4238 Movies

スーパーマン リターンズ Superman Returns (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ヒットシリーズ5作目。
故郷を探す旅から戻ったスーパーマンが、世界征服を企む犯罪者レックス・ルーサーと再び戦う姿を描く19年振りに製作されたシリーズ作品。
*内容的には、「スーパーマン II」(1981)の続編と言える作品。
製作、原案、監督ブライアン・シンガーブランドン・ラウスケイト・ボスワースケヴィン・スペイシージェームズ・マースデンフランク・ランジェラエヴァ・マリー・セイント共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

ケヴィン・スペイシー / Kevin Spacey / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ブライアン・シンガー
製作
ブライアン・シンガー

ギルバート・アドラー
ジョン・ピーターズ
原作
ジェリー・シーゲル

ジョー・シャスター
原案
ブライアン・シンガー

マイケル・ドハティ
ダン・ハリス
製作総指揮
クリス・リー

トーマス・タル
スコット・メドニック
脚本
マイケル・ドハティ

ダン・ハリス
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
編集
エリオット・グレアム

ジョン・オットマン
音楽:ジョン・オットマン

出演
クラーク・ケント/スーパーマン:ブランドン・ラウス

ロイス・レイン:ケイト・ボスワース
レックス・ルーサー:ケヴィン・スペイシー
リチャード・ホワイト: ジェームズ・マースデン
ジェイソン・ホワイト:トリスタン・レイク・リーブ
ペリー・ホワイト:フランク・ランジェラ
マーサ・ケント:エヴァ・マリー・セイント
キティ・コワルスキー:パーカー・ポージー
ジミー・オルセン:サム・ハンティントン
スタンフォード:カル・ペン
ボー:ジャック・ラーソン
ガートルード・ヴァンダーワース:ノエル・ニール
ジョー=エル:マーロン・ブランド

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2006年製作 154分
公開
北米:2006年6月28日
日本:2006年8月19日
製作費 $270,000,000
北米興行収入 $200,081,190
世界 $391,081,190


アカデミー賞 ■
第79回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
犯罪者レックス・ルーサー(ケヴィン・スペイシー)は刑務所を出所し、大富豪の未亡人ガートルード・ヴァンダーワース(ノエル・ニール)の死を看取り莫大な遺産を手に入れる。

スーパーマン(ブランドン・ラウス)は、故郷クリプトンを探す旅から地球に戻り、母マーサ・ケント(エヴァ・マリー・セイント)が不時着した彼を発見する。

大型クルーザーで北極圏に向かったルーサーは、クリプトンのクリスタルを手に入れる。

5年間もの間、旅を続けたクラークは、故郷が全滅していたことをマーサに話す。

メトロポリス。
”デイリー・プラネット”に復帰したクラークは、カメラマンのジミー・オルセン(サム・ハンティントン)に歓迎され、編集長ペリー・ホワイト(フランク・ランジェラ)に再雇用の例を言う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「スーパーマン」(1978)・「スーパーマン II」(1981)
・「スーパーマン III」(1983)
・「スーパーマン4」(1987)
・「スーパーマン リターンズ」(2006)

・「マン・オブ・スティール」(2013)
・「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(2016)
・「スーサイド・スクワッド」(2016)
・「ワンダーウーマン」(2017)
・「ジャスティス・リーグ」(2017)

*(簡略ストー リー)
故郷の惑星クリプトンを探す旅から5年振り地球に戻ったスーパーマンは、クラーク・ケントとして”デイリー・プラネット”に復帰する。
元恋人のロイス・レインが婚約者リチャードとの間に子供までいることを知ったクラークは、よそよそしい彼女の態度が気になる。
その頃、大富豪の未亡人の莫大な遺産を相続した、刑務所を出所したばかりの犯罪者レックス・ルーサーは、クリプトンのクリスタルを手に入れ、そのパワーを使い世界征服を企む。
クラークは、ロイスとの関係に気を使いながらも、正義のために戦う自分の帰還を人々から歓迎されるのだが、ルーサーの計画は進む・・・。
__________

本作はシリーズで主人公を演じ、圧倒的な人気となったものの、落馬事故の後遺症で2004年に亡くなったクリストファー・リーヴと、後を追うように肺癌で2006年に亡くなった妻ダナに捧げられている。

アメリカン・ヒーローの頂点のような存在である”スーパーマン”の、待望の復活作品として大いに期待され、製作費は何と2億7000万ドルが投入された。

批評家の評価は良かったとの声もあるのだが、ブライアン・シンガーの演出は、悪くはないが”優等生”的な仕上がりで、内容に新鮮味もなく製作費の割には驚くほどの映像でもない。

興行収入は北米で2億ドルを突破し、全世界では約3億9100万ドルというヒットとなったが、実はこれは、ワーナー・ブラザーズの予想を大きく下回り、結果、続編の企画はなくなった。

第79回アカデミー賞では、視覚効果を受賞した。

クリストファー・リーヴを彷彿させるような主人公を好演するブランドン・ラウス、ロイス・レインのケイト・ボスワース、犯罪者のレックス・ルーサーを貫録で演ずるケヴィン・スペイシー、ロイスの婚約者ジェームズ・マースデン、ロイスの息子トリスタン・レイク・リーブ、編集長役のフランク・ランジェラ、主人公の母エヴァ・マリー・セイント、ルーサーの愛人役パーカー・ポージー、ジミー・オルセンのサム・ハンティントン、ルーサーの部下カル・ペン、そしてマーロン・ブランドがジョー=エル役で登場する。

また、かつてのTVシリーズでジミー・オルセンを演じたジャック・ラーソン(バーテンダー)やロイス・レイン役を演じたノエル・ニール(大富豪未亡人)などの出演も嬉しい。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020