4504 Movies

ベン・イズ・バック Ben Is Back (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

薬物依存症の息子を守ろうとする母親の苦悩を描く、製作、監督、脚本ピーター・ヘッジズ、主演ジュリア・ロバーツルーカス・ヘッジズコートニー・B・ヴァンスキャスリン・ニュートンレイチェル・ベイ・ジョーンズ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ピーター・ヘッジズ
製作
ニーナ・ジェイコブソン
ブラッド・シンプソン
テディ・シュウォルツマン
ピーター・ヘッジズ
製作総指揮
ダニエル・スタインマン
マイカ・グリーン
ダン・フリードキン
ベン・スティルマン
マイケル・ハイムラー
ジェーン・エヴァンズ
ミッキー・リデル
ピート・シレイモン
脚本:ピーター・ヘッジズ
撮影:スチュアート・ドライバーグ
編集:イアン・ブルーム
音楽:ディコン・ハインクリフェ

出演
ホリー・バーンズ=ビーバイ:ジュリア・ロバーツ
ベン・バーンズ:ルーカス・ヘッジズ
ニール・ビーバイ:コートニー・B・ヴァンス
アイヴィー・バーンズ:キャスリン・ニュートン
ベス・コニュアーズ:レイチェル・ベイ・ジョーンズ
スペンサー”スパイダー”ウェブ:デヴィッド・サルディヴァル
カーラ・K:アレクサンドラ・パーク
クレイトン:マイケル・エスパー
フィル:ティム・ギニー
リッチマン:ヘンリー・ストラム
サリー:マイラ・ルクレティア・テイラー
クレイン夫人:クリスティン・グリフィス
レイシー・バーンズ=ビーバイ:ミア・ファウラー
リアム・バーンズ=ビーバイ:ジャカリ・フレイザー

アメリカ 映画
配給
LD Entertainment
ロードサイド・アトラクションズ
Lionsgate
2018年製作 103分
公開
北米:2018年12月7日
日本:2019年5月24日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $3,703,180
世界 $10,134,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
クリスマス・イヴ。
ホリー・バーンズ=ビーバイ(ジュリア・ロバーツ)は、教会の劇で歌う娘アイヴィー(キャスリン・ニュートン)のリハーサルを、次女レイシー(ミア・ファウラー)と息子リアム(ジャカリ・フレイザー)と共に見守っていた。

ホリーの息子ベン(ルーカス・ヘッジズ)は、薬物依存症の治療のため、施設でリハビリを受けていた。

家族に知らせず家に戻ったベンは、留守だったために中に入れない。

子供たちと共に帰宅したホリーはベンの姿に気づき驚き、車から降りて息子を抱きしめる。

戸惑うアイヴィーは、義父ニール(コートニー・B・ヴァンス)に電話をする。

ホリーは、愛する息子ベンが戻ったことを喜ぶが、念のために薬類を隠し、心配するアイヴィーに監視するよう指示する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
クリスマス・イヴ。
ホリー・バーンズ=ビーバイは、薬物依存症の治療で施設にいるはずの息子ベンが戻って来たために驚く。
戻るべきだと義父ニールに意見されたベンは、施設に戻ろうとする。
ホリーは、約束を破ったもののベンとクリスマスを過ごしたいため、ニールと話し合い、自分の監視下で1日だけベンを滞在させることで納得してもらうのだが・・・。
__________

小説家、劇作家、脚本家、映画監督及びプロデューサーとして活躍するピーター・ヘッジズが、人気スターのジュリア・ロバーツと息子のルーカス・ヘッジズを起用し、製作、脚本を兼ねて監督した作品。

薬物依存症の息子を守ろうとする母親の苦悩を描くドラマ。

アメリカの抱える薬物問題と、複雑な家族関係を切実に描いた内容は他にもあるものの、抑え気味のピーター・ヘッジズの演出の中で、愛情ゆえに激しくぶつかり合う母子の葛藤を見事に描き、各方面で絶賛された作品。

主演のジュリア・ロバーツは、薬物依存症の息子の気持ちを理解しつつ厳しくも接する母親を熱演し、息子役のルーカス・ヘッジズも、依存症と家族の問題の狭間で苦しむ青年を好演し、若手の実力派としての才能を証明している。

主人公の夫であり、義理の息子の問題で苦労するコートニー・B・ヴァンス、主人公の娘キャスリン・ニュートン、主人公の知人で、娘をドラッグで亡くした母親レイチェル・ベイ・ジョーンズ、ベン(ルーカス・ヘッジズ)の幼馴染である依存症のデヴィッド・サルディヴァル、依存症のサポートグループのミーティングに参加した女性アレクサンドラ・パーク、同じくティム・ギニー、ドラッグの売人マイケル・エスパー、かつてベンと性的関係を持った歴史教師のヘンリー・ストラム、ベンが依存症になるきっかけを作る、鎮静剤を与えた医師の妻クリスティン・グリフィス、主人公の娘ミア・ファウラー、息子のジャカリ・フレイザーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021