4907 Movies

地獄の天使 Hell’s Angels (1930)

第一次大戦に従軍したイギリス人兄弟の運命を描く、製作、監督ハワード・ヒューズ、主演ベン・ライオンジェームズ・ホールジーン・ハーロウ他共演の戦争ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督

ハワード・ヒューズ
エドマンド・グールディング(クレジットなし)
ジェイムズ・ホエール(クレジットなし)
製作:ハワード・ヒューズ
原作
マーシャル・ニーラン
ジョセフ・モンキュア・マーチ
脚本
ハワード・エスタブルック
ハリ・ベーン
撮影
トニー・ゴーディオ
ハリー・ペリー
E・ヴァートン・ステーン
エルマー・ダイヤー
ハリー・ゼック
デュウェイ・リングレイ
編集
ダグラス・ビッグス
フランク・ローレンス
ペリー・ホリングスワース(クレジットなし)
音楽
ヒューゴ・リーゼンフェルド(クレジットなし)
アドルフ・タンドラー(クレジットなし)

出演
モンテ・ラトリッジ:ベン・ライオン
ロイ・ラトリッジ:ジェームズ・ホール
ヘレン:ジーン・ハーロウ
カール・アルンシュテット:ジョン・ダーロウ
フォン・クランツ男爵:ルシアン・プリヴァル
フォン・ブルーン中尉/マンフレート・フォン・リヒトホーフェン(戦闘シーン):フランク・クラーク
”バルディ”マロニー:ロイ・ウィルソン
レッドフィールド大尉:ダグラス・ギルモア
フォン・クランツ男爵夫人:ジェーン・ウィントン
レディ・ランドルフ:イヴリン・ホール
少佐:ウィリアムB.デヴィッドソン
RFC戦隊指揮官:ウィンダム・スタンディング
グレッチェン:レナ・メラナ
キスする少女:マリアン・マーシュマリリン・モーガン
ツェッペリン指揮官:カール・フォン・ハートマン
ツェッペリン副官:F.シューマン=ハインク
エリオット:スティーヴン・カー
パイロット:トーマス・カー
パイロット:J.グランビル=デイヴィス
フォン・シュリベン:ハンズ・ジョビー(クレジットなし)
マリエット:パット・サマーセット(クレジットなし)
フォン・リッチトーフェン:ヴィルヘルム・フォン・ブリンケン(クレジットなし)

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1930年製作 131分
公開
北米:1930年11月15日
日本:1931年9月
製作費 $2,800,000


アカデミー賞
第3回アカデミー賞

・ノミネート
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ドイツミュンヘン第一次世界大戦勃発前。
イギリス人青年のロイ・ラトリッジ(ジェームズ・ホール)は、オックスフォード大学の学友カール・アルンシュテット(ジョン・ダーロウ)と共にビアホールで楽しんでいた。

ロイは弟のモンテ(ベン・ライオン)を待っていたのだが、女癖が悪い彼が、トラブルばかり起こしていることを気にしていた。

まじめなロイは、若くて美しい恋人ヘレン(ジーン・ハーロウ)を理想の人と考え愛していた。

そこに女性を伴ったモンテが現れ、ついてきた彼女を迷惑に思う彼は逃げ去る。

その後モンテは、フォン・クランツ男爵夫人(ジェーン・ウィントン)と屋敷で逢引きしていた。

そこにドイツ陸軍大佐フォン・クランツ男爵(ルシアン・プリヴァル)が戻り、2人が抱き合っているのを見ても冷静な彼は、決闘の介添え人が後で向かうことだけをモンテに伝えて帰す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ドイツミュンヘン第一次世界大戦勃発前。
オックスフォード大学の学生ロイとモンテのラトリッジ兄弟は、学友のドイツ人カールと共に休暇を楽しんでいた。
帰国したロイとモンテは、カールに、フランスと戦争状態になった祖国から徴兵の通達が届いたことを知る。
戦争に興味をがないモンテだったが、ロイがRFC/陸軍航空隊に入隊したために仕方なく志願する。
ロイの恋人ヘレンを紹介さたモンテは、彼女に一目惚れしてしまう。
ヘレンに誘われたモンテは、誘惑に負けてしまうものの後悔し、奔放な彼女が、まじめなロイに相応しくない相手だと考える・・・。
__________

既に映画製作に携わっていたカリスマ的存在の大富豪ハワード・ヒューズが製作を兼ねて監督した作品。

第一次大戦に従軍したイギリス人兄弟の運命を描く戦争ドラマ。

撮影中の事故で3人のパイロットが亡くなり、ハワード・ヒューズ自信も墜落して負傷し、当時としては破格の100万ドル(最終的には280万ドル)を超える製作費がかけられ、世間を騒がせながら撮影に2年かけて完成した超大作。

注目の人物だったとは言え、まだ20代前半のハワード・ヒューズの才能には驚くばかりで、徹底的にこだわった空中戦や武器庫爆破の映像など、その迫力は現在でも十分通用する、見応えある作品に仕上がっている。

空中戦では、ドイツ軍が誇る撃墜王”レッド・バロン”マンフレート・フォン・リヒトホーフェンも登場し、飛行船”ツェッペリン”によるロンドン空爆作戦など、カラーシーンなども挿入され、娯楽作として見どころ満載だ。

第3回アカデミー賞では、撮影賞にノミネートされた。

撮影当時16~17歳のジーン・ハーロウの出演も注目で、彼女は本作で一気に人気スターとなるが、それ以降の彼女の妖艶な魅力に比べると、年齢的なことを考えれば仕方がないが、やや物足りない気がする。

女癖が悪く優柔不断な青年ベン・ライオン、常に彼を見守る兄のジェームズ・ホール、2人の友人であるドイツ人で、第二の故郷であるイングランド本土を爆撃できないジョン・ダーロウ、主人公兄弟に関わるドイツ人男爵である将軍ルシアン・プリヴァル、その妻ジェーン・ウィントンドイツ軍パイロットと撃墜王マンフレート・フォン・リヒトホーフェンの二役を演ずるフランク・クラーク、主人公の同僚であるRFC/陸軍航空隊パイロット役ロイ・ウィルソン、ヘレン(ジーン・ハーロウ)に迫る大尉ダグラス・ギルモア、主人公の知人である貴婦人イヴリン・ホール、RFCの司令官ウィリアムB.デヴィッドソン、指揮官のウィンダム・スタンディング、ウエイトレスのレナ・メラナ、志願兵にキスする少女マリアン・マーシュマリリン・モーガン)、ツェッペリンの指揮官カール・フォン・ハートマン、副官のF.シューマン=ハインク、パイロットのトーマス・カー、グランビル=デイヴィス他、ハンズ・ジョビーパット・サマーセットヴィルヘルム・フォン・ブリンケンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022