4240 Movies

天国の門 Heaven’s Gate (1980)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

19世紀末の混乱するアメリカ社会での東ヨーロッパからの移民問題を描く、”ジョンソン郡戦争”を題材にした一大叙事詩。
監督、脚本マイケル・チミノ、主演クリス・クリストファーソンクリストファー・ウォーケンジョン・ハートイザベル・ユペールジェフ・ブリッジスサム・ウォーターストンジョゼフ・コットンミッキー・ローク他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・チミノ
製作:ジョアン・ケアリ
製作総指揮
デニス・オディール
チャールズ・オークン
ウィリアム・H・レイノルズ

脚本:マイケル・チミノ
撮影:ヴィルモス・ジグモンド
編集
リサ・フラックマン

ジェラルド・B・グリーンバーグ
ウィリアム・H・レイノルズ
トム・ロルフ
音楽:デヴィッド・マンスフィールド

出演
ジェームズ・エイヴリル:クリス・クリストファーソン

ネイサン・D”ネイト”チャンピオンクリストファー・ウォーケン
ウィリアム・C”ビリー”アーヴァイン:ジョン・ハート
エラ・ワトソンイザベル・ユペール
ジョン・L・ブリッジス:ジェフ・ブリッジス
フランク・カントンサム・ウォーターストン
総長:ジョゼフ・コットン
エグルストン:ブラッド・ドゥーリフ
ニック・レイ:ミッキー・ローク
トラッパー・フレッド:ジェフリー・ルイス
カリー:リチャード・メイサー
エキストラ:ウィレム・デフォー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1980年製作 149分/219分(修復版)
公開
北米:1980年11月19日
日本:1981年9月26日
製作費 $44,000,000
北米興行収入 $3,484,330


アカデミー賞 ■
第54回アカデミー賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1870年、ハーバード大学
卒業式で、ジェームズ・エイヴリル(クリス・クリストファーソン)と親友ウィリアム・C”ビリー”アーヴァイン(ジョン・ハート)は、牧師でもある総長(ジョゼフ・コットン)の祝辞を聞く。

卒業生代表として総長に指名されたアーヴァインは壇上に立ち、周囲を気にせず持論を説き会場を沸かせる。

その後エイヴリルら学生達は、構内での舞踏会や女学生に見つめなられながら夜通し騒ぎ卒業を祝う。

20年後、ワイオミング州。
アメリカは、東ヨーロッパからの移民問題を抱え混乱期を迎えていた。

畜産者協会側は、殺し屋のネイサン・D”ネイト”チャンピオン(クリストファー・ウォーケン)を雇い、牛を盗んだ移民を殺害する強硬策を行っていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1870年、ハーバード大学
学生生活を終えたジェームズ・エイヴリルは、親友アーヴァインらと共に卒業を祝う。
20年後、ワイオミング州。
保安官になっていたエイヴリルは、東ヨーロッパからの移民達を問題視する畜産者協会側の強硬姿勢を注視する。
協会長カントンは、牛を盗む移民を捕えて殺害する決議を求め、傭兵を雇う考えを示す。
協会員のアーヴィンはその考えに驚き、エイヴリルに125人もの処刑リストが作られたことを伝える。
ジョンソン郡に戻ったエイヴリルは、移民が集う酒場の主人ブリッジスにその件を伝える。
エイヴリルは、心を寄せる娼館の女主人エラの元に向かい、彼女と共に土地を離れる考えを伝える。
カントンに雇われていた殺し屋で、エイヴリルの友人チャンピオンに求婚されたエラの心は揺れ動く。
その頃、50人の傭兵を雇ったカントンは、処刑計画を実行しようとしていた・・・。
__________

ディア・ハンター」(1978)で絶賛されたマイケル・チミノが脚本を兼ねて挑んだ意欲作であり、世界中から期待が寄せられた作品。

ところが、当時ブームとなっていたSF超大作の製作費を遥かに上回る4400万ドルもの巨費を投じた本作は、公開と同時に酷評され、北米ではその1/10も稼ぐこともできない散々な結果に終わり、製作会社ユナイテッド・アーティスツは倒産に追い込まれるという非常事態にまでなった。

同年公開「スター・ウォーズ エピソード5:帝国の逆襲」(1980)でさえも製作費は1800万ドル。

確かに、町並みなどのセットなどはスケール感もあり豪華なのだが、大自然の中で起きる社会問題を扱った人間ドラマだけに、費用の使い方を問われ批判されても仕方がないというところだろうか・・・。

とは言え、現在でも活躍を続けるスターの若き日の姿は今見ると新鮮で、219分(修復版)という長編も意外に飽きずに観れる丁寧な仕上がりにはなっている。
(クリス・クリストファーソンは撮影当時43歳)

第54回アカデミー賞では、美術賞にノミネートされた。

その後に評価は格段に高くなったと言われているが、アメリカ国内では、現在でもそれほどの評価を得ていないのが事実だ。

エリートとして青春時代を過ごし、その後、激動の時代を生き抜き、友を失いながら現在を見つめるラストの表情が印象的な主人公クリス・クリストファーソン、彼の友人でありながら、畜産者協会に殺し屋として雇われるネイサン・D”ネイト”チャンピオンクリストファー・ウォーケン、主人公の友人ジョン・ハート、主人公と友人の狭間で心揺れ動く娼館の女主人エラ・ワトソン役のイザベル・ユペール、主人公の協力者のジェフ・ブリッジス畜産者協会フランク・カントン役のサム・ウォーターストンハーバード大学の総長役ジョゼフ・コットン、移民の有識者ブラッド・ドゥーリフ、主人公と暮らす青年ミッキー・ローク、猟師のジェフリー・ルイス、主人公の友人で駅長リチャード・メイサー、他エキストラでウィレム・デフォーも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020