4506 Movies

ザ・ヒット・リスト The Hit List (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

最悪の日だったと言う男から殺したい5人のリストを受け取ったプロの殺し屋の殺人ゲームを描く、キューバ・グッディングJr.コール・ハウザー共演の犯罪アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ウィリアム・カウフマン
製作総指揮
リッチ・コーワン
ジョニー・マーティン
デヴィッド・E・オーンストン
脚本
チャド・ロー
エヴァン・ロー
編集:ジャイソン・A・ペイン
撮影:マーク・ラトリッジ
音楽:ディーン・オグデン

出演
ジョナス・アーバー:キューバ・グッディングJr.
アラン・キャンベル:コール・ハウザー
ニール・マッケイ:ジョナサン・ラパーリア
シドニー・キャンベル:ジニー・ウィアリック
マイク・ドッド:ドリュー・ウォーターズ
ブライアン・フェルツナー:ショーン・クック

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Home Entertainment
2011年製作 91分
公開
北米:2011年5月10日
日本:未公開
製作費 $6,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントン州、シアトル
眠っていたジョナス・アーバー(キューバ・グッディングJr.)は、戦地で戦っていた悪夢にうなされて目覚める。

ワシントンD.C.
ある政府の関係者は、ジョナスが任務放棄したことを問題視する。

ワシントン州、スポケーン
エンジニアである会社員のアラン・キャンベル(コール・ハウザー)は、自分ではなく後輩のブライアン・フェルツナー(ショーン・クック)が昇進したためショックを受ける。

妻シドニー(ジニー・ウィアリック)に電話をしてもでないため、アランはブライアンに電話をして、自分の企画を盗んだことをメッセージに残して批判する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ワシントン州、スポケーン
会社員のアラン・キャンベルは、昇進を見送られ、妻のシドニーが親友マイクと浮気していたことを知る。
昇進を見込み投資して失敗していたアランは殴られ、最悪の一日だと思いながらバーに向かう。
その場で出会ったジョナス・アーバーからプロの殺し屋だと言われたアランは、それを信じようとしない。
証明すると言うジョナスは、殺したい者の5人のリストをアランにメモさせる。
ジョークのつもりで書いたメモと共にジョナスは姿を消し、翌朝、そのリスト通り上司が殺されたことを知ったアランは驚く。
市警のマッケイ刑事は捜査を始め、被害者と揉めていたアランを疑う。
リストに書いた次のターゲットの同僚を救うため、アランは、彼がいるはずの取引先に向かうのだが・・・。
__________

北米をはじめ世界各国でも劇場公開はされず、DVDリリースだけに終わった作品。

B級作品的雰囲気は漂っているものの、実力派スターのキューバ・グッディングJr.コール・ハウザーの共演は注目できる作品。

謎の男である殺し屋がプロに徹する行動が見所の作品で、それに巻き込まれる一般人が、別世界の人間に翻弄される姿や恐ろしさが描かれている。

序盤で、病を抱え人間味を感じさせる殺し屋が、プロとして行動し始める急変する展開が実に興味深い。

冷静沈着、冷酷なプロの殺し屋を雰囲気ある演技で好演するキューバ・グッディングJr.、彼と知りあったために翻弄され、大変な事件に巻き込まれながら運命に従うしかないコール・ハウザー、殺人事件の担当刑事ジョナサン・ラパーリア、アラン(コール・ハウザー)の妻ジニー・ウィアリック、その浮気相手でアランの親友のドリュー・ウォーターズ、アランの同僚ショーン・クックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021