4297 Movies

クロムウェル~英国王への挑戦~ To Kill a King (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

清教徒革命における”イングランドの内戦” を共に戦い勝利に導き、新しい国家成立に尽力した、オリヴァー・クロムウェルトーマス・フェアファクスの友情と対立を描く、主演ティム・ロスダグレイ・スコットオリヴィア・ウィリアムズルパート・エヴェレット他共演、監督マイク・バーカーによる歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)

ベネディクト・カンバーバッチ / Benedict Cumberbatch 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:マイク・バーカー
製作:ケヴィン・ローダー
脚本:ジェレミー・メイヒュー
撮影:アイジル・ブリルド

編集:ガイ・ベンズリー
音楽:リチャード・G・ミッチェル

出演
オリヴァー・クロムウェルティム・ロス

トーマス・フェアファクスダグレイ・スコット
アン・フェアファクス:オリヴィア・ウィリアムズ
チャールズ1世ルパート・エヴェレット
デンジル・ホーレスジェームズ・ボラム
ド・ヴィア男爵:コリン・レッドグレーヴ
ヘンリー・アイアトンフィンバー・リンチ
ジェームズ:ジュリアン・リンド=タット
ジョイス軍曹:エイドリアン・スカーボロー
ウィットビー伯爵:ジェレミー・スウィフト
王党派:ベネディクト・カンバーバッチ

イギリス 映画
配給 Film4 Productions

2003年製作 94分
公開
イギリス:2003年5月16日
北米:2003年
日本:未公開
製作費 $14,300,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
17世紀、イングランド
清教徒革命における”内戦”の最中、議会派は勝利するものの犠牲を伴い、変革は確信するものの、その道のりは険しかった

司令官のオリヴァー・クロムウェルティム・ロス)とトーマス・フェアファクスダグレイ・スコット)、そして戦地に出向いたフェアファクスの妻アン(オリヴィア・ウィリアムズ)と共にロンドンに戻る。

ド・ヴィア男爵(コリン・レッドグレーヴ)が屋敷に居たため驚いたアンは、フェアファクスの”裏切り”のお蔭で自分達の未来がなくなると言われる。

フェアファクスに会ったド・ヴィアは、嫌みを言って立ち去る。

監禁中の国王チャールズ1世ルパート・エヴェレット)との協約の準備をしたクロムウェルは、フェアファクスと議会のデンジル・ホーレスジェームズ・ボラム)と共に宮廷に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
17世紀、イングランド
清教徒革命による”イングランドの内戦”の最中、議会派は勝利するものの国内は混乱し、国王チャールズ1世は監禁される。
議会派を勝利に導いたオリヴァー・クロムウェルは変革を急ぎ、共に戦った貴族であるトーマス・フェアファクスは、王家との関係の狭間で冷静な対処が必要と考える。
ところが、国王に地位を約束された議会のホーレスが二人を裏切り、議会は国王の復権を決議する議案を可決させてしまう。
強硬姿勢を変えないクロムウェルに対し、妻アンや生れてくる子の未来を考えるフェアファクスは、ホーレスを亡命させて更なる混乱を避けようとするのだが・・・。
__________

イングランド共和国”が成立する混乱期を描く歴史ドラマとして、その中心的な役割を担ったオリヴァー・クロムウェルトーマス・フェアファクスの苦闘を描く重厚な物語。

歴史に名を残す優れた指導者か暴君または独裁者かと、現代に至るまでその評価が分かれるオリヴァー・クロムウェルを主人公にしたドラマなのだが、何度もの対立を経ながら友情を貫き通したと言われる、トーマス・フェアファクスの視点から描かれた内容というところに注目したい。

貴族であるフェアファクスが、王家とのしがらみで改革を強硬できない話がポイントでもあり、彼の妻が、生まれる子や国民の未来を考え手を尽くそうとする姿が随所に挿入され、国を治める裏で起きていた出来事が興味深く描かれている。

イングランドの内戦”でその戦いがほぼ決着した時期から始まる物語なので、そういうものを描く作品ではないので必要ないが、アクションなどは殆どない。
内容を理解するために、この時代の歴史を予習して鑑賞することをお勧めします。

この手の作品を観て度々気になるのが”イギリス”や”英国”表記の字幕で、この物語は”イングランド”での出来事であることなどを間違えないでいただきたい。

実力を兼ねる個性派としてオリヴァー・クロムウェルを熱く演ずるティム・ロス、その親友である、世の中の動きを冷静に判断しながら苦悩するトーマス・フェアファクス役のダグレイ・スコット、辛い立場のその妻を好演するオリヴィア・ウィリアムズ、その父ド・ヴィア男爵のコリン・レッドグレーヴチャールズ1世ルパート・エヴェレット、主人公らを裏切る政治家デンジル・ホーレスジェームズ・ボラムクロムウェルの娘婿で、国王の死刑裁判の裁判官ヘンリー・アイアトンフィンバー・リンチ、また、王党派の青年でベネディクト・カンバーバッチが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020