4312 Movies

マネーモンスター Money Monster (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気テレビ番組のMCを務める金融エキスパートが、自分の指示に従ったために損失を出した青年の人質となりながら、大企業の陰謀に巻き込まれる姿を描く、監督ジョディ・フォスター、製作、主演ジョージ・クルーニージュリア・ロバーツジャック・オコンネルドミニク・ウェストカトリーナ・バルフジャンカルロ・エスポジート他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョディ・フォスター
製作
ダニエル・ダビッキ
ララ・アラメディン
ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
製作総指揮
ケリー・オレント
ティム・クレイン
レジーナ・スカリー
ベン・ウェイスブレン
原案
アラン・ディ・フィオーレ
ジム・カウフ
脚本
ジェイミー・リンデン
アラン・ディ・フィオーレ
ジム・カウフ
撮影:マシュー・リバティーク
編集:マット・チェシー
音楽:ドミニク・ルイス

出演
リー・ゲイツ:ジョージ・クルーニー
パティ・フェン:ジュリア・ロバーツ
カイル・バドウェル:ジャック・オコンネル
ウォルト・キャンビー:ドミニク・ウェスト
ダイアン・レスター:カトリーナ・バルフ
マーカス・パウエル:ジャンカルロ・エスポジート
ロン・スプレッチャー:クリストファー・デナム
レニー・リバティーノ:レニー・ヴェニート
ネルソン警部補:クリス・バウアー
エイヴリー・グッドロー:デニス・ボウトシカリス
モリー:エミリー・ミード
ブリー:コンドーラ・ラシャド
ウォン・ジュン:アーロン・ヨー

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
2016年製作 99分
公開
北米:2016年5月13日
日本:2016年6月10日
製作費 $27,000,000
北米興行収入 $41,012,080
世界 $93,282,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
テレビ局”FNN”の人気番組”マネーモンスター”のMCを務める金融エキスパートのリー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)は、”アイビス・クリア・キャピタル”の株価が暴落したことをに触れる。

アイビスのCEOウォルト・キャンビー(ドミニク・ウェスト)は、アルゴリズム取引の暴走で原因不明であり、バグだと説明する。

損失は8億ドル以上ではあるが、自分の助言に従っていれば、この株で稼いだはずだと言うリーは、売り遅れた者は悲惨な目に遭っただろうと語る。

しかし、まだ第一ラウンドであり、これからがチャンスだと言うリーは、値は戻すので戦いを始めようと視聴者に伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
テレビ局”FNN”の人気番組”マネーモンスター”のMCを務める金融エキスパートのリー・ゲイツは、”アイビス・クリア・キャピタル”の株価が暴落したことに触れる。
アイビスのCEOキャンビーは、アルゴリズム取引の暴走でありバグだと説明する。
その暴落により全財産を失った青年カイルは、スタジオに侵入してリーを人質に取り、彼とアイビスを責める。
爆弾が仕掛けられたベストを着せられたリーを救うために、ディレクターのパティは奔走するが、アイビスの今回の株価暴落に裏があることに気づく・・・。
_________

主演を兼ねるジョージ・クルーニーと盟友グラント・ヘスロヴが製作に参加し、ジョディ・フォスターが監督した作品。

巨額の損失を出した企業と、その株を勧めた金融エキスパートに復讐しようとする、投資に失敗した青年のとった過激な行動を描きつつ、金融の世界や社会構造に隠された闇を描く、社会派ドラマ・タッチの作品でもある。

上記のように、損失の恨みを果たそうとする単純な復讐劇ではなく、冒頭から、利益優先の巨大企業のトップの不審な行動が疑惑として描かれ、事件に関係する者達の努力により、その謎が少しずつ解明されていくサスペンスとして面白味のある仕上がりにはなっている。

最悪の事態の回避を描く内容は緊迫感はあるものの、物語の筋としては単純で、パンチに欠けるジョディ・フォスターの演出も今一歩というところなのだが、魅力的なキャスティングは注目だ。

そのキャスティングにしては物足りない気もするが、北米興行収入は約4100万ドル、全世界では1億ドルに迫りまずまず健闘したとも言える。

主演のジョージ・クルーニーは、おどけた番組MCのパフォーマンスなども見せてくれる、人質に取られる金融エキスパートを熱演している。

主人公を救おうとする番組ディレクターのジュリア・ロバーツ、主人公を人質にとる青年ジャック・オコンネル、私利私欲に走り株主を裏切る巨大企業”アイビス”CEOドミニク・ウェスト、彼の補佐ではあるが、その不正を調査するテレビ局側に協力するカトリーナ・バルフ、事件の担当警部ジャンカルロ・エスポジート、番組プロデューサーのクリストファー・デナム、カメラマンのレニー・ヴェニート、交渉人のクリス・バウアーCEOの不正を知る”アイビス”CFOデニス・ボウトシカリス、犯人の恋人エミリー・ミード、番組アシスタントのコンドーラ・ラシャド、アイビスの取引プログラムを開発したクオンツのアーロン・ヨーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020