4239 Movies

真昼の決闘 High Noon (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

単に悪党との決闘を描く西部劇ではなく、正義を貫こうとする保安官の孤独な心理状況と、命に関ることが起きた場合の、人々の友人を見る裏腹な心など複雑な心情を描く、製作スタンリー・クレイマー、監督フレッド・ジンネマン、主演ゲイリー・クーパートーマス・ミッチェルケティ・フラドグレイス・ケリーロイド・ブリッジス共演による傑作ドラマにして、映画史上に残る不休の名作。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:フレッド・ジンネマン
製作:スタンリー・クレイマー
原作:ジョン・W・カニンガム
脚本:カール・フォアマン
撮影:フロイド・クロスビー
編集:ハリー・W・ガースタッド
音楽:ディミトリ・ティオムキン
主題歌:テックス・リッター
Do Not Forsake Me, Oh, My Darlin

出演
ゲイリー・クーパー:ウィル・ケイン
トーマス・ミッチェル:ジョナス・ヘンダーソン町長
ケティ・フラド:ヘレン・ラミレス
グレイス・ケリー:エイミー・ファウラー・ケイン
ロイド・ブリッジス:ハーヴェイ・ペル
イアン・マクドナルド:フランク・ミラー
ロン・チェイニーJr.:マーティン・ハウ
ハリー・モーガン:サム・フラー
リー・ヴァン・クリーフ:ジャック・コルビー
シェブ・ウーリー:ベン・ミラー
ロバート・J・ウィルク:ジム・ピアース
オットー・クルーガー:パーシー・メトリック判事
ジョン・ドーセット:トランブル
ジャック・イーラム:チャーリー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1952年製作 85分
公開
北米:1952年7月24日
日本:1952年9月17日
製作費 $750,000


アカデミー賞 ■
第25回アカデミー賞
・受賞
主演男優(ゲイリー・クーパー)
編集・作曲(ドラマ・コメディ映画)
歌曲賞 ”Do Not Forsake Me, Oh, My Darlin
・ノミネート
作品・監督・脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1870年、ハドリーヴィル。
連邦保安官のウィル・ケイン(ゲイリー・ クーパー)が、かつて逮捕して投獄されていたフランク・ミラー(イアン・マクドナルド)の仲間達、ジム・ピアース(ロバート・J・ウィルク)、ジャック・コルビー(リー・ヴァン・クリーフ)、そして、ベン・ミラー(シェブ・ウーリー)が町に現れる。

その頃、長年保安官を務めたケインは、若いエイミー・ファウラー(グレイス・ケリー)との結婚を機に、町を去ることを決意していた。

駅に向かったピアースらは、減刑になり、正午の汽車で町に着くはずのミラーを待つ。

町長のジョナス・ヘンダーソン(トーマス・ミッチェル)らに祝福され、式を済ませたケイントエイミーだったが、ケインは新任の保安官が来ないまま、バッジを外すことを気にする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1947年に”Collier’s Weekly”に掲載された、ジョン・W・カニンガムの短編”The Tin Star”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
人々の祝福を受けた結婚を機に、任期を終えた連邦保安官ウィル・ケインは、結婚を機に若い妻エイミーと共に町を去ろうとする。
しかし、自分が投獄した極悪人ミラーが、正午に、汽車で復讐に現れることが分かる。
エイミーのことを考え、一旦は町を出ようとするケインだったが、彼は決着を付けるために町に戻る。
それを理解しない妻エイミーや、一転、加勢しようともしない住民との狭間で、苦悩するケインは、仕方なく単独で敵に立ち向かおうとする。
ケインが、遺書まで書いたその時、悪党を乗せた汽車は、定刻通りの正午、駅に到着し因縁の対決が始まる・・・。
__________

1989年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第25回アカデミー賞では、作品賞以下7部門でノミネートされ、主演男優(ゲイリー・クーパー)、編集、作曲(ドラマ・コメディ映画)、歌曲賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督・脚本賞

正午に迫る時計の針が、刻一刻と時間をきざむ緊迫感、本作は、ドラマの経過時間と上映時間が一致するように作られていて、度々登場する時計を映すショットが、効果を上げている。

誰もいない町の大通りを独り歩く、ゲイリー・クーパーの後ろ姿に、孤独な男の焦りが見える。

戦いを拒絶するクェーカー教徒の妻と、義務感の板挟みで苦悩するクーパーの演技は、正にオスカーに値する名演だ。

しかし、50歳になったばかりのクーパーは、かなり老けて見えるため、20代前半の若いグレイス・ケリーとは釣り合いがとれない。

タフガイとは言えない役柄でもあり、クーパーらしいとはいえ、勇敢ではあるが、やや弱々しい保安官役を、私はあまり好きにはなれない。

アカデミー賞授賞式に欠席したクーパーに代わり、オスカーを受け取った彼の大親友ジョン・ウェインには絶対回ってこない役だろう。

本作がメジャーデビューと言っていいグレイス・ケリーは、若さを感じさせない、健気な保安官の妻役を好演する。
しかも、クェーカー教徒にも拘らず、最後には夫を助けるために、敵を射殺してしまうという驚きもある。

この年のアカデミー作品賞では、最有力とされた本作が無視された理由に、赤狩り旋風吹き荒れる中、自らのリベラルな立場を貫くフレッド・ジンネマンと、脚本のカール・フォアマンへの腹いせだという裏話もある。

本作で、アカデミー作曲賞と歌曲賞をダブル受賞するディミトリ・ティオムキンの主題曲と、テックス・リッターの歌う主題歌”Do Not Forsake Me,Oh, My Darlin”も効果的に挿入されている。

良き理解者、友人でありながら、町を去る助言しかできない町長トーマス・ミッチェル、思慮深く全てを見据える酒場の女主人ケティ・フラド、反対に、自分の若さや無能さに気づこうとしない保安官補ロイド・ブリッジス、敵役イアン・マクドナルドシェブ・ウーリーロバート・J・ウィルク、本作がデビュー作となるリー・ヴァン・クリーフ、元保安官で主人公の友人ロン・チェイニーJr.、同じく友人のハリー・モーガン、判事オットー・クルーガー、町民のジョン・ドーセット、そして、牢屋に入っていた飲んだくれジャック・イーラムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020