That's Movie Talk!     4036 Movies

アダムス・ファミリー2 Addams Family Values (1993) 3.5/5 (34)

  •  
  •  
  • 1
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1938年から雑誌”ザ・ニューヨーカー”に掲載された、チャールズ・アダムズの一コマ漫画”アダムス・ファミリー”を基に製作された作品であるヒットした「アダムス・ファミリー」(1991)の続編。
ベイビーが生れ新たな一員が加わった”アダムス・ファミリー”に巻き起こる騒動を描く、監督バリー・ソネンフェルド、主演アンジェリカ・ヒューストンラウル・ジュリアクリストファー・ロイドジョーン・キューザッククリスティーナ・リッチ他共演のファンタジー・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:バリー・ソネンフェルド
製作:スコット・ルーディン
製作総指揮:デイヴィッド・ニックセイ
原作:チャールズ・アダムズアダムス・ファミリー
脚本:ポール・ラドニック

撮影:ドナルド・ピーターマン
編集
アーサー・シュミット

ジム・ミラー
美術・装置
ケン・アダム

マーヴィン・マーチ
音楽:マーク・シェイマン

出演
モーティシア・アダムス:アンジェリカ・ヒューストン

ゴメズ・アダムス:ラウル・ジュリア
フェスター・アダムス:クリストファー・ロイド
デビー・ジェリンスキー:ジョーン・キューザック
ウェンズデー・アダムス:クリスティーナ・リッチ
パグズリー・アダムス:ジミー・ワークマン
グラニー・アダムス:キャロル・ケイン
マーガレット・アルフォード:ダナ・アイヴィ
ラーチ:カレル・ストルイケン
ジョージ・ウォーマック判事:ポール・ベネディクト
カズン・イット:ジョン・フランクリン
アマンダ・バックマン:メルセデス・マクナブ
ハンド:クリストファー・ハート
ホルヘ:トニー・シャルーブ
ジョエル・グリッカー:デヴィッド・クラムホルツ
ゲイリー・グレンジャー:ピーター・マクニコル
ベッキー・グレンジャー:クリスティーン・バランスキー
警察官:ネイサン・レイン
ヘザー:シンシア・ニクソン
ルーム・ドクター:デヴィッド・ハイド・ピアース
グリッカー:バリー・ソネンフェルド
ニュースキャスター:ピーター・グレイブス

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1993年製作 94分
公開
北米:1993年11月19日
日本:1993年12月25日
北米興行収入 $48,919,040


アカデミー賞 ■
第66回アカデミー賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
不気味な家族”アダムス・ファミリー”のモーティシア・アダムス(アンジェリカ・ヒューストンが産気づき、夫のゴメズ(ラウル・ジュリア)が彼女に付き添い病院に向かう。

しかし、娘のウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)と息子のパグズリー(ジミー・ワークマン)は弟か妹の誕生を喜ぼうともしない。

モーティシアは無事に男の子を出産してピューバートと名付けられ、彼女らは屋敷に戻る。

ウェンズデーは、一人生れると代わりに一人が死ぬと言って、男の子は二人要らないとパグズリーに伝える。

ゴメズの兄フェスター(クリストファー・ロイド)やモーティシアの母親グラニー(キャロル・ケイン)も家族が増えたことを喜び、執事のラーチ(カレル・ストルイケン)もその様子を見守る。

その後、ピューバートを屋根から落としたウェンズデーとパグズリーは、それをキャッチしたゴメズから、なぜ弟を憎むのかを聞かれる。

二人は両親が弟だけを可愛がり、自分達のどちらかが死ぬと答える。

フェスターは、自分達もよく憎み合ったとゴメズに伝える。

両親と話したにも拘らず、ウェンズデーとパグズリーはピューバートをギロチンで処刑しようとするが失敗する。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「アダムス・ファミリー」(1991)
・「アダムス・ファミリー2」(1993)

*(簡略ストー リー)
不気味な家族”アダムス・ファミリー”のモーティシア・アダムスは、無事に男の子を出産しピューバートと名付けられる。
家族が増えたことを喜ぶ一家だったが、娘のウェンズデーとパグズリーは弟を歓迎しない。
その後ゴメズとモーティシアは、紹介所から来たデビーを乳母として雇うのだが、実は彼女は連続殺人犯だった。
そんなことも知らずに、ゴメズの兄フェスターはデビーに惹かれてしまう。
デビーはフェスターの財産を狙い、それに気づいたウェンズデーとパグズリーをサマー・キャンプに参加させるようゴメズとモーティシアに提案する。
そして、フェスターと結婚したデビーはハネムーンに旅立ち、彼を殺害しようとするのだが・・・。
__________

ヒットした第一作の人気が冷めやらぬ間の2年後に公開された続編で、バリー・ソネンフェルドが前作に続き監督している。

映画特有の映像技術を駆使した前作を凌ぐことはできず、新鮮味もなく、今一パンチが足りないというのが正直な感想だ。

とは言え、ファミリーの異様な雰囲気を伝えるセットや衣装などは素晴らしく、第66回アカデミー賞で美術賞にノミネートされた。

興行収入は、北米で約4900万ドルと前作に比べて半分以下に激減してしまった。

一家の主人ゴメズのラウル・ジュリア、その妻モーティシア役アンジェリカ・ヒューストン、結婚までするゴメズの兄フェスター役のクリストファー・ロイド、彼の財産を狙う殺人鬼ジョーン・キューザック、一家の娘ウェンズデーのクリスティーナ・リッチ、息子のジミー・ワークマン、祖母キャロル・ケイン、執事のカレル・ストルイケン、一家のいとこダナ・アイヴィジョン・フランクリン、ハンドのクリストファー・ハート、サマー・キャンプに参加する少女メルセデス・マクナブ、その監督官夫婦ピーター・マクニコルクリスティーン・バランスキー、警官ネイサン・レイン、水兵トニー・シャルーブ、ウェンズデーに惹かれる少年デヴィッド・クラムホルツ、その父親バリー・ソネンフェルド、乳母シンシア・ニクソン、報道番組のホスト、ピーター・グレイブスなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up