4314 Movies

テレマークの要塞 The Heroes of Telemark (1965)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1954年に発表されたクヌート・ハウケリード(作戦に参加した当事者)の小説”Skis Against the Atom”と、1952年のジョン・D・ドラモンドの小説”But for These Men”を基に製作された作品。
ナチス・ドイツ占領下のノルウェーで進められる核兵器開発につながる重水製造計画を阻止しようとするレジスタンスの戦いを描く、監督アンソニー・マン、主演カーク・ダグラスリチャード・ハリスマイケル・レッドグレーヴウーラ・ヤコブソン他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:アンソニー・マン
製作:S・ベンジャミン・フィッツ
原作
クヌート・ハウケリード”Skis Against the Atom”
ジョン・D・ドラモンド”But for These Men”
脚本
アイヴァン・モファット

ベン・バーズマン
撮影:ロバート・クラスカー
編集:バート・ベイツ
音楽:マルコム・アーノルド

出演
ロルフ・ペダーセン博士:カーク・ダグラス

クヌート・ストラウド:リチャード・ハリス
アンナ・ペダーセン:ウーラ・ヤコブソン
伯父ヒュッテ:マイケル・レッドグレーヴ
ジークリット:ジェニファー・ヒラリー
フリック少佐:アントン・ディフリング
アーネ:デヴィッド・ウェストン
ヨーゼフ・テアボーフェンエリック・ポーター
ウィルキンソン大佐:マーヴィン・ジョーンズ
ヤンセン:ロイ・ドートリス
ロデリック・ローガン教授:バリー・ジョーンズ
ニールセン:ラルフ・マイケル
ボルト将軍:ジェフリー・キーン
医者:モーリス・デナム
ニッペルベルグ:ウォルフ・フリース
クーツ将軍:ロバート・エアーズ
グンナール:セバスチャン・ブレイクス
フレディ:ジョン・ゴライトリー

オリー:アラン・ハワード
ヘンリック:パトリック・ジョーダン
クラウス:ウィリアム・マーロー
アイナー:ブルック・ウィリアムズ

イギリス/アメリカ 映画
配給
Rank Organisation

コロンビア・ピクチャーズ
1965年製作 131分
公開
イギリス:1965年11月23日
北米:1966年3月9日
日本:1965年12月24日
製作費 $5,600,000
北米興行収入 $1,650,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1942年。
ナチス・ドイツ占領下のノルウェーテレマーク県、リューカン

ナチ大管区指導者ヨーゼフ・テアボーフェンエリック・ポーター)の車がレジスタンスに襲われる。

難を逃れたテアボーフェンは、報復として15名のリューカン市民を射殺するよう部下のフリック少佐(アントン・ディフリング)に命ずる。

重水工場を視察したテアボーフェンは、実験段階を終えて実用に向かうことを工場長のニールセン(ラルフ・マイケル)に伝え、重水の製造を400%増産するよう指示する。

イースターまでに重水を1万トン製造することを国家命令でニールセンに強要したテアボーフェンは、フリックに後を任せて警戒させる。

レジスタンスのリーダー、クヌート・ストラウド(リチャード・ハリス)は、自転車でニールセンと衝突し、彼の落した歯磨き粉のチューブを拾い情報を入手する。

オスロ大学
ロルフ・ペダーセン博士(カーク・ダグラス)の元に向かったストラウドは、ニールセンからの情報を伝える。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ドラマの基になった”ノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作”に参加したノルウェー人のレジスタンス、クヌート・ハウケリードの原作をベースにした、ナチス・ドイツに立ち向かう者達の勇気ある戦いを描くドラマ。

リチャード・ハリス演ずるレジスタンスのリーダーは、クヌート・ハウケリードをモデルにしている。

それほど大掛かりな作戦計画ではないが、第二次大戦の行方を左右したとも言える核兵器開発阻止をテーマにした重々しい内容だ。

アクションも大袈裟でないところもいいし、緊迫感を感じさせるサスペンスとしても楽しめる、アンソニー・マンらしい丁寧な演出も見所だ。

戦時の舞台となったテレマーク県、リューカン他で行われたロケを生かし、冬の極寒地ノルウェーの地形やノルディック王国らしいスキーなどを生かした映像も素晴らしい。

最初のイントロ「戦場にかける橋」(1957)の曲に似ているためそれだけでマルコム・アーノルドが音楽を担当していると分かった方はかなりの映画通だ。

専門家の科学者には思えないような雰囲気もあるところが人間味を感じさせる、作戦に協力するカーク・ダグラスと、信念の下に祖国のために戦う勇敢なレジスタンスのリーダー役リチャード・ハリスの熱演は光る。

主人公の元妻で作戦に協力するウーラ・ヤコブソン、同じくその伯父役のマイケル・レッドグレーヴ、レジスタンスの夫デヴィッド・ウェストンを亡くす町民のジェニファー・ヒラリー重水工場の管理警備を任されるドイツ軍の少佐アントン・ディフリングナチ大管区指導者ヨーゼフ・テアボーフェン役のエリック・ポーター、作戦を指揮するイギリス軍大佐マーヴィン・ジョーンズ、司令官ジェフリー・キーン、祖国を裏切りナチに協力するロイ・ドートリス、物理学者バリー・ジョーンズ重水工場所長ラルフ・マイケル、医師モーリス・デナムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020