4504 Movies

怪物はささやく A Monster Calls (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2011年に発表された、パトリック・ネスヤングアダルト小説”A Monster Calls”を基に製作された作品。
突然、姿を現した大木のモンスターに人生と人間の本質を教えられる少年の心の成長を描く、監督J・A・バヨナ、出演ルイス・マクドゥーガルシガニー・ウィーバーフェリシティ・ジョーンズトビー・ケベルリーアム・ニーソンジェラルディン・チャップリン他共演のダーク・ファンタジー。


ファンタジー


スタッフ キャスト
監督:J・A・バヨナ
製作:ベレン・アティエンサ
製作総指揮
パトリック・ネス
ジェフ・スコール
ビル・ポーラッド
ジョナサン・キング
ミッチ・ホーウィッツ
パトリック・ワックスバーガー
エンリケ・ロペス・ラビニュ
ジスラン・バロワ
アルバロ・アウグスティン
原作:パトリック・ネスA Monster Calls
原案:シヴォーン・ダウド
脚本:パトリック・ネス
撮影:オスカル・ファウラ
編集
ベルナ・ビラプラーナ
ジャウマ・マルティ
音楽:フェルナンド・ベラスケス

出演
クレイトン夫人:シガニー・ウィーバー
エリザベス・クレイトン:フェリシティ・ジョーンズ
コナー・オマリー:ルイス・マクドゥーガル

コナー・オマリー(5歳):マックス・ゴール
リアム・オマリー:トビー・ケベル
モンスター/クレイトン:リーアム・ニーソン
ハリー:ジェイムズ・メルヴィル
校長:ジェラルディン・チャップリン

アメリカ/スペイン/イギリス 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ
Entertainment One
2016年製作 108分
公開
北米:2016年12月23日
日本:2017年6月9日
製作費 $43,000,000
北米興行収入 $3,740,820
世界 $47,309,310


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イングランド
少年コナー・オマリー(ルイス・マクドゥーガル)は、毎晩、教会が破壊されて崩落し、できた穴に落下する母エリザベス・クレイトン(フェリシティ・ジョーンズ)を助けられなかった悪夢を見て、12時7分に目覚める。

自分で朝食の支度をして洗濯もしたコナーは、重病で化学療法を行っているエリザベスの様子を見て学校に向かう。

学校でコナーは、クラスメイトのハリー(ジェイムズ・メルヴィル)を睨み、彼に殴られる。

帰宅したコナーは、祖父の古い映写機を用意してくれたエリザベスと共に”キングコング”を観る。

美術を志していたエリザベスの才能を受け継いでいたコナーは、その夜、絵を描いていた。

周囲の異変に気づき窓の外を見たコナーは、近づいてきた”イチイ”の”癒しの木”のモンスター(リーアム・ニーソン)から、さらいに来たと言われたために驚く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イングランド
少年コナー・オマリーは、毎晩12時7分に、母エリザベスを助けられなかった悪夢を見て目覚める。
重病で化学療法を行っているエリザベスの回復を願うコナーは、冷酷で厳しい祖母の世話になることになる。
エリザベスと離婚した父リアムもロサンゼルスから訪ねて来たため、それが何を意味するか不安だったコナーの前に、突然”癒しの木”のモンスターが現れ、3つの物語を語ることを知らされる。
4つ目の物語を自分で話すことをコナーに強要したモンスターは、最初の物語を語り始めるのだが・・・。
__________

47歳でこの世を去った作家シヴォーン・ダウドのアイデアをパトリック・ネスが小説化し、ベストセラーとなった”A Monster Calls”を基に製作された作品。

「永遠のこどもたち」(2007)、「インポッシブル」(2012)などで世界的な評価を得たJ・A・バヨナの監督作品。

突然、姿を現した”癒しの木”のモンスターに、人生と人間の本質を教えられる少年の心の成長を描くダーク・ファンタジー。

重病で苦しむ最愛の母との別れを、主人公の少年は現実として受け入れられない姿が実に痛々しい。

少年が主人公のファンタジーではあるが、人生の厳しさや世の中の不条理を描く、あらゆる年齢層が楽しめる作品に仕上がっている。

モンスターの造形や特殊効果も見事であり、物語を解説するアニメーションなど美しい映像も印象的だ。

モンスターの声を演ずるリーアム・ニーソンは、主人公の少年の祖父として写真の中でも登場する。

主人公を演ずるルイス・マクドゥーガルは、母親との別れという現実を受け入れられない少年を好演している。

娘の死を見届けなければならない辛い立場であり、主人公に厳しく接する祖母のシガニー・ウィーバー、息子と共に末永く生きることを望みながら重病と闘う母親フェリシティ・ジョーンズロサンゼルスで暮らすその夫トビー・ケベル、主人公をいじめるクラスメイトのメルヴィル、校長のジェラルディン・チャップリンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021