4186 Movies

ノーカントリー No Country for Old Men (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

2005年に発表された、コーマック・マッカーシーの”No Country for Old Men”の映画化。
動のジョシュ・ブローリン、恐怖のハビエル・バルデム、静のトミー・リー・ジョーンズ、それぞれの信ずる思惑がいかにしてぶつかり合うか・・・。
自らの作品の中で最も暴力的だと語る製作、監督、脚本、編集を兼ねるコーエン兄弟がリアリズムを追求して描く、主演トミー・リー・ジョーンズハビエル・バルデムジョシュ・ブローリンウディ・ハレルソンケリー・マクドナルド共演による犯罪ドラマの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

コーエン兄弟 / Joel Coen, Ethan Coen 作品一覧
トミー・リー・ジョーンズ / Tommy Lee Jones / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョエル&イーサン・コーエン
製作:
ジョエル&イーサン・コーエン

スコット・ルーディン
製作総指揮:
ロバート・グラフ

マーク・ロイバル
原作:コーマック・マッカーシー
脚本:ジョエル&イーサン・ コーエン
編集:ジョエル&イーサン・ コーエン
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:カーター・バーウェル

出演
トミー・リー・ジョーンズ:エド・トム・ベル保安官
ハビエル・バルデム:アントン・シガー
ジョシュ・ブローリン:ルウェリン・モス
ウディ・ハレルソン:カーソン・ウェルズ
ケリー・マクドナルド:カーラ・ジーン・モス
スティーブン・ルート:シガー、ウェルズの雇い主
ベス・グラント:アグネス
ギャレット・ディラハント:ウェンデル保安官補
テス・ハーパー:ロレッタ・ベル
バリー・コービン:エリス

アメリカ 映画
配給 ミラマックス / パラマウント・バンテージ
2007年製作 122分
公開
北米:2007年11月21日
日本:2008年3月15日
制作費 $25,000,000
北米興行収入 $74,273,510
世界 $171,627,170


アカデミー賞 ■
第80回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
助演男優(ハビエル・ バルデム)
脚色賞
・ノミネート
撮影・編集・録音・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1980年6月、テキサス州西部
祖父も父親も保安官で、25歳から保安官を続けるエド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は、増え続ける凶悪犯罪を理解できず嘆き悲しむ。

逮捕された殺し屋アントン・シガー(ハビエル・ バルデム)は、保安官補を殺して、武器の圧縮ボンベのエアーガンを持ちパトカーで逃亡する。

一般の車を止めたシガーは、何のためらいもなく運転手をエアガンで殺害して車を奪う。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1980年6月、テキサス州西部
狩りをしていたルウェリン・モスは、死体が散乱する麻薬の取引現場を発見する。
大量のヘロインと大金を見つけたモスは、その現金を持ち去ってしまう。
帰宅したモスは、妻カーラ・ジーンの質問に答えずに眠ろうとするが、現場が気になり再びその場に向かう。
しかし、モスは、現金の行方を追う者達に襲撃されて逃亡する。
家に戻ったモスは、カーラ・ジーンを実家に帰し、現金を持って逃亡の旅に出る。
その頃、無差別殺人を繰り返す殺し屋アントン・シガーは、モスの持ち去った現金を取り戻すため雇われる。
一方、殺人事件を追っていた保安官エド・トム・ベルは麻薬の取引現場に向かい、モスが事件に巻き込まれていることを知るのだが・・・。
__________

バックミュージックもない、淡々と進む単純明快な展開の中で突然訪れる恐怖は、異常なまでの緊張感を与え、観る者をドラマに引き込んでいく。

保安官トミー・リー・ジョーンズの視点で捉えた物語であり、数十年、警察官を勤めたにも拘らず、あまりに無力な自分や、金のために殺し合う人間の愚かさ、それに逆らうことが出来ない運命を、コーエン兄弟らしい、痛烈な皮肉も込めて描いている。

第80回アカデミー賞では、8部門にノミネートされ、作品、監督、助演男優(ハビエル・ バルデム)、脚色賞を受賞した。
・ノミネート
撮影・編集・録音・音響編集賞

挿入曲などはないが、音楽担当はコーエン兄弟の盟友カーター・バーウェル、同じくロジャー・ディーキンスが撮影を担当している。

北米興行収入は約7400万ドルに留まるが、全世界では、約1億7200万ドルのヒットとなった。

自分の警察人生を見つめ直しながら、黙々と逃亡者と殺し屋を追う、老練保安官を演ずるトミー・リー・ジョーンズの、深みのある演技は素晴らしい。

殺人鬼役ハビエル・バルデムの全身から漂う恐怖感は、映画史上に残るキャラクターとも言える。

殺し屋には似合わない独特なヘアースタイル、無表情で不敵な面構えで迫る、圧縮ボンベのエアーガンと黒づくめの衣装、そして哲学的とも言える自分の殺しのルールを徹底して貫き通す姿は凄まじい迫力だ。

モス(J・ブローリン)に撃たれたて、自分の足を治療する手際のよさや医療知識から知性も感じ、何を目的に殺しを続けるのか、周辺の人間には全く理解できない描写で、プロの殺し屋としての恐ろしさを表現している。

アメリカン・ギャングスター」(2007)や「ミルク」(2008)など話題作の出演が続いていた、退役軍人としてのタフさが印象的なジョシュ・ブローリンの好演も光る。

普通ならば凄みのある殺し屋だろうが、シガーに子供扱いされ、あっさり消されてしまうウディ・ハレルソン、何の罪もないままシガーの餌食になってしまうモスの妻ケリー・マクドナルド、その母親ベス・グラント、殺し屋達の雇い主スティーブン・ルート、経験の浅い保安官補ギャレット・ディラハント、ベル保安官の妻テス・ハーパー、元保安官バリー・コービンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020