4311 Movies

恋人はゴースト Just like Heaven (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1999年に発表された、マルク・レヴィの小説”If Only It Were True”を基に製作された作品。
事故で昏睡状態になった医師の魂と妻に先立たれて傷心の日々を送る男性の恋を描く、監督マーク・ウォーターズ、主演リース・ウィザースプーンマーク・ラファロジョン・ヘダー他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:マーク・ウォーターズ

製作
ローリー・マクドナルド
ウォルター・F・パークス
製作総指揮:デヴィッド・B・ハウスホルター
原作:マルク・レヴィIf Only It Were True
脚本
ピーター・トラン
レスリー・ディクソン
撮影:ダリン・オカダ
編集:ブルース・グリーン
音楽:ロルフ・ケント

出演
エリザベス・マスターソン医師:リース・ウィザースプーン
デヴィッド・アボット:マーク・ラファロ
ジャック:ドナル・ローグ
アビー・ブロディ:ディナ・ウォーターズ
ブレット・ラシュトン医師:ベン・シェンクマン
ダリル:ジョン・ヘダー
カトリーナ:イワナ・ミルセヴィッチ
グレイス:キャロライン・アーロン
フラン・ロー医師:ロザリンド・チャオ
ゾーイ・ブロディ:ケリス・ドーシー
リリー・ブロディ:アリッサ・シェイファー
ウォルシュ医師:ロン・カナダ
メートル・D:ウィリー・ガーソン
ゴーストバスター:ジョエル・マッキノン・ミラー

アメリカ 映画
配給 ドリームワークス
2005年製作 95分
公開
北米:2005年9月10日
日本:未公開
製作費 $58,000,000
北米興行収入 $48,318,100
世界 $102,854,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サンフランシスコ
研修医として忙しく働くエリザベス・マスターソン医師(リース・ウィザースプーン)は、上司であるウォルシュ医師(ロン・カナダ)からスタッフ・ドクターにすると言われて喜ぶ。

26時間働いていたエリザベスは、ウォルシュから今すぐ帰るようにと言われる。

帰ろうとしたエリザベスは、診てもらいたい患者がいると言われて再び戻り、それを済ませて駐車場に向かおうとする。

エリザベスは、、同僚医師のブレット・ラシュトン(ベン・シェンクマン)から、フェニックスに移ると言われる。

雨の中、食事に招待してくれた姉アビー・ブロディ(ディナ・ウォーターズ)の家に車で向かうエリザベスは、スタッフ・ドクターになったことを伝えて電話を切った直後に、トラックと衝突してしまう。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
研修医として忙しく働くエリザベス・マスターソン医師は、姉アビーの家に向かう途中でトラックと衝突する事故に遭う。
3か月後、妻に先立たれて傷心の日々を送るデヴィッドは、家具付きのアパートを借りて引っ越す。
部屋の借主だと言うエリザベスが現れたために驚いたデヴィッドは、彼女が自分にしか見えない死亡した女性だと考える。
エリザベスとの関係に戸惑うデヴィッドは、何も覚えていない彼女の身元を調べ始めるのだが・・・。
__________

フランスの小説家マルク・レヴィの原作を基に、「スパイダーウィックの謎」(2008)や「ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト」(2009)のマーク・ウォーターズが監督した作品で、同年の「ウォーク・ザ・ライン」(2005)で見事にアカデミー主演賞を受賞するリース・ウィザースプーンマーク・ラファロという魅力的な共演が話題を呼んだ作品。

事故により昏睡状態になった医師と、最愛の妻の死から立ち直れない男性の恋を描くロマンス。

生死をさ迷い人間世界に留まる医師が、魂として存在しているという設定であるために、ファンタジックな内容と共にユーモアを交えた物語が展開し、洒落た雰囲気で迎えるラストまで、マーク・ウォーターズの小気味よい演出が見どころの楽しい作品。

北米興行収入は約4800万ドル、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

主演のリース・ウィザースプーンは、自分の生活を犠牲にして働く医師として登場し、事故に遭ってからは生死をさ迷う魂となり、それをきっかけに恋が芽生えるという女性を熱演している。

共演のマーク・ラファロは、妻を亡くし傷心の日々を送りつつ、昏睡状態の女性を助けようとしながら、魂として自分の前に現れる彼女に惹かれてしまう男性を好演している。

デヴィッド(マーク・ラファロ)の友人であるセラピストのドナル・ローグ、彼と付き合う主人公の姉ディナ・ウォーターズ、主人公をライバル視する医師のベン・シェンクマン、デヴィッドと主人公に協力するオカルト&超自然現象専門書店の店員ジョン・ヘダー、主人公のアパートの下の階の住人で、デヴィッドを誘惑するイワナ・ミルセヴィッチ、不動産業者のキャロライン・アーロン、主人公の同僚医師ロザリンド・チャオ、主人公の姪ケリス・ドーシーアリッサ・シェイファー、主人公の上司である医師のロン・カナダ、レストランの店長ウィリー・ガーソン、ゴーストバスターのジョエル・マッキノン・ミラーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020