4296 Movies

ハリウッド式 恋のから騒ぎ The Deal (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

落ちぶれた映画プロデューサーの起死回生をかけた奮闘と恋を描く、脚本、主演ウィリアム・H・メイシーメグ・ライアンLL・クール・Jエリオット・グールドジェイソン・リッター他共演、監督、脚本スティーヴン・シャクターによるコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴン・シャクター
製作
アイリーン・リチンスキー
ケリー・ナカモト
マイケル・プラパス
製作総指揮
ジェイソン・バーク
ゲイリー・ホーサム
マット・レイン
リューイン・ウェッブ
原作:ピーター・レフコート”The Deal”
脚本
ウィリアム・H・メイシー

スティーヴン・シャクター
撮影:ポール・サロッシー
編集
マット・フリードマン
スーザン・マッジ

音楽:ジェフ・ビール

出演
チャーリー・バーンズ:ウィリアム・H・メイシー

ディードラ・ハーン:メグ・ライアン
ボビー・メイソン:LL・クール・J
セス・ガッターマン:エリオット・グールド
ライオネル・トラヴィッツ:ジェイソン・リッター
フィオナ・ヒックス:フィオナ・グラスコット
レヴィ・ローゼンウォルド:シャロン・レジニアーノ
ナイジェル・ブランド:ジョン・カーソン

イアン・チャドウィック:ジェレミー・クラッチリー
リンダ:ケイト・ブルムバーグ
グリア・クラーク:デヴィッド・ハント

アメリカ 映画
配給 Peace Arch Entertainment
2008年製作 100分
公開
北米:2008年1月22日(サンダンス映画祭
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ハリウッド
落ちぶれた映画プロデューサーのチャーリー・バーンズ(ウィリアム・H・メイシー)は、自殺しようとしていた。

そこに、ラビで葬儀屋の甥ライオネル・トラヴィッツ(ジェイソン・リッター)が現れたため、チャーリーは仕方なく対応する。

ライオネルが書いた脚本を預かったチャーリーは、彼を追い払い自殺しようとする。

車の排気ガスを家に引き込もうとしたチャーリーだったが、エンジンがかからずに自殺さえもできない。

ライオネルの脚本で閃いたチャーリーは、19世紀にイギリスの首相を務めた”ベンジャミン・ディズレーリ”の物語にも拘わらずアクション・スターのボビー・メイソン(LL・クール・J)を起用した作品の企画を考える。

ラビのセス・ガッターマン(エリオット・グールド)の元に向かったチャーリーは協力を求める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1991年に発表された、ピーター・レフコートの小説”The Deal”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ハリウッド
落ちぶれた映画プロデューサーのチャーリー・バーンズは、自殺を考えていたものの、訪ねて来た甥のライオネルが持参した脚本で起死回生の作品を製作しようとする。
19世紀にイギリスの首相”ベンジャミン・ディズレーリ”の物語を、アクション・スターのボビー・メイソンを起用した脚本に書き換えたチャーリーは、マスコミが騒ぐように仕向ける。
映画スタジオの企画担当ディードラは、その脚本を買い取るよう上司から指示されるものの、チャーリーはそれを渡そうとしない。
脚本をすり替えて手に入れたディードラだったが、チャーリーは脚本の書き換えを続けてスタジオ側の気を引き製作は決まる。
南アフリカケープタウンでの撮影が始まる段階で、ディードラに気があるチャーリーは、ボビーの要望だと言って彼女を呼び寄せる。
撮影はまずまず順調に進むのだが、主演のボビーが過激派組織に誘拐されてしまい、深い関係になっていたチャーリーとディードラは窮地に立たされる・・・。
____

よくあるハリウッドの内幕もので話は単純なのだが、ユダヤ人とその資本に支配されている映画界を皮肉った内容と、中年男女のロマンスを絡めた楽しい作品に仕上がっている。

北米では”サンダンス映画祭”などで上映されただけで、ポルトガル以外ではDVDリリースしかされなかった。

恋を語るような雰囲気でない役者のウィリアム・H・メイシーが主演のロマンスでもあるというところが注目で、脚本を兼ねる彼は独特の個性を生かし、名バイプレイヤーとしての実力を発揮し深い演技を見せてくれる。

ウィリアム・H・メイシーの恋の相手には釣り合わないメグ・ライアンなのだが、彼女が40代後半であるために不思議と違和感がない。
相変わらずキュートな魅力のキャリアウーン振りは見ものだ。

ハリウッドのアクションスター、LL・クール・J、映画に投資する製作者のラビ役エリオット・グールド、主人公の甥で脚本を担当するジェイソン・リッター、彼と親密になる映画のヒロイン役フィオナ・グラスコット、監督のシャロン・レジニアーノ、ベテラン俳優役のジョン・カーソン、主演男優役のジェレミー・クラッチリー、衣装係ケイト・ブルムバーグ、、スタジオ関係者デヴィッド・ハントなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020