4511 Movies

タラデガ・ナイト オーバルの狼 Talladega Nights: The Ballad of Ricky Bobby (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

少年時代からスピードに憧れていたNASCARのトップ・レーサーの挫折と奮闘を描く、製作、監督、脚本アダム・マッケイ、製作、脚本、主演ウィル・フェレルジョン・C・ライリーサシャ・バロン・コーエンマイケル・クラーク・ダンカンエイミー・アダムス他共演の爆笑アクション・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:アダム・マッケイ
製作
ジャド・アパトー

ジミー・ミラー
製作総指揮
ウィル・フェレル

リチャード・グローヴァー
デヴィッド・ハウスホルター
ライアン・カヴァナー

アダム・マッケイ
サラ・ネッティンガ
脚本
アダム・マッケイ

ウィル・フェレル
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:ブレント・ホワイト
音楽:アレックス・ワーマン

出演
リッキー・ボビー:ウィル・フェレル

キャル・ノートンJr.:ジョン・C・ライリー
ジャン・ジラール:サシャ・バロン・コーエン
カーリー・ボビー:レスリー・ビブ
ルーシャス・ワシントン:マイケル・クラーク・ダンカン
スーザン:エイミー・アダムス
ルーシー・ボビー:ジェーン・リンチ
リース・ボビー:ゲイリー・コール
ラリー・デニット:パット・ヒングル
ラリー・デニット・Jr:グレッグ・ジャーマン
デニット夫人:モリー・シャノン
グレゴリー:アンディ・リクター
ハーシェル:デヴィッド・ケックナー
グレン:ジャック・マクブレイヤー
カイル:イアン・ロバーツ
ジャック・テルモント:ロブ・リッグル

本人:レイ・ワイズ
本人:デイル・アーンハートJr.
本人:ジェイミー・マクマレー
本人:エルヴィス・コステロ
本人:モス・デフ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2006年製作 108分(完全版 121分)
公開
北米:2006年8月4日
日本:未公開
製作費 $73,000,000
北米興行収入 $148,213,380
世界 $162,966,180


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
スピード狂のリース・ボビー(ゲイリー・コール)は、妻ルーシー(ジェーン・リンチ)の陣痛が始まったため、100マイル以上の速度で病院に向かう。

病院を通り過ぎてしまったリースは、急ブレーキを踏んでルーシーに出産させて男の子が生れる。

早く走ることに憧れる5歳のリッキーは、母ルーシーが買い物している間に車を運転してしまう。

スピードへの気持ちが変わっていない小学生のリッキーは、授業で”父親の話を聞く日”に、何年も会っていなかったリースが現れたため驚く。

ジャンキーでアル中のリースは、勝手な話をして校舎から放り出され、”1位以外は最下位だ”とリッキーにい残してその場を去る。

15年後、”タラデガ・スーパースピードウェイ”。
NASCARの最下位チーム”デニット・レーシング”のピット・クルーになっていたリッキー(ウィル・フェレル)は、ドライバーがレースを放棄したため、チーフのルーシャス・ワシントン(マイケル・クラーク・ダンカン)に速く走りたいと言ってドライバーの代わりを務める。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
少年時代からスピード狂だったリッキー・ボビーは、NASCARのレーシング・チームに入りピット・クルーからドライバーになる。
抜群の速さで一気にトップ・レーサーになったリッキーは、親友キャルの協力を得て勝利を続け、美しいカーリーと結婚して息子も生まれる。
そんな時キャルは、自分を嫌うオーナーのラリーの招きで、フランスF1ドライバーのジラールがレースに参戦することを知らされる。
二人はレースで対決することになるが、クラッシュしたリッキーはジラールに敗れ、恐怖を体験したショックで再起不能になってしまう・・・。
__________

盟友であるアダム・マッケイジャド・アパトーウィル・フェレルがコンビを組み、派手なアクションとナンセンス・ギャグによる抱腹絶倒の痛快コメディ。

馬鹿げたトーク続出の単純に楽しめるコメディとして大いに受けた作品で、アダム・マッケイウィル・フェレルが担当する脚本のユーモアのセンスも抜群である。

それに加え、特撮を駆使したレースシーンの迫力は凄まじく、手抜きのない内容は流石ハリウッド作品だ。

舞台として登場する収容人員10万人以上の巨大なスピードウェイが、何か所もあるという凄まじいばかりのアメリカのスケール感が味わえる作品でもある。
インディアナポリス・モーター・スピードウェイ”などは、その数倍の20~40万人の収容能力があるというのだから驚かされる。

更には、主演のウィル・フェレル他、主要男優達が皆巨漢であり、その迫力に圧倒される。

北米興行収入は約1億4800万ドル、全世界では約1億6300万ドルのヒットとなった。

いつものように独特の個性で笑わせてくれる主人公のレーサー、ウィル・フェレル、彼との相性抜群である、親友のレーサー役ジョン・C・ライリーフランス人元F1ドライバーを怪演するサシャ・バロン・コーエン、主人公の妻レスリー・ビブ、主人公の親友であるピット・クルーのチーフ、マイケル・クラーク・ダンカン、主人公と愛し合うようになるエイミー・アダムス、人間味が溢れ非常に印象深い役を演ずる二人、主人公の両親ゲイリー・コールジェーン・リンチ、チーム・オーナーのパット・ヒングル、その息子グレッグ・ジャーマン、アル中のその妻モリー・シャノン、ジラール(サシャ・バロン・コーエン)の”夫”アンディ・リクター、ピット・クルーのデヴィッド・ケックナージャック・マクブレイヤー、イアン・ロバーツ、レース番組解説者ロブ・リッグル、本人役でレイ・ワイズエルヴィス・コステロモス・デフ、そして現役レーサーのデイル・アーンハートJr.ジェイミー・マクマレーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021