4234 Movies

スパイダーマン Spider-Man (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スタン・リースティーヴ・ディッコによる、1963年に”マーベル・ コミック”で連載が開始された人気キャラクター”スパイダーマン”の映画版シリーズの第1作。
スパイダーマンの誕生秘話と、ロマンスと友情、新薬で強靭なパワーを持ったグリーン・ゴブリンとの戦いを描く、監督サム・ライミ、主演トビー・マグワイアウィレム・デフォーキルスティン・ダンストジェームズ・フランコ他共演のアクション大作。


・アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:サム・ライミ
製作総指揮
スタン・リー

アヴィ・アラド
製作
イアン・ブライス

ローラ・ジスキン
グラント・カーティス
原作
スタン・リー

スティーヴ・ディッコ
脚本:デヴィッド・コープ
撮影:ドン・バージェス
編集
ボブ・ムラウスキー

アーサー・コバーン
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ピーター・パーカー/スパイダーマン:トビー・マグワイア

ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン:ウィレム・デフォー
メリー・ジェーン・ワトソン: キルスティン・ダンスト
ハリー・オズボーン/ニュー・ゴブリン:ジェームズ・フランコ
ベン・パーカー::クリフ・ロバートソン
メイ・パーカー:ローズマリー・ハリス
J・ジョナ・ジェイムソン:J・K・シモンズ
ジョセフ”ロビー”ロバートソン:ビル・ナン
ベティ・ブラント:エリザベス・バンクス
ホフマン:テッド・ライミ
フラッシュ・トンプソン: ジョー・マンガニエロ
メンデル・ストローム博士:ロン・パーキンス
スローカム将軍:スタンリー・アンダーソン
ヘンリー・バルカン:ジャック・ベッツ
マクシミリアン・ファーガス:ゲリー・ベッカー
ボーン・ソー・マッグロー:ランディーサヴェージ
リング・アナウンサー:ブルース・キャンベル
レスリング会場の受付:オクタビア・スペンサー
レスリングのプロモーター:ラリー・ジョシュア
祭典の男性:スタン・リー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2002年製作 121分
公開
北米:2002年5月3日
日本:2002年5月11日
製作費 $139,000,000
北米興行収入 $403,706,380
世界 $821,708,550


アカデミー賞 ■
第75回アカデミー賞
・ノミネート
録音・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーククイーンズ
幼くして両親を亡くした高校生ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は、伯父夫婦ベンとメイ(クリフ・ロバートソン/ローズマリー・ハリス)に引き取られて暮らしていた。

科学に興味を持つピーターは、隣人でクラスメイトのメリー・ジェーン・ワトソン(キルスティン・ダンスト)に心を寄せていた。

ある日、コロンビア大学の自然科学部見学の課外授業で、ピーターは、親友ハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)に促され、思い切ってメリー・ジェーンに声をかける。

メリー・ジェーンの写真を撮っていたピーターは、ケースを抜け出していた、遺伝子を組み換えた新種のスーパー・スパイダーに噛まれてしまう。

ハリーの父で科学者でもある”オズコープ”のCEOノーマン・オズボーン(ウィレム・デフォー)は、スローカム将軍(スタンリー・アンダーソン)から、軍事目的の新薬であるパワー増強剤の人体実験を急ぐよう迫られる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スパイダーマン」(2002)
・「スパイダーマン2」(2004)
・「スパイダーマン3」(2007)
・「アメイジング・スパイダーマン」(2012)
・「アメイジング・スパイダーマン2」(2014)

*(簡略ストー リー)
幼い頃に両親を亡くし、伯父夫婦ベンとメイに育てられた高校生のピーター・パーカーは、隣に住むクラスメイトのメリー・ジェーンに心を寄せていた。
そんなピーターは、課外授業で、遺伝子を組み換えられたスーパー・スパイダーに手を噛まれてしまう。
その後、ピーターは体調を崩すものの、翌朝、全ての感覚に変化が起きていることに気づく。
超人的な能力を身に付けたピーターは思い上がり、伯父ベンの助言に耳を貸さない。
そんな時、ピーターのそんな考えにより、皮肉にも伯父が殺害される事件が起きる。
一方、ピーターの親友ハリーの父で、科学者でもあるオズボーンは、軍部から新薬の開発を急ぐよう迫られていた。
オズボーンは自ら実験台となり、強靭なパワーを持つ怪人との二重人格者になってしまう。
伯父ベンの助言を聞かなかったことを後悔したピーターは、世の中の悪を倒すために、自分の能力を生かそうと決意し、”スパイダーマン”となり街を守ろうとする。
その頃、オズボーンは、自ら作り上げた会社を追放され、独自で全てを支配することを考え、その妨げになるスパイダーマンを倒そうとするのだが・・・。
__________

実写化が待望され、1億3900万ドルをかけて、ついに製作された本作は、期待通りのメガヒットとなり、圧倒的な指示を受けた。

その後のシリーズ作品を見ると、”序章”ということもあり、スパイダーマン自体の活躍映像はやや控え目にも思えるが、アメリカ社会の底辺を支える一般庶民が、とてつもない能力を得て、派手な武器などを使わずに悪と戦う姿が、痛快且つ爽やかに描かれているところが魅力の一つでもある。

サム・ライミの、軽快でシャープな演出も見応えがあり、あっさりとした、押し付けがましくない若者のロマンス展開もうなずける。

第75回アカデミー賞では、録音、視覚効果賞にノミネートされた。

北米興行収入はなんと約4億ドル、全世界では約8億2200万ドルという驚異的な記録を作り、コロンビア・ピクチャーズを、この年の業界No.1とする原動力となった。

温厚で優しい雰囲気の少年トビー・マグワイアは、いかにも庶民の代表のようであり、実にいいキャラクターだ。
争いや戦いに縁のない少年と、スーパーヒーローのギャップが見事な効果をあげ、既に実力を評価されていた彼のキャリアを決定付けた作品でもある。

公開当時、どうもミスキャストに思えたキルスティン・ダンストだが、今見ると実に自然に見えるのは、フィーバー気味の公開時に、ヒロインに期待し過ぎたからだろうか・・・。
主人公と同じく、家庭に恵まれず、夢の実現も程遠い普通の女性を好演し、チャーミングな笑顔も印象に残る。

こちらも、公開当時、驚きの役柄だった実力派ウィレム・デフォーも熱演し、今後のシリーズで活躍する息子役ジェームズ・フランコも注目の存在だ。

主人公に大きな影響を与える伯父役、大ベテランのクリフ・ロバートソンと伯母ローズマリー・ハリス、”デイリー・ビューグル”編集長J・K・シモンズ、その秘書役エリザベス・バンクス、同じく編集者ビル・ナン、助手のテッド・ライミ、主人公に嫌がらせをするクラスメイトのジョー・マンガニエロ、オズコープ社の研究者ロン・パーキンス、オズボーン(W・デフォー)に新薬開発を急がせる将軍役スタンリー・アンダーソン、レスラーのランディーサヴェージ、リング・アナウンサーのブルース・キャンベル、レスリング会場の受付オクタビア・スペンサー、プロモーターのラリー・ジョシュア、そして、タイムズスクウェアの祭典で、原作者スタン・リーが一瞬登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020