4238 Movies

ゾラの生涯 The Life of Emile Zola (1937)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

フランスを代表する文豪エミール・ゾラの伝記映画で、彼が関わった軍内部のスパイ事件、ドレフュス事件を扱った作品。
監督ウィリアム・ディターレ、主演ポール・ムニジョセフ・シルドクラウトゲイル・ソンダーガードグロリア・ホールデンドナルド・クリスプ共演。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:ウィリアム・ディターレ
製作
ハル・B・ウォリス

ヘンリー・ブランケ
原案
ヘインツ・ヘラルド

ゲザ・ハーゼック
脚本
ノーマン・ライリー・レイン
ヘインツ・ヘラルド

ゲザ・ハーゼック
撮影:トニー・ゴーディオ
編集:ウォーレン・ロウ
美術:アントン・グロット
音楽:マックス・スタイナー

出演
ポール・ムニエミール・ゾラ

ジョセフ・シルドクラウトアルフレド・ドレフュス大尉
ゲイル・ソンダーガード:リュシー・ドレフェス
グロリア・ホールデン:アレクサンドリーヌ・ゾラ
ドナルド・クリスプフェルナンド・ラボリ

ウラジミール・ソコロフポール・セザンヌ
モリス・カルノフスキーアナトール・フランス
ルイス・カルハーン:ドール少佐
ハリー・ダヴェンポート:参謀総長
ヘンリー・オニールピカール中佐
ロバート・バラットフェルディナン・W・エステルアジ

ロバート・ワーウィックアンリ中佐
エリン・オブライエン=ムーア:ナナ
マーシャ・メイ・ジョーンズ:ヘレン・リチャーズ
ディッキー・ムーア:ピエール・ドレフェス
グラント・ミッチェルジョルジュ・クレマンソー

ラルフ・モーガン: 司令官

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1937年製作 116分
公開
北米:1937年10月2日
日本:1948年6月8日


アカデミー賞 ■
第10回アカデミー賞
・受賞
作品
助演男優(ジョセフ・ シルドクラウト)
脚本賞
・ノミネート
監督・助監督
主演男優(ポール・ムニ)
原作・音楽・録音・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1862年、パリ
貧しい作家エミール・ゾラ(ポール・ムニ)は、画家であるポール・セザンヌ(ウラジミール・ソコロフ)と共に、古ぼけた屋根裏部屋で暮らしていた。

日頃から、真実を著書にする情熱を語るゾラは、恋人アレクサンドリーヌ(グロリア・ホールデン)から、出版社の仕事に就けることを知らされて著述に励む。

しかし、検察局がゾラの著書に不快感を表し、それに反論する彼は出版社をクビになってしまう。

ゾラはある日、警官に追われていた売春婦ナナ(エリン・オブライエン=ムーア)を助ける。

1880年。
ナナの身の上話を基に、”ナナ”を書き上げたゾラはベストセラー作家となる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1862年、パリ
貧しい作家エミール・ゾラは、画家のポール・セザンヌと共に、古ぼけた屋根裏部屋で暮らしていた。
真実を著書にする姿勢を貫くゾラは、検察局に目を付けられ、手に入れた職を失ってしまう。
そんなゾラはある日、警官に追われていた娼婦ナナを助け、彼女の身の上話を基に”ナナ”を書き上げてベストセラー作家となる。
貧困から脱したゾラは、恋人アレクサンドリーヌと結婚し、次々と作品を発表して世界的な名声を得て、レジオン・ドヌール勲章も授与される。
そんな時、フランス軍部の機密事項が、ドイツ側に漏れるという事件が起きて、陸軍参謀本部に籍を置く、ユダヤドレフュス大尉が犯人とみなされ逮捕される。
ドレフュスは、無実を訴えながらも終身刑となり、無罪の証拠を持参した彼の妻の訪問を受けたゾラは、事件に関与することになるのだが・・・。
__________

ゾラ自身のヒューマン・ドラマとしてだけでなく、軍部内の陰謀が絡むサスペンス・タッチの展開は、ドイツウィリアム・ディターレヨーロッパ人としての感覚を見事に生かし、繊細且つ大胆な演出で全編目が離せない見応えのある作品に仕上がっている。

主人公の正義感を表現するマックス・スタイナーの音楽、内部の腐敗とは裏腹に威厳を感じさせるフランス陸軍の軍服、当時の家具調度品や、ラストのパンテオンのセットなども素晴らしい。

第10回アカデミー賞では、作品賞以下10部門にノミネートされて、作品、助演男優(ジョセフ・シルドクラウト)、脚本賞を受賞した。
・ノミネート
監督、助監督
主演男優(ポール・ムニ)
原作、音楽、録音、美術賞

2000年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

ゾラが、”ナナを書き上げた時期と、普仏戦争の年代の時代考証にややずれがあるが、歴史的なドレフュス事件などを振り返るには参考になり、細部にまでこだわった作品になっている。

前年の「科学者への道」(1936)でも、ウィリアム・ディターレとコンビを組み、見事にアカデミー主演賞を受賞したポール・ムニは、本作でも主演賞候補となり、20代前半のゾラの貧しい作家時代から、国家の威信をかけた戦いに身を投じる晩年までを、迫真の演技で演じ切っている。

無実でありながら悪魔島で受刑するアルフレド・ドレフュスを熱演し、見事アカデミー助演賞を受賞したジョセフ・シルドクラウト、献身的なその妻役のゲイル・ソンダーガードゾラの妻グロリア・ホールデン、厳格な弁護士のラボリドナルド・クリスプゾラと共に苦楽を共にした画家ポール・セザンヌウラジミール・ソコロフアナトール・フランス役のモリス・カルノフスキードレフュスを逮捕する少佐役のルイス・カルハーン、この頃の話題作には欠かせないバイプレイヤー、参謀総長役のハリー・ダヴェンポートドレフュスを救うピカール中佐役のヘンリー・オニール、真犯人のフェルディナン・エステルアジロバート・バラットアンリ中佐役のロバート・ワーウィックゾラの転機となる小説”ナナ”のモデルとなる娼婦エリン・オブライエン=ムーアなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020