4234 Movies

スパイダーマン:ホームカミング Spider-Man: Homecoming (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スタン・リースティーヴ・ディッコによる、1963年に”マーベル・コミック”で連載が開始された人気キャラクター”スパイダーマン”が活躍する実写映画の6作目。
再リブート・シリーズの第1作であり”マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”シリーズに属する。
アベンジャーズに加わる夢を抱きながらスパイダーマンとして市民を守るピーター・パーカーが、強力兵器を開発した悪党に立ち向かう姿を描く、監督、脚本ジョン・ワッツ、主演トム・ホランドマイケル・キートンジョン・ファヴローロバート・ダウニーJr.マリサ・トメイ他共演のアクション大作。


アクション/アドベンチャー

ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ワッツ

製作
ケヴィン・ファイギ
エイミー・パスカル
製作総指揮
ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
パトリシア・ウィッチャー
ジェレミー・ラーチャム
アヴィ・アラッド
マット・トルマック
スタン・リー
原作
スパイダーマン
スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
原案
ジョナサン・ゴールドスタイン
ジョン・フランシス・デイリー
脚本
ジョナサン・ゴールドスタイン
ジョン・フランシス・デイリー
ジョン・ワッツ
クリストファー・フォード
クリス・マッケナ
エリック・ソマーズ
撮影:サルヴァトーレ・トティーノ
編集
ダン・レーベンタール
デビー・バーマン
音楽:マイケル・ジアッキーノ

出演
ピーター・パーカー/スパイダーマン:トム・ホランド
エイドリアン・トゥームス/バルチャー:マイケル・キートン
ハロルド“ハッピー”ホーガン:ジョン・ファヴロー
トニー・スターク/アイアンマン:ロバート・ダウニーJr.
ヴァージニア“ペッパー”ポッツ:グウィネス・パルトロー
ミシェル”MJ”ジョーンズ:ゼンデイヤ
メイ・パーカー:マリサ・トメイ
アーロン・デイヴィス:ドナルド・グローヴァー
ネッド・リーズ:ジェイコブ・バタロン
リズ・トゥームス:ローラ・ハリアー
ユージーン“フラッシュ”トンプソン:トニー・レヴォロリ
ハーマン・シュルツ/ショッカーⅡ:ボキーム・ウッドバイン
アン・マリー・ホーグ:タイン・デイリー
エイブ・ブラウン:エイブラハム・アター
シンディ・ムーン:ティファニー・エスペンセン
ベティ・ブラント:アンガーリー・ライス
ジェイソン・イオネッロ:ジョージ・レンデボーグJr.
ロジャー・ハリントン:マーティン・スター
モリタ:ケネス・チョイ
カレン(声):ジェニファー・コネリー
フィニアス・メイソン/ティンカラー:マイケル・チャーナス
ジャクソン・ブライス/ショッカーⅠ:ローガン・マーシャル=グリーン
マック・ガーガン:マイケル・マンド
ドリス・トゥームス:ガーセル・ボヴェイ
F.R.I.D.A.Y.(声):ケリー・コンドン
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ:クリス・エヴァンス
デルマー:ヘムキー・マデーラ
ゲーリー:スタン・リー

アメリカ 映画
配給 ソ ニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
2017年製作 175分
公開
北米:2017年7月7日
日本:2017年8月11日
製作費 $175,000,000
北米興行収入 $334,201,100
世界 $880,166,920


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
”アベンジャーズとチタウリの戦い”の後、街の清掃を請け負う会社を経営するエイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)は、”D.O.D.C.”ダメージ・コントロール長官アン・マリー・ホーグ(タイン・デイリー)から仕事を奪われてしまう。

回収品はすべて引き渡すよう伝えたホーグは、納得しないトゥームスに、上司に訴えるよう伝えてその場を去る。

政府と共にD.O.D.Cを設立したトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)に口出しできるはずがないトゥームスだったが、回収品したチタリウムの残骸を利用することを考える。

8年後。
部下たちと共に計画を実行したトゥームスは、ハイテク兵器を開発し、自ら飛行スーツを着用して密売し、大儲けをしていた。

アベンジャーズの内乱の際にスタークにスカウトされ研修生となったピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)は、スタークの部下ハロルド“ハッピー”ホーガン(ジョン・ファヴロー)と共にベルリンに向かう。

スタークから新しいスーツを受け取ったピーターは、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)らに会い興奮する。

帰国したピーターは、アベンジャーズへの参加はまだ早いと判断したスタークから、連絡すると言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「スパイダーマン」(2002)
・「スパイダーマン2」(2004)
・「スパイダーマン3」(2007)

・「アメイジング・スパイダーマン」(2012)
・「アメイジング・スパイダーマン2」(2014)

・「スパイダーマン:ホームカミング」(2017)
・「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(2019)

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
アベンジャーズに参加することを希望するピーター・パーカー/スパイダーマンは、トニー・スタークに研修生としてテストされていた。
”アベンジャーズとチタウリの戦い”の後に、残骸を利用して兵器を開発し密売していたトゥームスらの動きを知ったピーターは、スタークの警告も聞かづに立ち向かおうとするのだが・・・。
__________

スタン・リースティーヴ・ディッコの創造による”マーベル・コミック”の人気キャラクター”スパイダーマン”が活躍する作品としては6作目、再リブート・シリーズの第1作であり”マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”シリーズに属する作品としては16作目となる。

スパイダーマンとしてアベンジャーズに加わることを希望する主人公のピーター・パーカーが、新たに現れた悪党に立ち向かい、トニー・スタークに認められるまでを描いた作品。

スパイダーマンがアベンジャーズと絡むという内容なのでくどくなるように思えたが、シリーズの過去の作品とは一味違う、学園ドラマを観ているような雰囲気で展開する。
それに加え、強力な兵器を開発した犯罪者に立ち向かう主人公が活躍するアクションシーンの迫力など、見応えある作品に仕上がっている。

シリーズの中でもかなり評価が高い作品であり、北緯米興行収入は約3億3400万ドル、全世界では約8億8000万ドルの大ヒットとなりシリーズ最高を記録した。

ピーター・パーカー/スパイダーマンを演ずるトム・ホランドは、アベンジャーズ加入を希望しながら悪党に立ち向かう主人公を熱演し、彼と対決するエイドリアン・トゥームス/バルチャーを演じたマイケル・キートンの雰囲気ある演技は、作品に重みを加えている。

主人公を見守りながらテストするトニー・スターク/アイアンマンのロバート・ダウニーJr.、その部下で主人公の監視役ハロルド“ハッピー”ホーガンのジョン・ファヴロー、スターク・インダストリーズCEOであるスタークの恋人ヴァージニア“ペッパー”ポッツのグウィネス・パルトロー、主人公とは学力コンテスト・チームの同僚で、次回作からメインのヒロインとなるミシェル”MJ”ジョーンズのゼンデイヤ、主人公の叔母メイ・パーカーのマリサ・トメイ、トゥームスらから武器を手に入れようとする犯罪者アーロン・デイヴィスのドナルド・グローヴァー、主人公の正体を知る親友ジェイコブ・バタロン、主人公が憧れる女性でトゥームスの娘ローラ・ハリアー、その母親ガーセル・ボヴェイ、主人公を嫌うチームの同僚ユージーン“フラッシュ”トンプソンのトニー・レヴォロリ、トゥームスの部下ハーマン・シュルツ/ショッカーⅡのボキーム・ウッドバイン、フィニアス・メイソン/ティンカラーのマイケル・チャーナス、ジャクソン・ブライス/ショッカーⅠのローガン・マーシャル=グリーン、”D.O.D.C.”ダメージ・コントロール長官アン・マリー・ホーグのタイン・デイリー、学力コンテスト・チームの一員エイブラハム・アターティファニー・エスペンセン、ミッドタウン・ハイ・スクールのニュースチャンネルのパーソナリティ、アンガーリー・ライスジョージ・レンデボーグJr.、学力コンテスト・チームの顧問マーティン・スター、校長のケネス・チョイ、スパイダーマン・スーツのAIの声ジェニファー・コネリー、トゥームスの取引相手マイケル・マンド、アイアンマンのサポートAI”F.R.I.D.A.Y.”の声ケリー・コンドン、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカのクリス・エヴァンス、主人公が通うサンドイッチ店のオーナー、ヘムキー・マデーラ、そして、スタン・リーが街の住人で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020