4310 Movies

眺めのいい部屋 A Room with a View (1985)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1908年に発表された、E・M・フォースターの小説”眺めのいい部屋”を基に製作された作品。
イングランドの良家の子女と奔放な青年との恋の行方を描く、監督ジェームズ・アイヴォリー、出演マギー・スミスヘレナ・ボナム=カーターデンホルム・エリオットジュリアン・サンズサイモン・キャロウダニエル・デイ=ルイスジュディ・デンチ他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・アイヴォリー

製作:イスマイール・マーチャント
原作:E・M・フォースター眺めのいい部屋
脚色:ルース・プラヴァー・ジャブヴァーラ
撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
衣装デザイン
ジェニー・ビーヴァン
ジョン・ブライト
美術
ジャンニ・クァランタ
ブライアン・エクランド=スノウ
ブライアン・セーブガー
エリオ・アルタムラ
編集:ハンフリー・ディクソン
音楽:リチャード・ロビンズ

出演
シャーロット・バートレット:マギー・スミス
ルーシー・ハニーチャーチ:ヘレナ・ボナム=カーター
エマソン:デンホルム・エリオット
ジョージ・エマソン:ジュリアン・サンズ
ビーブ牧師:サイモン・キャロウ
セシル・ヴァイス:ダニエル・デイ=ルイス
マリアン・ハニーチャーチ:ローズマリー・リーチ
フレディ・ハニーチャーチ:ルパート・グレイヴス
イーガー牧師:パトリック・ゴドフリー
エレノア・ラヴィッシュ:ジュディ・デンチ
キャサリン・アラン:フェイビア・ドレイク
テレサ・アラン:ジョーン・ヘンリー
ペンションの女主人:アマンダ・ウォーカー
ヴァイス夫人:マリア・ブリトネーヴァ
ハリー・オトウェイ卿:ピーター・セリエ
ミニー・ビーブ:ミア・フォザーギル

イギリス 映画
配給 Curzon Film Distributors
1985年製作 117分
公開
イギリス:1986年4月11日
北米:1986年3月7日
日本:1987年7月25日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $20,966,640


アカデミー賞
第59回アカデミー賞

・受賞
脚色・美術・衣裳デザイン賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(デンホルム・エリオット
助演女優(マギー・スミス
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イタリア王国フィレンツェ
イングランドサリーからこの地を訪れたシャーロット・バートレット(マギー・スミス)は、両家の子女で従妹のルーシー・ハニーチャーチ(ヘレナ・ボナム=カーター)のシャペロン(付き添い婦)としてペンション”ベルトリーニ”の部屋に宿泊する。

窓からアルノ川が見えないために残念に思うルーシーは、シャーロットからも、女主人の手紙には、南向きの眺めも良く隣同士の部屋だと書いてあったと言われる。

ルーシーは、酷い仕打ちだと言って嘆く。

その後、ルーシーと共に食堂に向かったシャーロットは、小説家のエレノア・ラヴィッシュ(ジュディ・デンチ)やイギリス人旅行者のエマソン(デンホルム・エリオット)、キャサリン・アラン(フェイビア・ドレイク)とテレサ(ジョーン・ヘンリー)姉妹らのテーブルに着き、料理の味も不満に思う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イタリア王国フィレンツェ
イングランドサリーからこの地を訪れたシャーロットは、良家の子女であるルーシーのシャペロン(付き添い婦)としてペンション”ベルトリーニ”の部屋に宿泊する。
眺めがよくない部屋に不満なルーシーとシャーロットは、イギリス人旅行者のエマソンと息子のジョージから、自分達の眺めのいい部屋と交換することを提案される。
部屋を移ったルーシーは街に出かけた際、”シニョリーア広場”での喧嘩で刺された男が血だらけになる姿を目撃して失神してしまう。
ルーシーを介抱したジョージは、噂を気にする彼女に、この件は誰にも話さないと伝える。
後日、エマソン父子ら宿泊客と馬車で遠出したルーシーは、その際ジョージからキスされてしまい、それを目撃したシャーロットは、イングランドに戻ることにする。
サリーに帰郷したルーシーは、良家の子息セシルとの結婚を決めて準備を始める。
そんな時ルーシーは、フィレンツェで出会ったアラン姉妹の貸家の世話をした際、その場を先に借りたのがエマソンだと知り驚く・・・。
__________

E・M・フォースターの原作を基に、脚本家でもあり、「ローズランド」(1977)などでキャリアを重ねていたジェームズ・アイヴォリーが、世界的な名声を得て評価された作品。

20世紀初頭のイングランドの田舎町とフィレンツェなどを舞台に、その美しい映像や衣装などと、ジェームズ・アイヴォリーの格調高い雰囲気の中で”柔らかい”穏やかな演出が秀逸な、見事な作品に仕上がっている。

リチャード・ロビンズの、流れるような主題曲も印象に残る。

第59回アカデミー賞では、作品賞をはじめ8部門にノミネートされ、脚色、美術、衣裳デザイン賞を受賞した。

・ノミネート
作品、監督、助演男優(デンホルム・エリオット)、助演女優(マギー・スミス)、撮影賞

主人公は良家の子女を演ずるヘレナ・ボナム=カーターであり、大人へと成長する女性の苦悩などを繊細に演じた、撮影当時19歳の、あどけなさが残る彼女の初々しい演技に注目したい。

主人公の従姉であり、シャペロン(付き添い婦)として旅に同行する中年女性を見事に演ずるマギー・スミス、主人公とフィレンツェで知り合うイギリス人旅行者を雰囲気ある演技で演ずるデンホルム・エリオット、主人公と愛し合うことになる、風変わりで奔放な青年ジュリアン・サンズ、主人公の知人である牧師のサイモン・キャロウ、堅物である主人公の婚約者ダニエル・デイ=ルイス、その母親マリア・ブリトネーヴァ、主人公の母親ローズマリー・リーチ、その息子ルパート・グレイヴスフィレンツェ在住の牧師パトリック・ゴドフリー、主人公がフィレンツェで出会う小説家のジュディ・デンチ、老姉妹フェイビア・ドレイクとジョーン・ヘンリー、フィレンツェの宿屋の女主人アマンダ・ウォーカー、地主のピーター・セリエ、牧師(サイモン・キャロウ)の姪ミア・フォザーギルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020