4233 Movies

マン・オブ・スティール Man of Steel (2013)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1938年、ジェリー・シーゲルジョー・シャスターにより創造された”DCコミック”の超人ヒーロー、”スーパーマン”の映画化。
前シリーズとは関連性のないリブート作品。
”スーパーマン”の誕生から、クリプトン復活を企むゾッド将軍との壮絶な戦いを描く、製作、原案クリストファー・ノーラン、監督ザック・スナイダー、主演ヘンリー・カヴィルエイミー・アダムスマイケル・シャノンラッセル・クロウケビン・コスナーダイアン・レインローレンス・フィッシュバーン他共演のSFアクション超大作。


アクション/アドベンチャー

ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest
エイミー・アダムス / Amy Adams / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ザック・スナイダー
製作
クリストファー・ノーラン

エマ・トーマス
チャールズ・ローヴェン
デボラ・スナイダー
製作総指揮
ロイド・フィリップス

トーマス・タル
原作
ジェリー・シーゲル

ジョー・シャスター
原案
デヴィッド・S・ゴイヤー

クリストファー・ノーラン
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影:アミール・モクリ
編集:デヴィッド・ブレナー
音楽:ハンス・ジマー

出演
カル=エル/クラーク・ケント/スーパーマン:ヘンリー・カヴィル

ロイス・レイン:エイミー・アダムス
ゾッド将軍:マイケル・シャノン
ジョー=エル:ラッセル・クロウ
ジョナサン・ケント:ケビン・コスナー
マーサ・ケント:ダイアン・レイン
ペリー・ホワイト:ローレンス・フィッシュバーン
ファオラ=ウル:アンチュ・トラウェ
ララ・ロー=ヴァン:アイェレット・ゾラー
ネイサン・ハーディー大佐:クリストファー・メローニ
スティーヴ・ロンバード:マイケル・ケリー
スワンウィック将軍:ハリー・J・レニックス
エミール・ハミルトン博士:リチャード・シフ
ジャクス=オー:マッケンジー・グレイ
ロー=エム:ジュリアン・リッチングス
ロ=ザー:メアリー・ブラック
ジェニー:レベッカ・ブラー
セコウスキー:アレッサンドロ・ジュリアーニ
キレックス/キロア(声):カーラ・グギノ

アメリカ/イギリス 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2013年製作 143分
公開
北米:2013年6月14日
日本:2013年8月30日
製作費 $225,000,000
北米興行収入 $291,045,520
世界 $668,045,520


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
惑星クリプトン。
科学者ジョー=エル(ラッセル・クロウ)の妻ララ・ロー=ヴァン(アイェレット・ゾラー)は、数百年ぶりに自然出産により男の子を出産する。

ジョー=エルは、エネルギーの採掘によりクリプトンが数週間で崩壊することを元老院議員に訴える。

既に他の惑星への移住も手遅れであることをジョー=エルは説明して、子孫を守るために”コデックス”を託してほしいことを伝える。

そこに、元老院を批判するゾッド将軍(マイケル・シャノン)が現れ、ジョー=エルに協力を求める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スーパーマン」(1978)・「スーパーマン II」(1981)
・「スーパーマン III」(1983)
・「スーパーマン4」(1987)
・「スーパーマン リターンズ」(2006)

・「マン・オブ・スティール」(2013)
・「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(2016)
・「スーサイド・スクワッド」(2016)
・「ワンダーウーマン」(2017)
・「ジャスティス・リーグ」(2017)

*(簡略ストー リー)
惑星クリプトン。
科学者ジョー=エルは星の滅亡が近づくことを知り、謎の物質”コデックス”と共に生まれたばかりの我が子カル=エルを、超人的な能力が得られるはずの知的生命が存在する地球に向かわせる。
元老院を批判しクーデターを企むゾッド将軍は、ジョー=エルに協力を求めるものの、それを拒まれて彼を殺害する。
しかし、捕えられたゾッドは”ファントム・ゾーン”に送られる。
33年後、クラークと名付けられ農夫ジョナサン・ケントと妻マーサに育てられていたカル=エルは、自分の能力を恐れ苦悩して旅立つ。
取材により、地球外の物体とクラークの関係に気づいた”デイリー・プラネット”の記者ロイス・レインは、姿を消した彼を捜し求める。
クラークと再会し、彼が宇宙から来た超人だと知ったロイスは取材を中止するが、拘束を逃れたゾッドが地球に現れ、クリプトン復活の鍵を握るコデックスを手に入れようとする。
自分の能力を秘密にし続けていたクラークは、”スーパーマン”となり、ゾッドと対決することを決意するのだが・・・。
__________

前シリーズを全く意識していない新たな企画として製作された本作は、主人公が真の地球人として生きる決意するまでを描いている。

そのため、新聞記者として活躍し始めるのはラストで描かれているだけで、超人的能力を隠し続ける主人公の苦悩が終盤まで続く。

前シリーズのようなコミカルな雰囲気は登場しない展開、主人公がどのようにしてヒロインのロイス・レインと関係していくのかなど、序盤は派手さわないもののなかなか興味深く観れる。

ところが、能力を発揮するべきか否かというところから始まる、湯水のように製作費を使った派手なアクションは、はっきり言って疲れてしまうような内容であり、その辺りを受け入れられるかどうかでザック・スナイダーの演出手腕、作品の評価は違うだろう。

北米興行収入は約2億9100万ドル、全世界では約6億6800万ドルの大ヒットとなった。

主人公を演ずるヘンリー・カヴィルは、この内容の作品であれば合っているのかなとも思うが、魅力的過ぎるという感じがやや気になる。
準のアメリカン・ヒーローをイギリス人が演ずるというのもどうかという意見があるが、異星人なので妥協したのか・・・。
”バットマン”もイギリス人のクリスチャン・ベールが演じているので・・・といったところだろうか。

ロイス・レイン役まで演じてしまうのか?とも思ってしまうが、魅力的にヒロインを演ずるエイミー・アダムス、ゾッド将軍を迫力で演ずるマイケル・シャノン、主人公の父親ラッセル・クロウ、母親アイェレット・ゾラー、主人公の育て親をなかなかいい雰囲気で好演する、ケビン・コスナーダイアン・レイン、”デイリー・プラネット”編集長ローレンス・フィッシュバーン、勇気ある軍指揮官役のクリストファー・メローニ、将軍ハリー・J・レニックス、科学者役のリチャード・シフ、ゾッドの副官アンチュ・トラウェ、記者マイケル・ケリーとレベッカ・ブラー、声だけの出演カーラ・グギノなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020