4233 Movies

アメリカ上陸作戦 The Russians Are Coming, the Russians Are Coming (1966)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1961年に発表された、ナサニエル・ベンチリーの小説”The Off-Islanders ”を基にウィリアム・ローズが脚色した作品。
誤って座礁してしまったソ連の潜水艦の出現で混乱する人々を、後に幅広い分野の作品を手がけることになる製作を兼ねるノーマン・ジュイソンが米ソ冷戦や群集心理を大いに皮肉って描く、主演カール・ライナーエヴァ・マリー・セイアラン・アーキンブライアン・キース他共演による抱腹絶倒の爆笑傑作コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ノーマン・ジュイソン
製作:ノーマン・ジュイソン
原作:ナサニエル・ベンチリー
脚本:ウィリアム・ローズ
撮影:ジョセフ・F・バイロック
編集
ハル・アシュビー

J・テリー・ウィリアムス
音楽:ジョニー・マンデル

出演
ウォルト・ホイッテカー:カール・ライナー

エルスペス・ホイッテカー:エヴァ・マリー・セイント
ユーリ・ロザノフ:アラン・アーキン
リンク・マトックス:ブライアン・キース
艦長:セオドア・ビケル
フェンドール・ホーキンス:ポール・フォード
ノーマン・ジョナス:ジョナサン・ウィンターズ
アレクセイ・コルチン:ジョン・フィリップ・ロー
アリス・フォス:テシー・オシア
アリソン・パーマー:アンドレア・ドロム
スタンリー:マイケル・J・ポラード
ミュリエル・エヴェレット:ドーロ・メランデ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1966年製作 125分
公開
北米:1966年5月25日
日本:1966年11月26日


アカデミー賞 ■
第39回アカデミー賞
・ノミネート
作品
主演男優(アラン・アーキン)
脚色・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
マサチューセッツ湾アン岬
ソ連の潜水艦が誤って座礁してしまい、乗組員のユーリ・ロザノフ(アラン・アーキン)らが浜辺に上陸する。

休暇で、その地に滞在していたブロードウェイの脚本家ウォルト・ホイッテカー(カール・ライナー)と妻エルスペス(エヴァ・マリー・セイント)の家のガレージを、ロザノフらは探り始める。

ホイッテカーは、それに気づいた息子の話に聞く耳を持ず、そこに、ロザノフとアレクセイ・コルチン(ジョン・フィリップ・ロー)が訪ねて来る。

ボートを借りるために、車を貸して欲しいというロザノフらに不信感を抱いたホイッテカーは、彼らがロシア人でないかと思い始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

原作者ナサニエル・ベンチリーの父はユーモアリストのロバート・ベンチリーで、息子のピーター・ベンチリーは映画「ジョーズ」(1975)の原作者である。

*(簡略ストー リー)
ソ連の潜水艦が、アメリカ北東部の海岸で誤って座礁してしまう。
休暇でその地を訪れていた、ブロードウェイの脚本家のウォルト・ホイッテカーは、上陸した水兵ロザノフらに車を貸すことになる。
ロザノフらは、港のボートを拝借して潜水艦を救おうと考えるが、ひょんなことから、ロシアの侵略者にされてしまい、噂が町中に広まってしまう。
怯えて逃げ出す者や立ち向かって戦おうとする者達が騒ぎ始め、町は警察を含め混乱を極める。
座礁した潜水艦を救おうとしているだけだと言う、ホイッテカーの説明は受け入れられず、やがて、満潮で難を逃れた潜水艦が港に現れる。
そして、艦長は部下が人質に取られたものと思い込み、住民に向け攻撃を開始しようとするのだが・・・。
__________

多くの事件現場を、短いカットで入れ替わり映し出す手法が実に小気味好く、個性溢れる登場人物を生かした、ノーマン・ジュイソンの無駄のない演出も光る快心作だ。

第39回アカデミー賞では、作品、主演男優(アラン・アーキン)、脚色、編集賞にノミネートされた。

のどかな港町の素朴な人々が、ロシア人上陸を宇宙人襲来のように大袈裟に捉え、うろたえる姿が実に可笑しい。

オープニングからラストまで、ほとんど慌てふためいているカール・ライナーの、生真面目さも漂わせる役柄は、主役というより、要所を締めるインパクトのある存在としていい味を出している。

ロシア語と英語の混合セリフも見事な、10年ほど前にデビューはしていたものの、本作が彼のキャリアを決定付けたとも言える、カール・ライナーと同じく、現在でも活躍し続けているアラン・アーキンの、生きのいい演技がみものだ。

クライマックスで抜群のアイデアを出し、少ない出番を一気にカバーする主人公の妻エヴァ・マリー・セイント、警察署長ブライアン・キース、潜水艦艦長セオドア・ビケルロシア人撃滅を掲げ住民を扇動する退役軍人ポール・フォード、警官ジョナサン・ウィンターズ、気の好いロシア人水兵ジョン・フィリップ・ロー、彼と恋仲になるアンドレア・ドロム、電話交換手テシー・オシア、飛行場のメカニックマイケル・J・ポラード、騒ぎの種を蒔く郵便局のドーロ・メランデなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020