4240 Movies

バットマン ビギンズ Batman Begins (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ボブ・ケインビル・フィンガーによるアメリカン・コミックスバットマン」を基に映画化された、シリーズ第5作。
前作の陳腐な内容から一新した、新たなシリーズの1作目と考えるべき作品。
大富豪の御曹司が両親を殺され、執事や幼馴染など、身近な人々の協力を得て、いかにしてヒーロー”バットマン”が誕生したかを描く、物語の原点に戻った作品。
監督、脚本クリストファー・ノーラン、主演クリスチャン・ベールリーアム・ニーソンマイケル・ケインケイティ・ホームズゲイリー・オールドマンモーガン・フリーマンキリアン・マーフィトム・ウィルキンソンルトガー・ハウアー渡辺謙共演。


アクション/アドベンチャー

ゲイリー・オールドマン / Gary Oldman / Pinterest
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クリストファー・ノーラン
製作総指揮
ベンジャミン・メルナイカー

マイケル・アスラム
製作
エマ・トーマス

チャールズ・ローヴン
ラリー・J・フランコ
キャラクター創造
ボブ・ケイン

ビル・フィンガー
ジェリー・ロビンソン
原作
デヴィッド・S・ゴイヤー

脚本
クリストファー・ノーラン

デヴィッド・S・ゴイヤー
編集:リー・スミス
衣装デザイン:リンディ・ヘミング
撮影:ウォーリー・フィスター
音楽
ハンス・ジマー

ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール

ヘンリー・デュカード:リーアム・ニーソン
アルフレッド・ペニーワース:マイケル・ケイン
レイチェル・ドーズ:ケイティ・ホームズ
ジェームズ・ゴードン:ゲイリー・オールドマン
ルシウス・フォックス:モーガン・フリーマン
ジョナサン・クレイン/スケアクロウ:キリアン・マーフィ
カーマイン・ファルコーニ:トム・ウィルキンソン
リチャード・アール:ルトガー・ハウアー
ラーズ・アル・グール:渡辺謙
フラス刑事:マーク・ブーン・ジュニア
ローブ市警本部長:コリン・マクファーレン
フィンチ検事長:ラリー・ホールデン
ジョー・チル:リチャード・ブレイク
トーマス・ウェイン:ライナス・ローチ
マーサ・ウェイン:サラ・スチュワート
ブルース・ウェイン少年:ガス・ルイス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2005年製作 140分
公開
北米:2005年6月15日
日本:2005年6月18日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $205,343,770
世界 $371,853,780


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・ノミネート
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
放浪の末に投獄されたブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、ラーズ・アル・グール(渡辺謙)の代理ヘンリー・デュカード(リーアム・ニーソン)と出会う。

悪を憎む者同士の道、正義の実行を願う道”影の同盟”の道、そのラーズ・アル・グールの教えを受ければ、超人的な力を身につけ、別の存在になれるというデュガードの言葉に導かれ、ブルースはヒマラヤに向かう。

ラーズ・アル・グールの元にたどり着いたブルースは、デュガードに自らが恐れるものを語り始める。
__________

大富豪ウェイン家の御曹司ブルース(ガス・ルイス)は、幼い頃、誤って古井戸に転落してコウモリに襲われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
バットマン」(1989)
・「
バットマン・リターンズ」(1992)
・「
バットマン・フォーエヴァー」(1995)
・「
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997)
・「
バットマン ビギンズ」(2005)
・「
ダークナイト」(2008)
・「
ダークナイト ライジング」(2012)

*(簡略ストー リー)
放浪の末に投獄されたブルース・ウェインは、その教えを受ければ、超人的な力を身につけて、別の存在になれるという、ラーズ・アル・グールの代理ヘンリー・デュカードと出会う。
ブルースは、デュガードの言葉に導かれてヒマラヤに向い、自らが恐れるものを語り始める。
大富豪ウェイン家の御曹司ブルースは、幼い頃に、誤って古井戸に転落してコウモリに襲われ、それ以来コウモリを恐れるようになる。
ある日、ブルースは、オペラを観劇に行った帰りに、両親を暴漢に殺されてしまう。
成長したブルースは、両親を殺した犯人を殺害した、マフィアのボス、ファルコーニが、ゴッサム・シティの裏社会を牛耳っていることを知り、その後、放浪の旅に出たのだった。
ブルースは、デュガードに”戦う意志”を叩き込まれ、修行を終えた彼は、ようやくゴッサム・シティに戻る決心をする。
そしてブルースは、父親の会社の重役でもある発明家フォックスや執事アルフレッドの協力を得て、ゴッサム・シティを救うための準備を進める・・・。
__________

ティム・バートン独特の世界でもある、ファンタジックでダークなイメージで始まった大ヒット・シリーズが、シリアスで現実味のある作風に一変した作品。

執事アルフレッドをはじめ、お馴染みの登場人物や、さらには次回作「ダークナイト」(2008)で登場する、最強の敵”ジョーカー”の出現を予言するラストは心憎い演出だ。

バットマンのコスチュームや、バット・モービルなどのデザインも変わり、このあたりのセンスの良さも、玄人好みする正にプロの技と言える。

1億5000万ドルの巨費をかけて製作され、北米興行収入は2億ドルを超え、全世界でも約3億7200万ドルを稼ぎ出す大ヒットとなった。

第78アカデミー賞では、撮影賞にノミネートされた。

「フォロウィング」(1998)や「メメント」(2001)で注目を集めえたクリストファー・ノーランが、大抜擢で監督、脚本を務め、アメリカ資本ながら、キャスト、スタッフなどの多くをイギリス人で占めたところも注目だ。

また、今までのシリーズでも大物スターの起用が話題になったが、新たなシリーズに相応しい、超豪華な共演陣の演技も見所だ。

ダークナイト」(2008)の驚異的な興行収入(約10億ドル)には遠く及ばないものの、人気下落気味のシリーズを、見事に復活させた。

主演のクリスチャン・ベールは、自ら苦難の道に身を投じ、罪悪感、復讐心、そして正義について考え抜こうとする、端整な顔立ちにして、逞しい肉体と野性味も兼ね備える主人公を見事に演じている。

主人公の師でありながら、黒幕として存在感を発揮するリーアム・ニーソン、主人を甘やかすことない人情味溢れる執事マイケル・ケイン、バットマンの正体に気づく正義感ある地方検事ケイティ・ホームズ、彼らしくないとも言える、ユーモアと好感度の高い人物を好演する、巡査部長から警部補になるゴードンのゲイリー・オールドマン、彼が主人公の側近というだけで心強い、発明家モーガン・フリーマン、特異なキャラクター、スケアクロウ/クレインのキリアン・マーフィ、街を牛耳る暗黒街の帝王トム・ウィルキンソン、ウェイン社を食い物にするウェイン社社長代理のルトガー・ハウアー、飾り物のようで、ややミスキャスト気味の渡辺謙などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020