4234 Movies

バットマン Batman (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ボブ・ケインビル・フィンガーにより創作されたコミック・ヒーロー”バットマン”の実写版映画。
ゴッサム・シティを支配しようとするジョーカーと闇のヒーロー、バットマンの戦いを描く、監督ティム・バートン、主演ジャック・ニコルソンマイケル・キートンキム・ベイシンガー共演による記念すべきシリーズ第1作。


アクション/アドベンチャー

ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson 作品一覧
ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson / Pinterest
ティム・バートン / Tim Burton 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ティム・バートン
製作総指揮
ベンジャミン・メルニカー

マイケル・E・ウスラン
製作
ピーター・グーバー

ジョン・ピーターズ
原案
ボブ・ケイン

ビル・フィンガー
脚本
サム・ハム

ウォーレン・スカーレン
撮影:ロジャー・プラット
編集:レイ・ラヴジョイ
美術・装置
アントン・ファースト

ピーター・ヤング
音楽:ダニー・エルフマン
主題歌:プリンス”Batdance”

出演
ジャック・ネイピア/ジョーカー:ジャック・ニコルソン
ブルース・ウェイン/バットマン:マイケル・キートン
ヴィッキー・ベール:キム・ベイシンガー
アレクサンダー・ノックス:ロバート・ウール
アルフレッド・ペニーワース:マイケル・ガフ
ジェームズ・ゴードン警視総監:パット・ヒングル
ハーヴェイ・デント:ビリー・ディー・ウィリアムズ
カール・グリソム:ジャック・パランス
ボルグ市長:リー・ウォレス
ボブ:トレイシー・ウォルター
アリシア・ハント:ジェリー・ホール
エクハート刑事:ウィリアム・フットキンス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1989年製作 126分
公開
北米:1989年6月23日
日本:1989年12月23日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $251,185,410
世界 $411,348,920


アカデミー賞
第62回アカデミー賞

・受賞
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ゴッサム・シティ。
治安は乱れ犯罪が頻発する街に、犯罪者を次々と倒す一人の怪人”バットマン”(マイケル・キートン)が、闇の中から現れる。

叩きのめした犯罪者に、自分の名前を仲間に広めろと言い残し、バットマンは姿を消す。

新任の地方検事ハーヴェイ・デント(ビリー・ディー・ウィリアムズ)を市民に紹介するボルグ市長(リー・ウォレス)は、ジェームズ・ゴードン警視総監(パット・ヒングル)らの協力を得て、ゴッサム・シティを牛耳るカール・グリソム(ジャック・パランス)を摘発しようとする。

グリソムの右腕ジャック・ネイピア(ジャック・ニコルソン)は、悪徳警官のエクハート刑事(ウィリアム・フットキンス)に賄賂を渡し、デントの動きを妨害させようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「バットマン」(1989)
・「バットマン・リターンズ」(1992)
・「バットマン・フォーエヴァー」(1995)
・「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997)
・「バットマン ビギンズ」(2005)
・「ダークナイト」(2008)
・「ダークナイト ライジング」(2012)

*(簡略ストー リー)
犯罪都市ゴッサム・シティ、そこには、闇から現れて犯罪者を倒す謎の怪人”バットマン”がいた。
市長は、新任の地方検事デントや警視総監のゴードンの協力を得て、闇社会を牛耳るグリソムの摘発を市民に約束する。
愛人に手を出した右腕ジャック・ネイピアを罠にハメたグリソムは、彼を始末しようとする。
現れたバットマンと争い化学溶液タンクに落下したネイピアは、凶暴な”ジョーカー”に変身する。
バットマンである大富豪のブルース・ウェインは、ジョーカーの出現が街の危機だと考える。
ジョーカーは、バットマンを追うカメラマンのヴィッキーに近づき、バットマンを倒してゴッサム・シティを支配しようと企むのだが・・・。
__________

1966-68年に放映されたTVシリーズとは全く違う”闇のヒーロー”、ダークなイメージのバットマンを誕生させた、ティム・バートンの感性が光る見応えある作品。

前年の「ビートルジュース」(1988)をヒットさせて、独得の映像センスを披露してくれた彼の出世作である。

北米興行収入は約2億5100万ドル、全世界では4億1100万ドル以上の興行収入を上げた大ヒット作品。

第62回アカデミー賞では、美術賞を受賞した。

アカデミー賞を受賞した、アントン・ファーストピーター・ヤングによる、近代建築とゴシック様式の入り混じった建築物や装飾品を含めたセット、またバットモービルやバットウィングの造形センスの良さなど、斬新な映像に圧倒される。

ダークなイメージを見事に表現したダニー・エルフマンの音楽も、効果的にドラマを盛り上げる。

日本でも”バットマン”のキャラクター自体のファンは多いものの、アメリカ国内のような爆発的人気が出ないのは、アメリカン・コミックスへの思い入れの違いだろう。

なんと言っても、出色のキャラクター、ジョーカー役ジャック・ニコルソンの天才的な演技には舌を巻く。

この後、登場する多くのバットマンの宿敵の中でも、群を抜く強烈な役柄を、ジャック・ニコルソンは見事に演じている。

同じ役を演じた「ダークナイト」(2008)のヒース・レジャーの演技も素晴しかった。

ブルース・ウェイン/バットマン役を演じたマイケル・キートンは、イメージに合うかが心配ではあったが、平時の温厚な実業家も様になっていて、相性の良いティム・バートンだけに、続編「バットマン・リターンズ」(1992)でも登場することになる。

その相手役として、魅力的なことこの上ない妖艶なキム・ベイシンガーとのマッチングも良く、バランスが取れているカップルとなっている。

バットマンの特ダネを追う新聞記者のロバート・ウール、ウェイン家の執事マイケル・ガフ、警視総監のパット・ヒングル、彼にしてはやや存在感に欠けた役柄が残念な地方検事のビリー・ディー・ウィリアムズ、この年までニューヨーク市長を勤めたエドワード・コッチに雰囲気が似ている、「サブウェイ・パニック」(1974)でもNY市長を演じたリー・ウォレス(もちろん本作の舞台はニューヨークではないが・・)、悪徳刑事のウィリアム・フットキンス、そして、迫力、存在感ともに満点の、暗黒街を牛耳るジャック・パランス、その愛人ジェリー・ホール、ジョーカーの右腕トレイシー・ウォルターなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020