・サンデー(ポール・ダノ)という青年が現れ、カリフォルニアの小さな町リトル・ボストンに、石油が眠っているという情報をプレインヴューに売ろうとする。

プレインヴューとH・Wは、早速その土地を訪ね、ウズラ狩りを装い周辺の土地の調査を始める。

その土地に石油があることを確認したプレインヴューは、土地を買い叩こうととするが、ポールの双子の弟イーライ(ポール・ダノ)が横槍を入れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1911年。
石油採掘業者ダニエル・プレインヴューは、息子のH・Wを伴い、強引且つ迅速な作業を売り物に、次々と採掘権を手に入れいた。
ある日、ポールという青年がプレインヴューを訪ね、カリフォルニアの小さな町に、石油が眠っているという情報をに売ろうとする。
その土地をH・Wと視察したプレインヴューは、石油があることを確信して買い叩こうとするが、ポールの双子の弟イーライに横槍を入れられる。
試掘をして石油が出た場合、”第3の啓示教会”の牧師であるイーライに、5000ドルを寄付することを約束したプレインヴューは、周辺の土地も全て手に入れようとする。
やがて、その土地から石油を掘り出すことに成功したプレインヴューだったが、H・Wは事故で聴力を失い、約束通り金を要求してきたイーライとの対立が激しくなる・・・。
____________

主人公のキャラクターの印象から、重苦しいドラマを想像するが、ストーリーは単純明快で解り易く見応えがあり、2時間40分の長編も全く飽きることなく観れる作品。

第80回アカデミー賞では、作品賞以下8部門にノミネートされ、主演男優賞(ダニエル・デイ=ルイス)と撮影賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督・脚色・編集・美術・音響編集賞

強烈なインパクトで他を圧倒する主人公の生き様を、繊細且つ大胆に描いたポール・トーマス・アンダーソンの演出手腕は光る。

主人公の強靭な意志と、特異な性格を象徴するような油井の爆破炎上シーンなど、アカデミー賞を受賞したロバート・エルスウィットの撮影も素晴らしい。

ジョニー・グリーンウッドの音楽は力強く、また、サスペンス作品のようなナンバーも興味深い。

欲望と野心、唯一の肉親である息子への愛情と二度にわたる裏切り、人間味を感じさせる一方で見せる非情さなど、たった一人で何人分もの人物を演じたかのような、ダニエル・デイ=ルイスの重厚な演技は秀逸だ。

リトル・ミス・サンシャイン」(2006)の沈黙を守る少年から一転、カリスマ牧師を熱演したポール・ダノ、詐欺師がバレて主人公に殺されるケヴィン・J・オコナー、彼にしては小さな役柄が残念なキアラン・ハインズ、主人公の息子を好演したディロン・フリーシャーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020