4505 Movies

愛は霧のかなたに Gorillas in the Mist (1988)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1983年に発表された、霊長類学者のダイアン・フォッシーの著書”Gorillas in the Mist”を基に、”マウンテン・ゴリラ”の調査に人生を捧げた彼女の活動を描く、監督マイケル・アプテッド、主演シガニー・ウィーバーブライアン・ブラウンジュリー・ハリスイアン・カスバートソン共演の実録ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:マイケル・アプテッド

製作
アーン・グリムシャー
テレンス・A・クレッグ
製作総指揮
ピーター・グーバー
ジョン・ピーターズ
原作:ダイアン・フォッシー”Gorillas in the Mist”
原案
アンナ・ハミルトン・フェラン
タブ・マーフィ
脚本:アンナ・ハミルトン・フェラン
撮影:ジョン・シール
編集:スチュアート・ベアード
音楽:モーリス・ジャール

出演
ダイアン・フォッシーシガニー・ウィーバー
ボブ・キャンベルブライアン・ブラウン
ロズ・カージュリー・ハリス
センバガーレ:ジョン・オミラ・ミルウィ
ルイス・リーキー博士:イアン・カスバートソン
クロード・ヴァン・ヴェクテン:コンスタンティン・アレクサンドロフ
ポール・ムカラ:ワイグァ・ワシラ
ブレンダン:イアン・グレン
ラリー:デヴィッド・ランズベリー
キム:マギー・オニール
ルシェンバ:コンガ・ムバンデュ
ハワード・ダウド:マイケル・J・レイノルズ
写真家:ゴードン・マステン
バトワ族の酋長:ピーター・ンドゥアティ
ヴァン・ヴェクテン夫人:ヘレン・フレイザー
マイム・アーティスト:ジョン・アレクサンダー
マイム・アーティスト:ピーター・エリオット
マイム・アーティスト:デニス・チェシャー
マイム・アーティスト:アントニオ・ホヨス
マイム・アーティスト:ジョディ・セント・マイケル
本人:デヴィッド・マドック

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(世界)
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
1988年製作 129分
公開
北米:1988年9月23日
日本:1989年4月15日
製作費 $22,000,000
北米興行収入 $24,720,480
世界 $61,149,480


アカデミー賞
第61回アカデミー賞

・ノミネート
主演女優賞(シガニー・ウィーバー
脚色・編集・作曲・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1966年、ケンタッキー州、ルイビル
作業療法士のダイアン・フォッシーシガニー・ウィーバー)は、尊敬する古人類学者のルイス・リーキーイアン・カスバートソン)の講演会場に向かう。

霊長類の研究に人生を捧げることを決めたフォッシーは、アフリカで希少な”マウンテン・ゴリラ”研究の仕事を求め、リーキーに手紙を書き続けていた。

講演後にリーキーと話したフォッシーは、マウンテン・ゴリラの現状を調べる仕事への熱意を語り、自分をアピールする。

コンゴ
リーキーに迎えられたフォッシーは、内乱が起きている関係で兵士が大勢いることを気にしながら、道案内人を雇うよう指示される。

英語が何とか話せるセンバガーレ(ジョン・オミラ・ミルウィ)を雇ったフォッシーは、食料を調達する。

車を用意したリーキーは、フォッシーに”ヴィルンガ山地”の目的地を教えて、1人で向かわせる。

リーキーが同行しないことを知ったフォッシーは驚き、週に一度の報告と”ナショナルジオグラフィック”への記事を書くことを指示される。

困ったときは現地に住むアメリカ人ロズ・カージュリー・ハリス)の世話になるようにと言われたフォッシー、飛行機でタンザニアに発つリーキーを見送る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1967年、コンゴ
霊長類の研究に人生を捧げることを決めたダイアン・フォッシーは、尊敬する古人類学者のルイス・リーキーの協力を得て、絶滅寸前のマウンテン・ゴリラの現状調査のために目的地に向かう。
案内人のセンバガーレを雇い山に着いたフォッシーは、苦労しながらもゴリラの群れを見つけ、調査を開始する。
その後フォッシーは、”ナショナルジオグラフィック”から派遣された写真家ボブ・キャンベルと親交を深め、やがて愛し合うようになる。
密猟者が、現地のバトワ族を雇い動物の捕獲を始めたことを知ったフォッシーは、命を懸けてゴリラを守ろうとするのだが・・・。
__________

霊長類学者のダイアン・フォッシーが、”マウンテン・ゴリラ”の調査に人生を捧げる姿描く実録ドラマ。

大自然の美しい映像と共に、主人公ダイアン・フォッシーの人間性などを見事に描く、マイケル・アプテッドの演出手腕が見どころの作品。

ゴリラに危害を加える者たちに対する過激な行動の反面、作業療法士としての経験などを活かし、子供たちとは良好な関係を保ち親切に接したダイアン・フォッシーの人柄の描写など、細やかな演出も見逃せない。

主演のシガニー・ウィーバーは、マウンテン・ゴリラの調査に人生を捧げながら謎の死を遂げる主人公ダイアン・フォッシーを見事に演じ、第61回アカデミー賞では主演女優賞に、そして、直後に公開される「ワーキング・ガール」(1988)では助演賞にと、ダブルノミネートされるという当たり年となった。
アカデミー賞
・他のノミネート
脚色・編集・作曲・録音賞

シガニー・ウィーバーは、実際にマウンテン・ゴリラの群れの中に入り撮影を行い、多くの場面でリック・ベイカーによる特殊メイクの着ぐるみも使われている。
スターであるシガニー・ウィーバーが襲われる危険性がある中で撮影された、緊迫感があるゴリラとの交流シーンは、当時話題になった。

主人公と愛し合うようになる”ナショナルジオグラフィック”の写真家ボブ・キャンベルブライアン・ブラウン、主人公の世話をする現地に住むアメリカ人ロズ・カージュリー・ハリス、主人公を支える案内人ジョン・オミラ・ミルウィ、主人公に調査を任せる古人類学ルイス・リーキー博士役イアン・カスバートソン、主人公と対立する密猟者コンスタンティン・アレクサンドロフ、現地の役人ワイグァ・ワシラ、主人公が世話をする研修生役で若き日のイアン・グレン、デヴィッド・ランズベリー、マギー・オニール、他、マイケル・J・レイノルズヘレン・フレイザーデヴィッド・マドックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021