4478 Movies

L.A.コンフィデンシャル L.A. Confidential (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1990年に発表された、ジェイムズ・エルロイの小説”L.A.コンフィデンシャル”中の”L.A.コンフィデンシャル”を基に製作された作品。
1950年代を舞台にロサンゼルス市警内部の”裏話”を描く、監督カーティス・ハンソンケヴィン・スペイシーラッセル・クロウガイ・ピアースキム・ベイシンガージェームズ・クロムウェルデヴィッド・ストラザーンダニー・デヴィート他共演の犯罪ドラマ。

ジェイムズ・エルロイ,ミッキー・コーエン,カーティス・ハンソン,ケヴィン・スペイシー,ラッセル・クロウ,ガイ・ピアース,キム・ベイシンガー,ジェームズ・クロムウェル,デヴィッド・ストラザーン,ダニー・デヴィート,Curtis Hanson L.A. Confidential James Ellroy Kevin Spacey Russell Crowe Guy Pearce James Cromwell David Strathairn Kim Basinger #Danny DeVito,L.A.コンフィデンシャル,


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ケヴィン・スペイシー / Kevin Spacey / Pinterest
ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:カーティス・ハンソン
製作
カーティス・ハンソン

ブライアン・ヘルゲランド
アーノン・ミルチャン
マイケル・ネイサンソン
製作総指揮
ダン・コルスラッド

デヴィッド・L・ウォルパー
原作:ジェイムズ・エルロイL.A.コンフィデンシャル
脚色
カーティス・ハンソン

ブライアン・ヘルゲランド
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集:ピーター・ホーネス
美術・装置
ジャニーン・オッペウェール

ジェイ・ハート
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジャック・ヴィンセンス:ケヴィン・スペイシー

ウェンデル”バド”ホワイト:ラッセル・クロウ
エドモンド・エクスリー:ガイ・ピアース
ダドリー・リーアム・スミス:ジェームズ・クロムウェル
リン・ブラッケン:キム・ベイシンガー
ピアース・モアハウス・パチェット:デヴィッド・ストラザーン
シド・ハジェンズ:ダニー・デヴィート
エリス・ロウ地方検事:ロン・リフキン
リチャード・アレックス”ディック”ステンズランド:グラハム・ベッケル
スーザン・レファーツ:アンバー・スミス
警察署長:ジョン・マホン
ミッキー・コーエンポール・ギルフォイル

ブレット・チェイス:マット・マッコイ
ジョニー・ストンパナートパオロ・セガンティ
マット・レイノルズ:サイモン・ベーカー
マイケル・ブリュウニング:トーマス・アラナ
ウィリアム・カーライル:マイケル・マクリーリー
タミー・ジョーダン:シャウニー・フリー・ジョーンズ

リーランド”バズ”ミークス:ダレル・サンディーン
イネス・ソト:マリソル・パディリア・サンチェス
レファーツ夫人:グウェンダ・ディーコン
市会議員:ジム・メッツラー

ラナ・ターナーブレンダ・バーキ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1997年製作 138分
公開
北米:1997年9月19日
日本:1998年7月18日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $64,616,900
世界 $126,216,900


アカデミー賞
第70回アカデミー賞

・受賞
助演女優(キム・ベイシンガー
脚色賞
・ノミネート
作品・監督・撮影・音楽・美術
音響・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1950年代、ロサンゼルス
タブロイド誌”Hush-Hush”の記者シド・ハジェンズ(ダニー・デヴィート)は、裏社会の帝王ミッキー・コーエンポール・ギルフォイル)が脱税容疑で逮捕され、 その後の覇権争いが激化することを記事にしていた。

クリスマスの夜。
ウェンデル”バド”ホワイト巡査(ラッセル・クロウ)は、パーティー気分の相棒リチャード・アレックス”ディック”ステンズランド(グラハム・ベッケル)と共に、仮出所した男の家を見張る。

ホワイトは、妻に暴力を振るう男を容赦なく痛めつけて署に連絡する。

テレビの人気刑事ドラマ”名誉のバッジ”のアドバイザーを務める巡査部長のジャック・ヴィンセンス(ケヴィン・スペイシー)は、ハジェンズの特ダネに加担しようとする。

エドモンド・エクスリー巡査部長(ガイ・ピアース)は、今は亡き伝説的な刑事を父に持ち、警部補昇級試験をトップでパスしたエリートであり、警部ダドリー・リーアム・スミス(ジェームズ・クロムウェル)に、刑事部への配属を希望する。

エクスリーは、スミスから、汚い仕事する必要がある刑事には向かないと言われて反対されるものの、考えを変える気はなかった。

酒屋に寄ったホワイトは、現れた美しい女性リン・ブラッケン(キム・ベイシンガー)に声をかけ、刑事と見抜かれる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ロサンゼルス
裏社会を牛耳るミッキー・コーエンの逮捕で、その後の派遣争いが激化する。
市警のホワイト刑事の相棒ステンズランドが容疑者に暴行する事件が起きる。
それをきっかけにして、売春組織や麻薬が絡む殺人事件が起き、警部補に昇進したエリート警官エクスリーも捜査に加わる。
麻薬課のジャック・ヴィンセンスも、売春組織絡みの殺人事件捜査を進め、ステンズランドと組織に雇われている元警官が、かつて刑事部長のスミスの部下だったことを知るのだが・・・。
__________

裏社会を支配しようとする陰謀を、当時の雰囲気を見事に再現してリアルに描いた、製作を兼ねるカーティス・ハンソンの脚本と演出が見どころの作品。

タフガイ(悪く言えば暴力刑事)と出世第一主義のエリート刑事の行動、彼らの捜査に関連すると思われる事件を調べる刑事とマスコミ他との関係などを含め、個性的なキャラクターが絡み合う物語に観る者は引き込まれる。

第70回アカデミー賞では、作品賞をはじめ9部門にノミネートされた。
タイタニック」が受賞をほぼ独占してしまった中で、キム・ベイシンガーの助演女優賞と脚色賞を受賞し、大絶賛された作品でもある。
・ノミネート
作品・監督・撮影・音楽・美術・音響・編集賞

2015年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

北米興行収入は約6500万ドル、全世界では約1億2600万ドルのヒットとなった。

1950年代の刑事ドラマの雰囲気を感じさせてくれる、ジェリー・ゴールドスミスの音楽も印象的だ。

主演のケヴィン・スペイシーは、物事を深く考えないタイプの世渡りがうまい強かな刑事を、雰囲気ある演技で見事に演ずじている。

その迫力ある演技で、主人公と言っていい存在感を見せる熱血刑事ラッセル・クロウと、彼とは全く違うタイプの人物を互角に演じたエリート警官役のガイ・ピアースの熱演は光る。

ヴェロニカ・レイク似(正直、似ていないような・・・)の高級娼婦を好演したキム・ベイシンガーは、既に40歳を過ぎていたにも拘らず、その美しさは際立つ。

事件の黒幕であった警部のジェームズ・クロムウェル、彼と共謀して裏社会を牛耳ろうとするデヴィッド・ストラザーン、タブロイド誌記者を個性的に演ずるダニー・デヴィート、同性愛者の地方検事ロン・リフキン、彼に近寄り陰謀に巻き込まれて殺される男優のサイモン・ベーカー、彼とマリファナを吸い逮捕される女優シャウニー・フリー・ジョーンズ、ホワイト(ラッセル・クロウ)の相棒グラハム・ベッケルリタ・ヘイワース似の娼婦アンバー・スミス、警察署長のジョン・マホン、ミッキー・コーエンポール・ギルフォイル、その手下ジョニー・ストンパナートパオロ・セガンティ、”名誉のバッジ”の主演男優マット・マッコイ、スミス部長(ジェームズ・クロムウェル)の悪事に加わる刑事トーマス・アラナとマイケル・マクリーリー、パチェット(デヴィッド・ストラザーン)の手下で元警官のダレル・サンディーン、レイプの被害に遭い救出されるものの偽証する女性マリソル・パディリア・サンチェス、スーザン(アンバー・スミス)の母親グウェンダ・ディーコン、リン(キム・ベイシンガー)の客である市会議員ジム・メッツラー、愛人ジョニー・ストンパナートと共に登場するラナ・ターナー役のブレンダ・バーキなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021