4237 Movies

天使と悪魔 Angels & Demons (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2000年に発表され、全世界で4000万部の大ベストセラーとなった、ダン・ブラウン同名小説の映画化であり、大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)の続編。
ローマ教皇選挙(コンクラーヴェ)の最中のヴァチカンを舞台に、教皇庁と秘密結社”イルミナティ”の400年に渡る対立の中で起きる陰謀に立ち向かう、宗教象徴学者ロバート・ラングドンの活躍を描く、製作ブライアン・グレイザー、監督ロン・ハワード、主演トム・ハンクスアイェレット・ゾラーユアン・マクレガーステラン・スカルスガルドアーミン・ミューラー=スタール他共演のサスペン超大作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ロン・ハワード
製作総指揮
トッド・ハロウェル
ダン・ブラウン
製作
ブライアン・グレイザー
ジョン・コーリー
原作:ダン・ブラウン
脚本
アキヴァ・ゴールズマン
デヴィッド・コープ
撮影:サルヴァトーレ・トチノ
編集
ダニエル・P・ハン
マイク・ヒル
音楽:ハンス・ジマー

出演
ロバート・ラングドン:トム・ハンクス
ビットリア・ヴェトラ:アイェレット・ゾラー
カメルレンゴ/パトリック・マッケナ:ユアン・マクレガー
マクシミリアン・リクター:ステラン・スカルスガルド
シュトラウス枢機卿:アーミン・ミューラー=スタール
アーネストロ・オリヴェッティ:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
シャルトラン:トゥーレ・リントハート
暗殺者:ニコライ・リー・カース
バッジア枢機卿:マルコ・フィオリーニ
ベック枢機卿:ランス・ハワード
ペトロフ枢機卿:エリヤ・バスキン
コルバート枢機卿:スティーヴ・フランケン
クラウディオ・ヴィンチェンツィ:デヴィッド・パスクエジ
シメオン神父:コシモ・ファスコ
シルヴァーノ・ベンティヴォリオ神父:カーメン・アルジェンツィアノ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2009年製作 138分
公開
北米:2009年5月15日
日本:2009年5月15日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $133,375,850
世界 $485,930,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カトリック教会の総本山、ヴァチカンローマ教皇の逝去が発表される。

その頃、スイスジュネーブCERNヨーロッパ原子核研究機構)では、大型ハドロン衝突型加速器で、驚くべきエネルギーを持つ”反物質”生成に成功する。

実験チームの生物物理学者ビットリア・ヴェトラ(アイェレット・ゾラー)は、その瞬間を見守っていた科学者であるシルヴァーノ・ベンティヴォリオ神父(カーメン・アルジェンツィアノ)が殺害され、”反物質”が盗みだされたことを知る。

ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、訪れたヴァチカン警察の警官クラウディオ・ヴィンチェンツィ(デヴィッド・パスクエジ)から、アンビグラム(対称形)にデザインされた”イルミナティ”のトレードマークを見せられ、協力を求められる。

秘密結社”イルミナティ”は、 4人の教皇有力候補を拉致し、順番に殺していくとの犯行予告声明を送りつけてきていたのだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)
・「天使と悪魔」(2009)
・「インフェルノ」(2016)

*(簡略ストー リー)
ヴァチカンで、ローマ教皇の逝去が発表される。
同じ頃、ジュネーブCERNヨーロッパ原子核研究機構)では、驚くべきエネルギーを持つ”反物質”が何者かに盗まれる。
ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、4人の教皇有力候補を拉致して順番に殺すという、秘密結社”イルミナティ”の犯行予告声明を受けていたヴァチカン警察から協力を要請される。
過去のヴァチカンとの関係から、それを躊躇したラングドンだったが、重大事件ということでそれを受け入れる。
ラングドンは、”反物質”の実験チームの科学者ヴェトラ博士、スイス衛兵隊司令官のリクターらと共に、”イルミナティ”のヴァチカン爆破計画も絡んだ拉致事件を解決しようとするのだが・・・。
__________

同じ原作で、世界中で大きな物議を呼んだ「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)の続編ではあるが、時代設定はそれ以前に戻っている。

監督ロン・ハワードを含めて、スタッフの殆どが前作から引き続き担当している。

しかし、興行的には期待を裏切り、前作を大きく下回る結果に終わった。
北米 $133,375,850 世界 $485,930,820

ダ・ヴィンチ・コード」(2006)世界 $758,239,850

前作の「ダ・ヴィンチ・コード」では、主人公のラングドンの”うんちく”の連続に頭がついていけない感じがあった。
今回は、舞台はヴァチカンローマ市内に限定されるものの、カトリック信者10億人の総本山ヴァチカンの威厳が壮大なスケールで迫る。

コンクラーヴェなどを含め、普段あまり知られないヴァチカンの様子や仕組みなどが、緻密に描写されているところが実に興味深い。

荒唐無稽と言えばそれまでだが、娯楽に徹する終盤のスピード感とどんでん返し、更にはドラマチックな新教皇誕生までの展開は、前作を凌ぐ見応え十分な内容で、リアリズムを追求しつつも娯楽に徹する、人々の心を捉えるロン・ハワードの演出手腕は相変わらず冴えている。

怪しい人物のオンパレードでドラマを盛り上げる、ご都合主義もここまで徹底すれば許せるかというところもあるが、いくら軍務暦があるとはいえ、教皇の側近がヘリコプターを操縦し、天使のように真っ白なパラシュートで脱出するとは・・・
と思いつつも、見入ってしまう巧みな演出も楽しめる。

ハンス・ジマーの音楽は、挿入曲がやや多過ぎるような気はするものの、お馴染みのテーマ曲がドラマを大いに盛り上げる。

ローマ市内の名所巡りのような謎解きも面白味があり、特撮を駆使したサン・ピエトロ広場及びサン・ピエトロ大聖堂、また、システィーナ礼拝堂等の映像やセットなどの出来栄えも見事だ。

主演のトム・ハンクスは意図的に押さえ気味なのか、大スターの貫禄を前面に出しているだけという印象で、どうも最近の作品を含め、深みを感じないところが気になる。

ミュンヘン」(2005)で主人公の妻を好演したアイェレット・ゾラーは、行動力あるエリート科学者を熱演し、終盤で一気にドラマの中心人物になる”カメルレンゴ”のユアン・マクレガーの存在は興味深いキャラクターだ。

ヴァチカンスイス衛兵隊指揮官のステラン・スカルスガルド枢機卿のリーダー、アーミン・ミューラー=スタールヴァチカン警察ピエルフランチェスコ・ファヴィーノスイス衛兵隊員のトゥーレ・リントハート、問答無用の暗殺者ニコライ・リー・カース、拉致されるものの主人公に救出されて新教皇となる枢機卿マルコ・フィオリーニ枢機卿ランス・ハワードエリヤ・バスキンスティーヴ・フランケンヴァチカン警察の警官デヴィッド・パスクエジ、陰謀を知る神父コシモ・ファスコ、冒頭で殺害されるCERNヨーロッパ原子核研究機構)の化学者である神父カーメン・アルジェンツィアノなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020