4503 Movies

アリバイなき男 Kansas City Confidential (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

銀行強盗に利用され人生を狂わされた男が犯人を突き止めようとする姿を描く、監督フィル・カールソン、主演ジョン・ペインコリーン・グレイプレストン・フォスターネヴィル・ブランドリー・ヴァン・クリーフジャック・イーラム他共演の犯罪ドラマであるフィルム・ノワールの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:フィル・カールソン

製作:エドワード・スモール
原作
ハロルド・R・グリーン
ローランド・ブラウン
脚本
ジョージ・ブルース
ハリー・エセックス
撮影:ジョージ・E・ディスカント
編集:バディ・スモール
音楽:ポール・ソーテル

出演
ジョー・ロルフ:ジョン・ペイン
ヘレン・フォスター:コリーン・グレイ
ティム・フォスター:プレストン・フォスター
ボイド・ケイン:ネヴィル・ブランド
トニー・ロマーノ:リー・ヴァン・クリーフ
ピート・ハリス:ジャック・イーラム
テレサ:ドナ・ドレイク
トマソ:マリオ・シレッティ
スコット・アンドリュース:ハワード・ネグリー
マーティン:カールトン・ヤング
ディアス:ドン・オルランドー
モレリ:テッド・ライアン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1952年製作 99分
公開
北米:1952年11月11日
日本:1953年8月26日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ミズーリ州、カンザスシティ
”ミスター・ビッグ”(プレストン・フォスター)は、銀行を監視する。

前科がある花屋の配達係ジョー・ロルフ(ジョン・ペイン)は、いつものように銀行の前に車を止めて、花を持ち込む。

現金輸送車が到着し、配達を終えたジョーはその場を去り、ミスター・ビッグは時計で時間を測る。

何日もかけて同じ時間に到着する2台の車をチェックしたミスター・ビッグは、計画実行のために仲間を集める。

ヘビースモーカーで神経質なギャンブル好きのピート・ハリス(ジャック・イーラム)は、ある男(ミスター・ビッグ)からの電話を受け、ホテルの部屋に呼ばれる。

ピートが現れたためにマスクを着けたミスター・ビッグは、銃を向けて警戒し、いきがる彼を殴り命令に従わせる。

その後ミスター・ビッグは、同じ様にマスクをして、女好きのトニー・ロマーノ(リー・ヴァン・クリーフ)とガムばかり嚙んでいる悪党のボイド・ケイン(ネヴィル・ブランド)とも話をつける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ミズーリ州、カンザスシティ
元警官のフォスターは、3人の悪党ボイル、トニー、ピートを仲間にして銀行を襲う。
4人は犯行前からマスクをしていたために、フォスター以外は互いの顔を知らないまま、強盗に成功する。
ほとぼりが冷めてから金を分配することになり、ボイルら3人は外国でフォスターの連絡を待つことになる。
一方、犯行直前まで花屋の配達で銀行にいたジョー・ロルフは、同型の車を使った犯人に利用されて逮捕される。
前科があったために疑われたジョーだったが、犯行に使われた車が見つかり釈放される。
その後、強盗犯ということで新聞に報道されてしまったジョーは、仕事を失い絶望し、自ら犯人を捜すことを決意するのだが・・・。
__________

様々なジャンルの作品を手掛けたフィル・カールソンの代表作にして、フィルム・ノワールの秀作。

フィル・カールソンと主演のジョン・ペインは、同じくフィルム・ノワール作品として評価の高い「ギャングを狙う男」(1953)、さらには「悪魔の島」(1955)でも組んでいる。

銀行強盗に利用されて人生を狂わされた男が、執念で犯人を突き止めようとする姿を描く犯罪ドラマ。

警察を強制解雇された犯行を実行するリーダーが、警察組織の行動などを把握した上で立てる強盗計画や、奪った現金そのものが目的でなく、保険会社の報酬を正当に受け取ろうとするという、緻密に練られた知能犯の犯行が、当人と事件に絡んだ主人公だけが知る形で進行していく。

娘の登場で計画は狂いかけるが、主人公を信頼したリーダーが、彼にすべてを託して息を引き取るクライマックスや、主人公が新たな人生を取り戻し、爽やかな雰囲気で終わるラストもいい。

主演のジョン・ペインは、銀行強盗に利用されて窮地に追い込まれながら、執念で事件を解決する主人公を見事に演じている。

主人公に惹かれながら支えようとするコリーン・グレイ、その父親である元警官で、銀行強盗のリーダーを好演するプレストン・フォスター、その仲間となる3人の悪党ネヴィル・ブランド、同年「真昼の決闘」(1952)でデビューしたばかりのリー・ヴァン・クリーフ、神経質なヘビースモーカーであるジャック・イーラム、ホテルの売店の店員ドナ・ドレイク、ホテルの支配人マリオ・シレッティ、保険会社の調査員ハワード・ネグリー、主人公の取り調べをする刑事カールトン・ヤング、主人公を賭博場に案内するタクシーの運転手ドン・オルランドーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021