4234 Movies

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲 Batman & Robin (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

「バットマン」シリーズの第4作。
主人公のバットマン/ブルース・ウェインがジョージ・クルーニーに代わり、スーツのデザインなども変更され、新たにバットガールも登場する。
監督ジョエル・シュマッカー、主演アーノルド・シュワルツェネッガージョージ・クルーニークリス・オドネルユマ・サーマンアリシア・シルヴァーストーン共演。


アクション/アドベンチャー

アーノルド・シュワルツェネッガー / Arnold Schwarzenegger 作品一覧
ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョエル・シュマッカー
製作:ピーター・マクレガー=スコット
原案:ボブ・ケイン
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
編集:デニス・ヴィルクラー
音楽:エリオット・ゴールデンサール

出演
ヴィクター・フリーズ博士/Mr.フリーズ:アーノルド・シュワルツェネッガー

ブルース・ウェイン/バットマン:ジョージ・クルーニー
ディック・グレイソン/ロビン:クリス・オドネル
パメラ・アイズリー/ポイズン・アイヴィー:ユマ・サーマン
バーバラ・ウィルソン/バットガール:アリシア・シルヴァーストーン
アルフレッド・ペニーワース:マイケル・ガフ
ジェームズ・ゴードン警視総監:パット・ヒングル
アントニオ・ディエゴ/ベイン:ジープ・スウェンソン
ジェイソン・ウッドルー博士:ジョン・グローヴァー
ジュリー・マディソン:エル・マクファーソン
ノーラ・フライズ:ヴェンデラ・カーセボム・トメソン
B・ヘイブン:ヴィヴィカ・A・フォックス
ガーティー:エリザベス・サンダース
科学者:マイケル・ポール・チャン

アメリカ/イギリス 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1997年製作 124分
公開
北米:1997年6月20日
日本:1997年8月2日
製作費 $125,000,000
北米興行収入 $107,285,000
世界 $238,207,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ジェームズ・ゴードン警視総監(パット・ヒングル)からのバット・シグナル発信を受けて、ブルース・ウェイン(ジョージ・クルーニー)はバットマンに変身し、ロビン(クリス・オドネル)と共にゴッサム美術館に急行する。

この世に存在する全ての物を凍らせて、街を氷の世界にすることをと企むMr.フリーズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)が、手下を従えて美術館のダイアモンドを奪おうとしていた。

バットマンとロビンは、奪われたダイヤを一旦は取り戻したものの、あらゆる物を凍らせるフリーズ・ガンで反撃を始めたMr.フリーズに、再びダイヤを奪われて逃亡を許す。

一方、南米では、ジェイソン・ウッドルー博士(ジョン・グローヴァー)が、植物の絶滅の危機を救おうと、研究を重ねていた植物学者パメラ・アイズリー(ユマ・サーマン)の実験を悪用しようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
バットマン」(1989)
・「
バットマン・リターンズ」(1992)
・「
バットマン・フォーエヴァー」(1995)
・「
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997)
・「
バットマン ビギンズ」(2005)
・「
ダークナイト」(2008)
・「
ダークナイト ライジング」(2012)

*(簡略ストー リー)
バットマンとロビンは、ゴッサム・シティを氷の街にしてしまうことを企むMr.フリーズとの戦いを繰り広げていた。
植物学者アイズリーは、植物に埋もれながら毒液を浴びせられ、フェロモンと毒を含有する”ポイズン・アイヴィー”に変身する。
ゴッサム・シティに向ったアイヴィーは、Mr.フリーズと手を組もうとする。
その頃、ブルース・ウェインの執事アルフレッドは、死の病を患うが、そこに姪のバーバラが現れる。
バットマンとロビンは、低温維持のためにダイヤを必要とするMr.フリーズを誘き出そうとするが、現れたアイヴィーに誘惑されてしまう。
そして、バットマンとロビンは、お互いがアイヴィーの虜になりかけたことで信頼関係に亀裂が生じ始める。
死が迫ったアルフレッドが、弟に託したディスクの内容で、バーバラは、バットマンらの秘密を知ってしまい、バットガールに変身し、バットマンとロビンの微妙な関係を修復する。
そして、三人は協力し、Mr.フリーズとアイヴィーに立ち向かう・・・。
__________

斬新さを求めてか、ダークなイメージから滑稽とも思えるような敵役Mr.フリーズを登場させた。
コミカルな雰囲気で、マンネリ化を防ぐための努力をしているようにも見える。
しかし、批評家やファンから酷評されてしまい、前作の「バットマン・フォーエヴァー」(1995)に比べて、全世界では1億ドル近い興収減になってしまった。

製作費 $125,000,000
北米興行収入 $107,285,000
世界 $238,207,120

それでも、2億ドル以上(世界)を稼ぎ出しているのだから、このシリーズの人気の高さが窺える。

色彩感覚や造形物のセンスは悪くはないのだが、ミスキャストと言うよりは、ミス・キャラクターという感じのMr.フリーズをはじめ、”おもちゃの王国”のような子供だまし的な雰囲気が、”ダーク”なイメージには合わない。

異様なメイクと意味不明な重装備のアーノルド・シュワルツェネッガーは、奮闘はするものの、見るに耐えないと感じた方は多いはずだ。

初登場のジョージ・クルーニーは、無難に主人公を演じ、なかなか役柄にははまっていたが、彼自身も本作には失望したようで、これ一度きりの出演になってしまった。

Mr.フリーズよりは、ややましなユマ・サーマンは、背が高過ぎて(181cm)シュワルツェネッガーよりも大きく見えてしまったりするところも、ちぐはぐな怪人Mr.フリーズの描写にもつながっているように思える。

クリス・オドネルのロビンがアイヴィーに誘惑されてバットマンと対立し、それを大人のバットマン/ブルースがどう対処し克服するかというところは興味深いが、その修正役のように登場する、新キャラクター”バット・ガール”のアリシア・シルヴァーストーンも、ややインパクトに欠ける。

今回は、マイケル・ガフ演ずるアルフレッドの病気がもう一つのキーポイントとなり、彼の存在はかなり大きい。
警視総監のパット・ヒングルは、アイヴィーに骨抜きにされる情けなない姿も見せる。

アイヴィーに付き添う怪物ベインのジープ・スウェンソン、彼女を陥れる科学者のジョン・グローヴァー、ブルースの恋人のエル・マクファーソン、前作に続きゴシップ記者役で登場する、原作者ボブ・ケインの妻エリザベス・サンダース、科学者マイケル・ポール・チャンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020