4501 Movies

C.C.ライダー C.C. and Company (1970)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世間に背を向けるバイカー青年の生き様を描く、監督セイモア・ロビー、主演ジョー・ネイマスアン=マーグレットウィリアム・スミス他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:セイモア・ロビー

製作
アラン・カー
ロジャー・スミス
製作総指揮:ジョセフ・E・レヴィン
脚本:ロジャー・スミス
撮影:チャールズ・F・ホイーラー
編集:フレッド・チュラック
音楽:レニー・スタック

出演
C.C.ライダー:ジョー・ネイマス
アン・マッカリー:アン=マーグレット
ムーン:ウィリアム・スミス
ポン・ポン:ジェニファー・ビリングスリー
ピグ:テダ・ブラッキ
エディ・エリス:ドン・チャスティン
ラビット:マイク・バトル
リザード:グレッグ・マレイヴィ
クロウ:シド・ヘイグ
キャプテン・ミッドナイト:ブルース・グローヴァー
本人:ウェイン・コクラン

アメリカ 映画
配給 AVCO Embassy Pictures
1970年製作 94分
公開
北米:1970年10月14日
日本:1971年7月31日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
バイクで旅を続ける青年C.C.ライダー(ジョー・ネイマス)は、バイカー・ギャング”ザ・ヘッド”に加わる。

街道で故障しているリムジンを見つけたC.C.らは、車に乗っていたファッション・ジャーナリストのアン・マッカリー(アン=マーグレット)から助けを求められる。

運転手が町に行っていると言うアンをからかうリザード(グレッグ・マレイヴィ)とクロウ(シド・ヘイグ)を叩きのめしたC.C.は、二人に恨まれる。

アンに感謝されたC.C.はいい雰囲気になるものの、運転手が戻ったためにその場を去る。

仲間達の元に戻ったC.C.は、リーダーのムーン(ウィリアム・スミス)から、リザードらとのことで責められる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
バイカー・ギャング”ザ・ヘッド”に加わった青年C.C.ライダーは、ファッション・ジャーナリストのアンに出会い、互いに意識し合う。
モトクロスのレース場でアンを見かけたC.C.は、ザ・ヘッドのリーダー、ムーンらがレースに乱入したために、罪悪感を感じてその場を去る。
オフロード・バイクを手に入れてレースに参加したC.C.は、いきなり優勝するものの、賞金はグループのものだと言うムーンにそれを奪われてしまう。
納得いかないC.C.は、自分の才能を認めてくれたレースチームのオーナーの元に向かい、その場にいたアンと再会して親交を深めるのだが・・・。
__________

AFL(当時)”ニューヨーク・ジェッツ”のスター、クォーターバックのジョー・ネイマスと人気スターのアン=マーグレットが共演し話題になった作品。

前年のスーパーボウルジェッツを優勝に導きMVPを獲得した人気絶頂のジョー・ネイマスが、俳優にも挑戦したことで注目された作品。

ベトナム戦争の長期化など混沌とする社会に対するメッセージ性のある、当時流行っていたニューシネマと言えるほどの内容でもなくB級作品程度なのだが、当時のジョー・ネイマスの活躍と人気を知っている者にとっては、彼が出演しているだけで興味深く非常に懐かしい作品。

そのジョー・ネイマスは、社会に背を向けて旅を続け、物怖じせずに自分の生き方を貫く青年を痛快に演じている。

主人公に惹かれる魅力的なファッション・ジャーナリストを演ずるアン=マーグレットは、製作と脚本を兼ねるロジャー・スミスと3年前に結婚し、彼が亡くなる2017年まで50年間結婚生活を続けた。
派手なイメージとは違う、家庭的な女性であることが窺える。

バイカー・ギャングのリーダーで主人公と対立する肉体派のウィリアム・スミス、彼の女であるジェニファー・ビリングスリー、同じくグループのメンバーのテダ・ブラッキ、モトクロス・レーサーのドン・チャスティン、バイカーであり、ジョー・ネイマスとはジェッツのチームメイのマイク・バトル、バイカーのグレッグ・マレイヴィシド・ヘイグブルース・グローヴァー、本人役でソール・シンガーのウェイン・コクランなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021