4551 Movies

ラスベガスをやっつけろ Fear and Loathing in Las Vegas (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1971年に発表された、ハンター・S・トンプソンの小説”Fear and Loathing in Las Vegas”を基に製作された作品。
ジャンキーのジャーナリストとその弁護士の常軌を逸した行動を描く、監督、脚本テリー・ギリアム、主演ジョニー・デップベニチオ・デル・トロトビー・マグワイアエレン・バーキンゲイリー・ビジークリスティーナ・リッチキャメロン・ディアス他共演のブラック・コメディ。


コメディ

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:テリー・ギリアム
製作
ライラ・ナバルシ
パトリック・カサヴェッティ
スティーヴン・ネメス
製作総指揮
ハロルド・ブロンソン
リチャード・フース
原作:ハンター・S・トンプソンFear and Loathing in Las Vegas
脚本
テリー・ギリアム

アレックス・コックス
トニー・グリゾーニ
トッド・デイヴィス
撮影:ニコラ・ペコリーニ
編集:レスリー・ウォーカー
音楽:レイ・クーパー

出演
ラウル・デューク:ジョニー・デップ

Dr.ゴンゾー:ベニチオ・デル・トロ
ヒッチハイカー:トビー・マグワイア
ウェイトレス:エレン・バーキン
ハイウェイ・パトロール:ゲイリー・ビジー
ルーシー:クリスティーナ・リッチ
雑誌記者:マーク・ハーモン
テレビ・リポーター:キャメロン・ディアス
ホテルのフロント係:キャサリン・ヘルモンド
L・ロン・バンクイスト:マイケル・ジェッター
ラセルダ:クレイグ・ビアーコ
ロード・パーソン:ライル・ラヴェット
ヒッピー:フリー
スヴェン:クリストファー・メローニ
判事:ハリー・ディーン・スタントン
警察署長:トロイ・エヴァンス
本人(声):デビー・レイノルズ
メイドのアリス:ジェニット・ゴールドスタイン
ウェイター:ヴァーン・トロイヤー
ホテルのフロント係:グレゴリー・イッツェン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1998年製作 119分
公開
北米:1998年5月22日
日本:1999年12月18日
製作費 $18,500,000
北米興行収入 $10,562,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1971年。
ジャーナリストのラウル・デューク(ジョニー・デップ)とサモア人の弁護士Dr.ゴンゾー(ベニチオ・デル・トロ)は、デザート・オフロード・レース”Mint 400”を取材するため、トランクに大量のドラッグと酒を積んでラスベガスに向かう。

二人は、街道でヒッチハイカー(トビー・マグワイア)を乗せて、デュークが1時間前のことを話し始める。

ロサンゼルス
ビバリーハイツ・ホテルで電話を待っていたデュークとゴンゾーは、ラスベガスでラセルダ(クレイグ・ビアーコ)というカメラマンに会えば詳細が分かるという本部からの連絡を受ける。

車などを手配し旅支度をし、メスカリンでハイになった二人はラスベガスに向かう。
_______

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1971年。
ジャーナリストのラウル・デュークとサモア人の弁護士Dr.・ゴンゾーは、デザート・オフロード・レース”Mint 400”を取材するため、トランクに大量のドラッグと酒を積んでラスベガスに向かう。
まともな行動もできないほどハイになりながら現地に到着した二人は、幻覚を見ながらホテルの部屋に向かう。
レースは始まるものの、まともな取材もする気のなくなったデュークは、異常なゴンゾーと共に部屋を荒らしまくる・・・。
__________

異様な雰囲気の街ラスベガスを舞台に、反戦運動やドラッグの蔓延などの問題を抱える激動の時代を描く、テリー・ギリアムの独特の世界観を堪能できる作品。

異色の内容であり、前衛的イメージが強烈すぎたためか、豪華スター競演にも拘らず興行的には成功しなかった作品。

製作費 $18,500,000
北米興行収入 $10,562,300

上記のようにテリー・ギリアムの映像感覚や異常な世界を受け入れられないと、評価は全く異なるものになると思えるが、それを踏まえて観ていると実に興味深く鑑賞できる。

ハリウッドの頂点を極めようとしていたジョニー・デップの異様なキャラクターと、その弁護士を常軌を逸した演技で演ずる実力派スターのベニチオ・デル・トロの怪演は見ものだ。

ヒッチハイカーのトビー・マグワイア、カフェのウェイトレス、エレン・バーキン、ハイウェイ・パトロールの警官ゲイリー・ビジーバーブラ・ストライサンドの肖像画を描いている、主人公二人に関わる少女クリスティーナ・リッチ、雑誌記者のマーク・ハーモン、テレビ・リポーターのキャメロン・ディアス、”ミント・ラスベガス”のフロント係キャサリン・ヘルモンド、全国地方検事麻薬取締会議のゲスト、マイケル・ジェッター、カメラマンのクレイグ・ビアーコ、街道の男ライル・ラヴェット、ヒッピーのフリー、”フラミンゴ・ラスベガス”のフロント係クリストファー・メローニ、判事ハリー・ディーン・スタントン、警察署長トロイ・エヴァンス、本人の声のみでデビー・レイノルズ、メイドのジェニット・ゴールドスタイン、ウェイターのヴァーン・トロイヤー、”ミント・ラスベガス”のフロント係(グレゴリー・イッツェン)などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021