4297 Movies

K-19: The Widowmaker (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

米ソ冷戦時、ソ連の原子力潜水艦”K-19”で実際に起きた放射能事故を基に描く、製作、監督キャスリン・ビグロー、製作総指揮、主演ハリソン・フォードリーアム・ニーソンピーター・サースガード他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:キャスリン・ビグロー
製作
キャスリン・ビグロー

エドワード・S・フェルドマン
シガージョン・サイヴァッツォン
クリス・ウィテカー
製作総指揮
モリッツ・ボーマン

ガイ・イースト
ハリソン・フォード
ナイジェル・シンクレア
フォルカー・シャウツ
ディーター・ノッベ
原案:ルイス・ノウラ

脚本:クリストファー・カイル
撮影:ジェフ・クローネンウェス

編集:ウォルター・マーチ
音楽:クラウス・バデルト

出演
アレクセイ・ボストリコフ艦長:ハリソン・フォード

ミハイル・ポレーニン副長:リーアム・ニーソン
ヴァディム・ラドチェンコ:ピーター・サースガード
パベル・ロクテフ:クリスチャン・カマルゴ
ユーリ・デミチェフ:スティーヴ・ニコルソン
アイゴール・ススロフ:ラビル・イスヤノフ

ゲンナジー・サヴラン軍医:ドナルド・サンプター
ゼレンツォフ国防相:ジョス・アクランド
ブラティエフ提督:ジョン・シュラプネル

アメリカ/イギリス/ドイツ 映画
配給
パラマウント・ピクチャーズ (北米)
コンスタンティン・フィルム(ドイツ)
UIP(イギリス)
2002年製作 138分
公開
北米:2002年6月19日
イギリス:2002年10月25日
ドイツ:2002年9月5日
日本:2002年12月14日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $35,168,970
世界 $65,716,130


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1961年。
ソ連は世界を2回、アメリカは10回破壊できる核兵器を所有していた。

両国は更に核軍備を増強し、アメリカは原子力潜水艦を出動させて、モスクワレニングラードを射程距離に捉えた。

一触即発となった事態の中で、どちらが先制攻撃を仕掛けるかという情況となった。

ソ連の原子力潜水艦”K-19”で核弾道ミサイルの発射シュミレーションが行われる。

艦長のミハイル・ポレーニンリーアム・ニーソン)は発射にし失敗して責任を追及されるものの、整備の不備を指摘して苛立ち、建造中の”K-19”の艦橋から外部に出て気を落ち着かせる。

モスクワ
K-19”の艦長に任命されたアレクセイ・ボストリコフハリソン・フォード)は、単なる訓練でないアメリカの脅威に対抗する破壊兵器があることを示す作戦の指揮をゼレンツォフ国防相(ジョス・アクランド)から命ぜられる。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1961年。
ソ連の原子力潜水艦”K-19”の艦長に着任したアレクセイ・ボストリコフは、元艦長ポレーニンを副官にして、核軍備を増強するアメリカに対抗するための任務に就く。
自分の判断を信じ他の意見を聞かないボストリコフは無謀な訓練を続け、ポレーニンや乗組員の反感を買う。
強硬措置を取りながらテスト・ミサイル発射に成功したボストリコフだったが、原子炉の冷却水漏れが確認されて緊急事態となる。
担当官のラドチェンコらに被爆を伴う作業を命じたボストリコフは、緊迫する状況下で潜行しながら対処するのだが・・・。
__________

ハリソン・フォードリーアム・ニーソンという大物スターの共演と、何といってもキャスリン・ビグローのその後の活躍もあり、公開時よりも今の方が注目度が高い作品とも言える。

米ソ冷戦時に実際に起きた事件を基に描いた作品ではあるが、よく似たシチュエーションのドラマはいくつかあり、事実を基にしたという以外はそれほど新鮮味もない内容の作品でキャスリン・ビグローの演出も単調だ。

役名”アレクセイ・ボストリコフ”の主人公ニコライ・ザテエフ艦長を演ずるハリソン・フォードは、いつもながらの貫録の演技で観客を納得させる。

しかし、実際の本人は当時30代半ばで、初老に見える彼は司令官以上の人物に思えて実戦指揮官の年令ではない。
もう少し若い役者に演じさせ、ハリソン・フォード以上の熱演を見せる副官役のリーアム・ニーソンと対決させてほしかった。
ハリソン・フォードニコライ・ザテエフに似ているだけで選ばれたのでは・・・ということもないだろうが。

ビッグネームの共演、製作費に1億ドルをかけた大作にも拘わらず、北米興行収入は3500万ドル、全世界でも約6600万ドルという結果に終わった。

最初の作業で怯えるものの、その後に艦を救う原子炉担当官ピーター・サースガード、その部下クリスチャン・カマルゴ、反乱を起こす水雷長スティーヴ・ニコルソン、同じく政治局員ラビル・イスヤノフ、軍医ドナルド・サンプター、国防相ジョス・アクランド、司令官のジョン・シュラプネルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020