4310 Movies

娼婦ベロニカ Dangerous Beauty (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

16世紀のヴェネツィアを舞台に、高級娼婦”クルチザンヌ”として生き抜く決心をした女性ベロニカ・フランコの生き様と愛を描く、製作、監督マーシャル・ハースコビッツ、主演キャサリン・マコーマックルーファス・シーウェルオリヴァー・プラットフレッド・ウォードジャクリーン・ビセット他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:マーシャル・ハースコビッツ

製作
マーシャル・ハースコビッツ
エドワード・ズウィック
アーノン・ミルチャン
サラ・キャプラン
製作総指揮
マイケル・ナサンソン
ステファン・ランドール
原作:マーガレット・ローゼンタール”The Honest Courtesan
脚本:ジェニーン・ドミニー
撮影:ボジャン・バゼリ
編集
スティーヴン・ローゼンブラム
アーサー・コバーン
音楽:ジョージ・フェントン

出演
ベロニカ・フランコキャサリン・マコーマック
マルコ・ベニエ:ルーファス・シーウェル
マフィオ・ベニエ:オリヴァー・プラット
ドメニコ・ベニエ:フレッド・ウォード
パオラ・フランコ:ジャクリーン・ビセット
ベアトリーチェ・ベニエ:モイラ・ケリー
ジュリア・デ・レッゼ:ナオミ・ワッツ
ピエトロ・ベニエー:ジェローン・クラッベ
ローラ・ベニエ:ジョアンナ・キャシディ
リヴィア:メリーナ・カナカレデス
セラフィーノ・フランコ:ダニエル・ラペーン
エレナ・フランコ:ジャスティン・ミセリ
アンリ3世ジェーク・ウェバー
ヴェネツィア総督:ピーター・アイア
ランベルティ国防大臣:サイモン・ダットン
デ・ラ・トーレ枢機卿:マイケル・カルキン
修道士:ティム・マクマラン

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
20世紀FOX(世界)
1998年製作 112分
公開
北米:1998年2月20日
日本:1999年10月23日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $4,553,270


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
16世紀、ヴェネツィア
女性が男性の所有物であった時代、ベロニカ・フランコキャサリン・マコーマック)は、友人ベアトリーチェ・ベニエ(モイラ・ケリー)の兄である、ローマから戻ったマルコ(ルーファス・シーウェル)に惹かれていた。

身分違いと知りながら、ベロニカはマルコを愛した。

ヴェネツィアの男達は皆、街の華である”クルチザンヌ”(高級娼婦)のリヴィア(メリーナ・カナカレデス)らに夢中だった。

ベロニカに声をかけて優しく接するマルコは、両親ピエトロ(ジェローン・クラッベ)とローラ(ジョアンナ・キャシディ)に迎えられる。

その後、母パオラ(ジャクリーン・ビセット)から、結婚は単なる契約だと言われたベロニカは、それを気にせずに自分に会いに来たマルコの元に向かう。

マルコと付き合うベロニカのおかげで、兄セラフィーノは良縁で自分が出世できると思うが、姉のエレナ(ジャスティン・ミセリ)は、寝たら捨てられると考える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
16世紀、ヴェネツィア
女性が男性の所有物であった時代、ベロニカ・フランコは貴族のマルコと愛し合っていたものの、身分の違いを理由に別れる。
母パオラからマルコを手に入れられる方法があると言われたベロニカは、”クルチザンヌ”(高級娼婦)になることを提案される。
家計を助ける必要もあるベロニカは、実は高級娼婦だったパオラからすべてを教わり、クルチザンヌになる決心をするのだが・・・。
__________

1992年に発表された、マーガレット・ローゼンタールの著書”The Honest Courtesan”を基に製作された作品。

16世紀のヴェネツィアを舞台に、高級娼婦”クルチザンヌ”として生き抜く決心をした女性ベロニカ・フランコの生き様と愛を描くドラマ。

男尊女卑の時代、女性が地位を築くための一つの手段だった高級娼婦”クルチザンヌ”として一生を捧げる決心をしたヒロインと、彼女を諦めきれない貴族の男性の愛の姿が、美しいヴェネツィアの情景と共に華麗に描かれた作品。

身分の低い女性が、高級娼婦となることで教養を身につけることや特権階級との接触が許された、当時の社会情勢などが実に興味深い。

主演のキャサリン・マコーマックは、身分の低い女性が社会で認められる唯一の方法だった、教養ある高級娼婦の世界で生きる決心をした美しきベロニカ・フランコを好演している。

主人公を愛する貴族を熱演するルーファス・シーウェル、彼のいとこであり、主人公に嫉妬し、神の道に身を捧げるオリヴァー・プラット、彼らの伯父であるフレッド・ウォード、主人公の母親であり、元高級娼婦として娘にすべてを教えるジャクリーン・ビセット、マルコ(ルーファス・シーウェル)の妹である主人公の親友モイラ・ケリー、マルコと結婚する女池の子女ナオミ・ワッツ、マルコの両親ジェローン・クラッベジョアンナ・キャシディヴェネツィアの華である高級娼婦メリーナ・カナカレデス、主人公の兄ダニエル・ラペーン、妹のジャスティン・ミセリアンリ3世ジェーク・ウェバーヴェネツィア総督のピーター・アイア、国防大臣のサイモン・ダットン、枢機卿のマイケル・カルキン、修道士のティム・マクマランなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020