4501 Movies

フェア・ゲーム Fair Game (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハイテクを駆使したテロ集団に命を狙われる弁護士を守ろうとする刑事の戦いを描く、製作ジョエル・シルバー、主演ウィリアム・ボールドウィンシンディ・クロフォードスティーヴン・バーコフクリストファー・マクドナルドサルマ・ハエック他共演、監督アンドリュー・サイプスによるクライム・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:アンドリュー・サイプス

製作:ジョエル・シルバー
製作総指揮:トーマス・M・ハメル
原作:ポーラ・ゴズリング”Fair Game”
脚本:チャーリー・フレッチャー
撮影:リチャード・ボーウェン
編集
デイヴィッド・フィンファー
クリスチャン・ワグナー
スティーヴン・ケンパー
音楽:マーク・マンシーナ

出演
マックス・カークパトリック:ウィリアム・ボールドウィン
キャサリン”ケイト”マックイーン:シンディ・クロフォード
イリア・パヴェル・カザク大佐:スティーヴン・バーコフ
メイヤーソン警部補:クリストファー・マクドナルド
エミリオ・ファントレナ:ミゲル・サンドバル
ジョディ・カークパトリック:ヨハン・カルロ
リタ:サルマ・ハエック
ルイス・アラゴン:ジョン・ベッドフォード・ロイド
レオニード”ザ・ハッカー”ヴォルコ:ポール・ディロン
ジューコフ:オレク・クルパ
ローザ:ジェニット・ゴールドスタイン
ビーンポール刑事:ドン・イェッソ
グレイベラ刑事:フランク・メドラーノ
アダム:スコット・マイケル・キャンベル
ウォルター・ホレンバック:ダン・ヘダヤ
ナビゲーター:マーク・マコーレイ
ベイカー:ソニー・カール・デイヴィス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1995年製作 91分
公開
北米:1995年11月3日
日本:1996年4月20日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $11,534,4780


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
マイアミ
ジョギング中のキャサリン”ケイト”マックイーン(シンディ・クロフォード)は、何者かが発砲した流れ弾で怪我をする。

マックス・カークパトリック刑事(ウィリアム・ボールドウィン)は、警察署に現れた別れた恋人のリタ(サルマ・ハエック)から、早く荷物を運び出すようにと言われ、皆の前で罵倒される。

その騒ぎの中、犯罪者のラッツォは保釈保証人の銃を奪い発砲する。

保釈保証人に銃を向けたラッツォは、マックスに銃を奪われて手錠をかけられる。

憤慨するメイヤーソン警部補(クリストファー・マクドナルド)は、保釈保証人の銃を預からなかった部下達に、今度やったら交通係行きだと伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1974年に発表された、ポーラ・ゴズリングの小説”Fair Game”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
マイアミ
マックス・カークパトリック刑事は、ジョギング中に流れ弾で怪我をした弁護士ケイトから話を聞く。
KGBでテロリスト集団のリーダーであるカザク大佐は、貨物船を所有しているシステムの侵入に精通するファントレナと組み、悪党が非合法行為で得た金を西側の銀行口座から奪うことを計画していた。
ファントレナの妻の弁護士であるケイトが、彼の船の所有権を奪おうとしているため、カザクはケイトの命を奪おうとしていたのだった。
供述書のサインを求めるためにケイトの家に向かったマックスは、その場が爆破されたために彼女を救う。
マックスと共に逃亡するケイトを追うカザクは、ハイテクを駆使して二人を捜し殺害しようとするのだが・・・。
__________

公開当時、若手期待のスター、ウィリアム・ボールドウィンとスーパーモデルのシンディ・クロフォードが共演することが話題になった作品。

この年にリチャード・ギアと離婚しているシンディ・クロフォードは、演技者としての初の大役となった。

諜報組織の工作員級の活躍をする刑事と、魅力的な女性弁護士の組み合わせでスタイリッシュに描かれた内容は興味深いのだが、荒唐無稽なシーンが多く、ご都合主義的な展開もやや気になる。

ウィリアム・ボールドウィンシンディ・クロフォードの評価は悪く、ラジー賞で、最悪カップルなど複数ノミネートされてしまった。

5000万ドルをかけた作品なのだが、北米興行収入は約1200万ドルという結果に終わった。

まだそれほど一般には普及していないコンピューターや、ハイテクを駆使した犯罪が、当時を考えればなかなか巧みに描かれてはいる。

KGBであるハイテクテロ集団のリーダー、スティーヴン・バーコフ、主人公の上司である警部補クリストファー・マクドナルド、テロ集団と組む貨物船のオーナー、ミゲル・サンドバル、主人公の従姉である鑑識のヨハン・カルロ、主人公の元恋人サルマ・ハエック、主人公の同僚刑事ジョン・ベッドフォード・ロイド、テロリストのハッカー、ポール・ディロン、その仲間オレク・クルパジェニット・ゴールドスタインマーク・マコーレイ、ソニー・カール・デイヴィス、刑事のドン・イェッソとフランク・メドラーノ、コンピューター・ショップの店員スコット・マイケル・キャンベル、弁護士のダン・ヘダヤなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021