4239 Movies

深く静かに潜航せよ Run Silent, Run Deep (1958)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アメリカ海軍中佐エドワード・L・ビーチJr.の体験を基に、1955年に発表された小説”Run Silent, Run Deep”を原作に製作された作品。
出演者バート・ランカスターが、ハロルド・ヘクトと組んだ独立プロの”ヘクト=ランカスター・プロ”の作品。
監督ロバート・ワイズ、主演クラーク・ゲーブルジャック・ウォーデンブラッド・デクスタードン・リックルズ共演による戦争ドラマの秀作。


ドラマ(戦争)

クラーク・ゲーブル / Clark Gable / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ワイズ
製作:ハロルド・ヘクト
原作:エドワード・L・ビーチJr.
脚本:ジョン・ゲイ
撮影:ラッセル・ハーラン
編集:ジョーギ・ボームラー
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
”リッチ”リチャードソン:クラーク・ゲーブル

ジム・ブレッドソー:バート・ランカスター
ミューラー:ジャック・ウォーデン
ローラ・リチャードソン:メアリー・ラロシュ
カートライト:ブラッド・デクスター
ルッソ:ニック・クラヴァット
ルビー:ドン・リックルズ
ラート:エディ・フォイJr.
コーラー:ジョー・マロス
カレン:ルディー・ボンド

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1958年製作 92分
公開
北米:1958年3月27日
日本:1958年5月27日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1942年、太平洋戦争の最中、日本の豊後水道
”リッチ”リチャードソン中佐(クラーク・ゲーブル)艦長が指揮するアメリカ海軍の潜水艦は、日本軍の輸送船に撃沈される。

1年後、真珠湾
責任を取り待命中のリチャードソンは、部下のミューラー(ジャック・ウォーデン)から、豊後水道で最近の一隻を含め、既に4隻の潜水艦が沈められていることを知らされる。

リチャードソンは、艦長の負傷で副官が指揮を執るナーカ潜水艦の寄港を知る。

部下に慕われる、ナーカの副艦長ジム・ブレッドソー大尉(バート・ランカスター)は、艦長用のジャケットを部下達から贈られる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アメリカ海軍の潜水艦艦長リチャードソン中佐は、日本の豊後水道で撃沈されてしまう。
1年後、リチャードソンは、指揮官のいない潜水艦に強引に艦長として乗り込み、目的地を偽り撃沈の復讐のため豊後水道を目指す。
部下からの信頼厚い副艦長ブレッドソーは、仕方なく副官として艦に乗り込むものの、リチャードソンとことごとく対立してしまう。
猛訓練と指導力で、リチャードソンは、それなりの成果を発揮し、多くの乗組員の信頼は得る。
しかしブレッドソーは、最危険地域の豊後水道が目的地だと知り、それを艦長に追求するのだが・・・。
__________

アメリカ国防総省海軍全面協力の下、多くの場面で使用された実戦艦”レッドフィッシュ”による海上撮影の迫力と、ミニチュアを利用した巧みな戦術を駆使した戦闘場面が、ゲームのような面白さで描かれ、当時の技術を考えると、その仕上がりの良さが際立つ作品でもある。

見事な海戦シーンもさることながら、軍服が良く似合う男臭いクラーク・ゲーブルバート・ランカスターの共演が最大の話題となった作品で、大柄な二人が、狭い艦内で繰り広げるバトルと、敵艦との心理戦など、行き詰る場面を緻密に描いたロバート・ワイズの演出も合わせて、見応え十分だ。

緊迫感溢れる男達の戦いを、見事に描写したラッセル・ハーランの撮影、その映像を生かし、効果的にサポートするフランツ・ワックスマンの音楽も素晴らしい。

晩年の作品となったクラーク・ゲーブルは2年後に亡くなるのだが、本作では、衰えを全く感じさせない”復讐鬼”に近い、一刻な艦長を熱演している。

実際には、彼と一回り年齢が違うバート・ランカスターだが、この時期既にキャリアでクラーク・ゲーブルには負けていないだけあり、対等以上に渡り合っている。
憎しみまで抱くものの、亡くなった艦長をラストで称える姿は実に爽やかだ。

孤立する艦長を、副官として常に支えるジャック・ウォーデン、艦長の妻メアリー・ラロシュ、艦長を解任させようとする少尉ブラッド・デクスター、炊事係のニック・クラヴァット、操舵手ドン・リックルズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020