4907 Movies

6デイズ/7ナイツ Six Days, Seven Nights (1998)

南洋の自由人であるパイロットと大都会のキャリアウーマンが体験する遭難とロマンスを描く、製作、監督アイヴァン・ライトマンハリソン・フォードアン・ヘッシュ共演のアドベンチャー・コメディ。

■ アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:アイヴァン・ライトマン
製作総指揮
ジョー・メジャック
ダニエル・ゴールドバーグ
ジュリー・バーグマン・センダー
製作
アイヴァン・ライトマン
ウォリス・ニキータ
ロジャー・バーンバウム
脚本:マイケル・ブラウニング
撮影:マイケル・チャップマン
編集
シェルドン・カーン
ウェンディ・G・ブリックモント
音楽:ランディ・エデルマン

出演
クイン・ハリス:ハリソン・フォード
ロビン・モンロー:アン・ヘッシュ
フランク・マーティン:デヴィッド・シュワイマー
アンジェリカ:ジャクリーン・オブラドーズ
マージョリー:アリソン・ジャニー
ジャガー:テムエラ・モリソン
キップ:クリフ・カーティス
ピアース:ダニー・トレホ
フィリップ・シンクレア:ダグラス・ウェストン

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
1998年製作 102分
公開
北米:1998年6月12日
日本:1998年12月19日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $74,329,970
世界 $164,829,970


ストーリー ■
ニューヨーク
人気ファッション誌”ダズル”の編集者ロビン・モンロー(アン・ヘッシュ)は、恋人フランク(デヴィッド・シュワイマー)と共に、南太平洋のマカテア島へのバカンス旅行に向う。
島までのチャーター便の、信用できそうもない中年のパイロット、クイン・ハリス(ハリソン・フォード)に不安を感じながら、彼の軽飛行機で飛び立った一行は、無事に目的地に到着する。
しかし、上司からの緊急取材の指示を受けたロビンはタヒチに向うことになり、フランクを残した彼女は置いてクインと共に島を飛び立つ。
暫くして、雷雨に遭遇したクインは引き返そうとするが、無線が故障し、確認できた島に緊急着陸することになる。
車輪を破損しながら浜辺に直陸したクインだったが、彼は、この場が脱出不可能な無人島だということをロビンに伝える。
納得がいかないロビンは、クインに八つ当たりして二人はいがみ合うが、仕方なく生き抜く方法を考える。
やがて、入り江に船が近づいたことを知った二人は、ゴムボートでその場に向うのだが、それは海賊だった。
二人は海賊から逃れようとするが、あえなく捕らえられてしまう・・・。


解説 評価 感想 ■

大スターのハリソン・フォードと、人気上昇中のアン・ヘッシュの共演、更にはアイヴァン・ライトマンが組んだ作品として大いに話題になった。

反発し合う主人公の二人は、意外にもあっさりと心通じ合うようになり、往年の”スクリューボール・コメディ”風に始まるのだが、アドベンチャー作品でもあり、そのあたりはややソフトに描かれている。

製作費7000万ドルをかけた大作で、北米興行収入は約7400万ドル、全世界では約1億6500万ドルのヒットとなった。

50歳前後という設定のハリソン・フォードは、セリフの中でもあるように若くは見える。
*撮影当時55歳
親子ほど年の違うアン・ヘッシュ(28歳)と違和感のないロマンスを繰り広げる。

バリバリのキャリアウーマンとして、洗練された都会の雰囲気もあるアン・ヘッシュが、自然の中で、野性味溢れるハリソン・フォードと共に、絵になるカップルを好演している。

なるべくして・・・という感じの、情けない男の全てを持ち合わせているような表情がなかなかいい、ヒロインの恋人デヴィッド・シュワイマー、セクシーな主人公の恋人ジャクリーン・オブラドーズ、ヒロインの上司アリソン・ジャニー、海賊のリーダー、テムエラ・モリソン、その手下で、端役程度なのが残念なクリフ・カーティスダニー・トレホが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022